FC2ブログ

--/--/--

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.

2013/10/10

陸上競技部


新たなスタートへ

◆第19回関東大学女子駅伝対校選手権大会◆
9月29日 印西市千葉ニュータウン周回コース
3走・中沖へとたすきをつなぐ2走・田巻
爽やかな秋晴れの下、27チーム(うち3チームはオープン参加)がしのぎを削りあった関東大学女子駅伝対校選手権大会。昨年は同大会で14位だった立大だが、12位と2つ順位を上げてレースを終えた。

1区を任されたのは藤ノ木(文3)。レース序盤から先頭に位置し、区間5位と好走した。たすきをもらった2区の田巻(コ1)は順位を下げてしまったが、9位という一桁台の順位を維持した。

「調子が良くなかった」と振り返った3区の中沖(理3)。順位を1つ落とし、10位で4区の藤森(営3)へたすきリレー。藤森と5区の村上(理1)は10位を守り抜き、たすきはアンカーである和泉(コ3)へと渡る。6区は7.8キロを走る最長区間だ。2つ順位を落として12位でのフィニッシュとなったが、「目標タイムや目標順位と言うよりは、レース展開の方を中心に臨んだ。1区から流れ良くいけたので、よいレースだった」と語った。立大は目標としていた一桁台ではゴールできなかったものの、前半に勝負をかけてその流れを切らさず後半に粘る、というチームの狙い通りに走り切った。

今大会で上位6校(シード校は除く)に入ったチームが、全日本大学女子駅伝対校選手権大会に駒を進めることができる。「必ず全国に行こうっていうその気持ちはみんな一つなので。必ずそれができるように、また1年間ここから頑張りたいと思います」とチームが抱く決意を口にした藤森。さらなる飛躍に向けて、早くも彼女たちは来年を見据えている。
(10月7日・糸瀬裕子)

◆コメント◆
1区 藤ノ木
今日は1区でいい流れを作ろうと思っていて、インカレが終わった後から頑張って練習をしてきました。オーダーを見たときに結構いい順位でいけるなと思い、ずっと先頭の方でいたのですが、最後のほうで離されてしまいました。でも、目標タイムでは走ることができたので、確実に去年や一昨年よりは力がついているなと実感できました。来年は全国にいけるように頑張りたいです。(今後に向けての課題や意気込み)私の場合、レースの序盤はしっかりついていくレースができるのですが、いつもラストで力不足になってしまうので、力をつけて最後まで競れるようなレースができるようになりたいです。

2区 田巻
1区の藤ノ木さんの流れを切らさないようにというのが自分の役割でした。順位を落としてしまったんですけど、はじめての駅伝っていうのもあって結構緊張していました。でも、その中でしっかり一桁で繋げたので、そこはよかったかなと思います。今年は1年目で分からないことも多かったんですけど、経験したことをしっかり次につなげられるようにまた練習を頑張りたいと思います。

3区 中沖
今日の感想を一言で言うと、「自分が1番足を引っ張ってしまった」ということです。(今回の駅伝は)前半勝負だったんですけど、自分は目標タイムよりも30秒くらい遅いので。普通なら行けたんですけれども、あまり調子が良くなくて。今回もそれが出てしまったかな、と思いますね。9月頭にインカレで400M(マイル)を走ったんですけど、その後の長い距離へのシフトが上手くいかなくて。今後の目標はまず、関東インカレの標準があるのでそれを記録会で切ることです。それを切れば、来年練習とかも少し楽になるので。それ(関東インカレ)に合わせて練習できるので。今回のことは切り替えて、頑張りたいと思います。

4区 藤森
今日走った4区ははじめての区間だったんですけど、前半である3区までのいい流れで来ると思っていたので、自分の中では特に(その流れを)止めないようにしようと思いました。でも、ちょっと前と離れてしまったのですが、追いつかれた選手には食らいついて、最後少し抜くということもできたので、最低ラインの役目は果たせたかなと思っています。来年が私たちの最後の代になるので、必ず全国に行こうっていうその気持ちはみんな一つなので。必ずそれができるように、また1年間ここから頑張りたいと思います。

5区・村上
今日は目標としていたタイムには届かなくて周りに迷惑をかけてしまったのですが、立教の人たちが色々な所で応援をしてくれてすごく力になりました。チームとしての目標は1桁の順位が目標で、その目標には届かなかったのですが、昨年14位で周りのチームがレベルアップした中での12位はすごくよかったとみんなで話していました。来年は全国を目指してみんなで頑張っているので、冬季に走りこんでスピードも体力もつけてレベルアップしていけたらいいなと思います。

6区 和泉 今回のレースは始めの方に早い人を持ってきて、後半は我慢して粘るっていう感じでした。目標タイムとか目標順位とかって言うよりかは、レース展開の方を中心に臨みましたね。その甲斐もあって、1区から流れ良くいけたので、よかったレースだと思います。陸上部としては、これから男子の箱根予選会、同志社との定期戦だったりがあって、それが終わると冬季に入っちゃうんですけど、今年今ある大会をサポートしていきたいですね。駅伝としては今年はだめだったんですけど、来年全国に行けるように今から精進していきたいと思います。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。