2014/05/10

準硬式野球部


春季リーグ開幕!

◆平成26年度東京六大学準硬式野球春季リーグ戦◆
対慶大 立川市営球場など

対慶大1回戦・立川市営球場

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

慶大

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

立大

0

0

0

0

0

1

0

0

1

(慶)●塚本、貝持、小林、花牟礼-小西

(立)○加藤章-奥山

要所を締めて、好投した谷
すがすがしい晴天の下、準硬式野球部の春が始まった。開幕投手を任された谷(現3)が要所を締める素晴らしいピッチングで慶大のスコアボードに0を並べ、バッテリーを組む奥山(済3)が打った犠牲フライの一点を守りきり、大切な初戦を制した。
慶大の先攻で試合は始まった。立大先発の谷は先頭バッターを三振で抑えるなど一回をテンポよく三者凡退で抑える。谷の好投に応えたい打線だったが、なかなか相手ピッチャーを捉えることができず、打ちあぐねてしまう。三回、ヒットとエラーからノーアウト一二塁のピンチを迎える。ここで谷は「三振を狙った」と連続三振でピンチを切り抜ける。点を取りたい立大は4回裏、2番藤吉(コ3)がレフトへの二塁打を放ち、チャンスメークするも後続が倒れ、先制はならなかった。
投手戦となった試合が動き出したのは6回だった。先頭の藤吉がこの日2本目のヒットを打ち、続く杉山友(コ2)がきっちりバントを決め、得点圏にランナーを進める。四番、田形(文2)もヒットでつなぎ、1アウト1、3塁のチャンスを迎える。ここで5番奥山が貴重なセンターへの犠牲フライを打ち、こう着していたゲームが動く。先発の谷はランナーを背負う場面はあったものの力強いボールは最後まで衰えず、三振の山を築き、完封勝利を収めた。
リーグ初戦は緊迫した試合となったが、ピッチャーの谷を始めとした守備の力での勝利となった。だが関東選手権で見せた驚異的な打線も立大にはある。二つの力が重なるとき、立大の本当の力が現れるに違いない。
(4月23日・高山統志)


◆コメント◆
主将・安随(営4)―初戦勝利について
「とりあえず勝ててほっとしています。自分自身も含めてみんな緊張していたので。ベンチでは盛り上げていこうと言ってました。下級生も応えてくれて騒がしくやってました。リーグ戦初戦の独特な緊張がありました。内容はどんなでもいいので勝ちにいきました」
―慶應との差
「普通にやれば勝てる相手です。自分たちがミスとかをしなければ勝てるんですけど、緊張からかヒットが出なかったのでこういう試合になったのだと思います。もう少し点数を取りたかったですね」
―今日の守備
「ピッチャーが頑張ってくれたので、ピッチャーのおかげで勝てた試合ですね。守備陣も打った打球のエラーはなかったので良かったですね」
―今日の打撃
「相手のピッチャーは腕の振りの割りにボールが早く来ているので、みんな詰まってました。あと、球場が広いのでピッチャーとの距離がすごい近く感じたみたいです。詰まってフライが多くなりましたね。それを途中で修正できないところもうちの弱さかなとは思いました」
―明日に向けて
「明日は心臓が痛くなるような試合をしないように気持ちよく勝てる試合にしていきたいです。出ている人含めみんなで声出していきたいです」
―今リーグ全体の目標
「優勝です。優勝して全日に行くことだけです」


-今日の試合を振り返って
「練習通りにできました。調子は良かったわけではないですけど普通にできたところが良かったです。いつもの力が出せました。ピンチの場面では三振は狙ってました。決め球はストレートとフォークで、今日はいいところに決まりました。バッティングは打たなくていいポジションなんですけど、適当に打ったらヒットになりました」
-相手の印象
「変化球を狙ってきている感じがしたので変化球で勝負しました。それで三振が取れました。相手の3,4番が振ってきてたので怖かったですね」
-打線は
「自分も打てたので。打点もついたので良かったです。狙っていました。絶対打ってやろうと。ストレートを待って打とうと思ったんですけど、ちょうどいいところにスライダーが入ってきて自然に打てました」
-今回の目標
「できるだけ長いイニングを投げて0で抑える。無駄な点を与えないことです」

奥山
―今の気持ちは
「やっぱりほっとしています。初戦ということで結構良い球場で緊張していたので」
―ベンチの様子
「ベンチも辛い時に凄く声を出してくれて。関東選手権で、チームとして辛いときに声が出なかったというのが課題に上がっていたので。エラーが出た時とかにベンチが凄く声を出してくれたし、谷もエラーした選手のためにも抑えるって気持ちでやってくれたので。それが凄く良かったと思います」
―今日のチーム全体コンディション
「もっと点を取っても良かったかなと。コンディションは悪くないと思うんですけど、初戦だったので緊張したのかなと思います」
―谷さんと奥山さんがグータッチをする場面もありましたが
「田形(文2)がエラーした時に、田形のためにも絶対にここを抑えよう。頑張ろうってことでした。自分等も下級生の時から試合に出ていて、上級生に変わり、引っ張られていく方から引っ張られる方に変わった訳で。そういう面でも、背中を見ている後輩が増えたので、やっていこうという気持ちでした」
―和気藹々とした雰囲気は意識しているのか
「意識してます。楽しくやろうというのが本当に。自分も思ってますし、楽しくやろうと結構皆にも言っています」
―今リーグの目標
「ベストナインです。チームとしては優勝で、個人としてはベストナイン。必ず」



対慶大2回戦・法大多摩グラウンド

1

2

3

4

5

6

7

8

9

立大

1

0

0

4

0

1

0

0

0

6

慶大

0

1

0

7

0

1

0

1

9

(立)●加藤章-奥山

(慶)○塚本、貝持、小林、花牟礼-小西


初球先頭打者本塁打を放った山田
春季リーグ戦が開幕して、最初の相手となった慶大。初戦を接線の末に勝利した立大は連勝での勝ち点獲得を目指して試合に挑んだ。
立大は初回にいきなり得点を挙げる。1番の山田(コ3)は初球の球を思いっきり振りぬいた。放たれた打球はレフトの頭上を越え、スタンドに入る。先頭打者初球本塁打。立大打線を引っ張る1番打者が見せた力強いスイングで先制点を奪う形となった。4回にも四球で出塁した走者を連続適時打で4点。左中間を破る3塁適時打を放った8番の大井(文2)は塁上でガッツポーズを見せた。
立大の守備では先発した加藤章(コ3)が初回を三者凡退で守備にリズムを作る。しかし、2回にエラーで出塁した走者を3塁に置き、慶大の6番に左前安打を許し、1点を奪われる。4回には加藤章が慶大打線につかまってしまう。6連続安打を許し、この回一挙7点。順調な立ち上がりかと思われたが、慶大打線に猛攻を許し、ビックイニングを作られてしまった。
反撃したい立大は6回の表の攻撃、7番の神岡(経3)の左中間への安打で出塁、続く8番大井の犠打で得点圏に走者を置くと、一死後、先頭打者本塁打を放った1番の山田。3ボール1ストライクからの5球目を振りぬき、右中間への適時打を放ち、この日2打点目。立大が1点を返した。しかし、立大の反撃はここまで。7回以降、慶大の投手に抑え込まれ、ゲームセットとなってしまった。
悪い流れを止められず、ビックイニングを作られてしまったことが、試合の主導権を慶大に持ってかれてしまった。悪い流れに踏ん切りをつけ、明日の第3戦に勝利して、勝ち点の獲得を目指してほしい。
(4月23日・西智史)



対慶大3回戦・法大多摩グラウンド

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

慶大

1

0

0

0

0

0

0

0

0

1

立大

0

1

0

0

0

0

0

0

1☓

2

●(慶)中場-小西
(立)○塚本、谷-奥山


Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【準硬式野球部】打線奮起せず敗北(5月10日) | 戦評一覧 | 【ラグビー部】見せつけられた「力」の差(5月9日) »