2014/04/23

野球部


悔しい連敗スタート

◆平成26年度東京六大学野球春季リーグ戦◆
4月20日 対法大二回戦 神宮球場

2回戦

1

2

3

4

5

6

7

8

9

0

0

0

0

0

2

0

1

1

4

1

0

0

0

0

0

0

1

1

3

(法)○玉熊―安本
(立)●齊藤、大澤、田村、小林昌―鈴木、浅田


連日の2安打と気を吐いた大城
悔しい敗戦から1日。曇天の空に少し寒さを覚えるような風も吹く中、法大との2回戦に臨んだ。前日とは一転、初回から打線がつながり先制するものの、その後は1点が遠く、法大から勝ち点を手にすることは出来なかった。
初回、一死から2番・安田(済4=桐蔭学園)が四球で出塁すると、前日2安打の大城(コ3=興南)が左翼線への二塁打で続き一死二、三塁の好機を演出する。続く4番・岡部(コ4=帝京)が2球目をしぶとく中前へ運び、鮮やかに先制した。
先発は齋藤(営3=成田)。2回、先頭の伊藤諒(法大=神港学園)に右前へ運ばれると、その後安打と振り逃げで二死満塁のピンチを迎える。しかしここは田中(法大)を三振で抑えこの窮地を脱した。
その後は引き締まった投手戦。そして迎えた6回。齋藤が法大打線に捕まる。先頭の金子(法大)に二塁打を許すと、一死後に伊藤諒に右翼線への二塁打を放たれ同点。代打の安慶名(法大)は打ち取るものの、続く佐藤竜(法大)に適時打を浴び逆転。6回8安打5奪三振、齋藤はこの回でマウンドを降りる。
何とか勝利し3回戦へ勝負を持ち越したい立大。8回、2番手・大澤(コ4=彦根東)が佐藤竜にこの日猛打賞となる適時三塁打を浴び1-3。2点差に広げられる。しかしその裏、先頭の寺田(社3=神戸国際大附)が左翼席へ特大の本塁打を放ち再度1点差に。
9回表に再び追加点を許すものの、諦めない立大はその裏、先頭の大城が2日連続となるマルチ安打で出塁すると、二死から主将・我如古(営4=興南)が中翼越えの三塁打を放ち1点差に。続く寺田が勝負を避けられ、応援席の熱気も高まる中、2死1、3塁で迎えたのは途中出場の浅田(コ4=報徳学園)。しかし二塁ゴロで試合終了。法大から勝ち点奪取とはならなかった。
連敗してもチームのムードは決して悪くない。次週は早大戦。なんとしても勝ち点をもぎ取り、上位争いに食らいついていきたい。

(4月21日・赤津亮太)

◆コメント◆
#30溝口智成監督
 チームの雰囲気はいいと思いますが、やっぱり相手のあることなので勝ち負けはどうしてもつきますから、このカードは法政さんに完全に軍配が上がったということです。雰囲気は悪くないですし、少し固い部分もありましたけど、やろうとしている姿勢は見えたと思います。(修正点などについて)細かいこと言えばいっぱいありますけど、今日はわりと勢いのある球を強い低い打球を打ってこうと言ってもなかなかそれがフライになってしまって出来なかったんで、技術的にはその辺を修正していければと思います。すぐ来週が早稲田ですから、休み明けの練習からしっかり切り替えてやっていく必要があると思います。

#10主将・我如古盛次
 自分たちの野球、打席の中での攻撃がまだ100%出せてないなという感じがします。それでピッチャーを助けられない、欲しいときに点が取れないので、やっぱり苦しい試合展開にこの2試合なってしまいました。(自身の)状態はいい方です。やっぱり昨日にしても今日にしても本当に出たい時のヒットがまだ無いので。本当にチームがヒット欲しい時にもっと打てるように。土壇場で強いバッティングがまた出来るように、1週間調整していきたいです。(チームの雰囲気)負けてやっぱ今は落ちていると思うんですけど、元気が売りのチームなんで、この1週間でまたいい方向に向かっていくと思います。(次週へ向けて)ピッチャーも有原で、いいピッチャー続けてくるんで、その打席の中でバッターは打ち負けない、勝負できるバッターというか打席を選手一人ひとりがもう一回調整して臨んでもらえれば良いかなと思います。

#1大城滉二
 昨日負けてしまったのでやり返す気持ちで臨んだのですが、相手投手の玉熊に気持ちだけいって体がついていかなかったです。序盤中盤は全然打てなくて、気持ちが負けていたのかなと思います。(連日の2安打)ヒット打ったのは嬉しいですけど、昨日もそうですが点数に結びついてないので、結びついていけるといいなと思います。(主将の我如古選手について)チームを引っ張ってくれる存在です。口で言うというよりは背中で見せるっていう感じで、すごく頼もしいのでみんながついていっていると思います。(次週へ向けて)巻き返すしかないですね。とりあえず1勝して、勝ち点もとれるようにしたいです。

#25寺田陽光
 序盤に先制できたのは良かったんですけど、終始法大に惜しい場面で流れを止められてしまいました。厳しい戦いになるのは分かっていたんですけど、受け身になったのが敗因につながったのかなと思います。(8回の本塁打について)スライダーでした。2点差だったので先頭打者だったので。バットを短く持って、まずは塁に出よう、と思っていました。 (9回は歩かされてしまった)あの場面は勝負はして欲しかったですね。(次週へ向けて)下を向いている時間はないので、まずは連勝して、このまま勢いに乗って勝ち点を取っていきたいと思います。



立大メンバー表

10

我如古

興南

14

熊谷

仙台育英

11

井上

横須賀

20

酒井田

県岐阜商

17

大澤

彦根東

1

大城

興南

15

小林昌

佐久長聖

24

篠崎吾

桐光学園

19

齋藤

成田

14

山崎

所沢北

13

田村

報徳学園

4

伊地知輝

東海大相模

18

澤田圭

大阪桐蔭

8

岩月

中京大中京

2

浅田

報徳学園

3

岡部

帝京

12

鈴木

日大三

22

平岩

日大三

27

松本

丸亀

23

伊藤豪

新潟明訓

25

寺田

神戸国際大付

7

佐藤拓

浦和学院

5

安田

桐蔭学園

28

豊村

東農大二

6

小尾

大垣日大

 

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.