2014/04/25

男子ラクロス部


学生王者を追い詰めるも、1点及ばず

◆◆平成26年度 六大学対抗戦◆◆
4月20日 対早大 立教新座キャンパス多目的グラウンド
◆平成26年度 六大学対抗戦◆
チーム1Q2Q3Q4QTOTAL
立大10214
早大11035
【得点者】 竹石、羽村、鈴木寛、斎藤
 
六大戦予選リーグ最終戦の相手は昨年の学生王者・早大。現在予選リーグ4連敗、そして3試合連続無得点と不振に苦しむ立大セインツだったが、学生王者をあと一歩のところまで追いつめる戦いぶりを見せ、好転の兆しを見せた。

立大の1点目を決めた竹石
【写真は法大戦の時のもの】
第1Q、開始早々に先制を許した立大だったが、5分ゴール前フリーでボールを受けた竹石(済4)が冷静なバウンドシュートで4試合ぶりとなる得点を決め、同点に追いつく。その後も羽村(済4)が果敢にゴールを狙うが追加点は生まれず、同点のまま第2Qへ。

続く第2Q、均衡を破ったのは早大。守備の要・大熊(社4)がファウルで一時的に退場し、数的不利となった立大は相手のパス回しからゴールを奪われ、再度早大にリードを許す展開に。その後も学生王者の猛攻を受けるも、ゴーリー・勝岡(済4)の好セーブなどで追加点を許さず、1点ビハインドで前半戦を終える。

第3Q、2分いきなり立大が同点に追いつく。羽村が華麗なフェイントから相手DFをかわしてシュート。ボールは相手ゴーリーの横をすり抜け、ネットを揺らした。「彼にしかできないゴール」(竹石)。羽村の個人技で試合を振り出しに戻した。14分には、鈴木俊(社4)のパスから竹石がショットを放つが、これは相手ゴーリーの好守に阻まれる。それでも19分、右サイドを駆け上がった鈴木寛(歓4)が放ったショットが見事に決まり、この試合初めて立大がリードを奪う。そのまま第3Qは終了し、試合は最終第4Qへ。

第4Q、追加点を奪い勝利を手繰り寄せたい立大だったが、先に得点を奪ったのは早大。6分、主将の中山(営4)がファウルで退場すると、2失点目同様、数的不利の間に早大に失点を喫し、再度試合は振り出しに。なんとかして六大戦は初勝利を挙げたい立大は、8分自陣でボールをもらった斎藤(営4)が相手ディフェンス2人を交わし、フィールド中央を突破。相手ゴール前まで駆け上がると、そのまま豪快にショットを放ちゴールを決めた。再び勝ち越しに成功して逃げ切りたい立大だったが、14分早大にミドルシュートを決められ同点に追いつかれると、試合終了間際、ラストプレーをねじ込まれ失点。80分のシーソーゲームの軍配は王者早大に挙がった。

試合を終え、主将・中山は充実した表情で「最後やられて負けはしましたが、なかなか良い戦いだったと思います」と学生王者を最後まで追い詰めた内容に手応えを口にする。敗れはしたものの、今回の試合で得た収穫は大きいはずだ。次戦は前回0-10で敗れている明大との順位決定戦。最後は勝利で秋へと弾みをつけてもらいたい。
(4月25日・小原覚)

◆コメント◆
主将・中山
――試合を振り返って
点を取れるところで取り切れたと思うのでよかったです。最後やられてしまって負けはしましたが、なかなか良い戦いだったと思います。
――タイムアウトの時は今まで以上に気を引き締めていたが
今までだらけているところがあって、そういう意識を変えてかないと上を目指すには厳しくなっていくので。
――次戦に向けて
この前はだいぶ点を取られて負けているので、今度は点を取って、今日試したやり方を継続してどれくらい通用するか試したいです。

大熊
──早稲田相手に5失点でしたが
完璧に崩されたというシーンはあまりありませんでしたが、相手のシュートの精度がもう少しよかったら、点差ももっと開いていたと思うので、この点差で抑えられたというのはたまたまかなと思いました。
──失点に関して
自分がファールで抜けてしまっている間に点を取られてしまったので、反省しています。人数が少ないとどうしても不利になってしまうので、味方のディフェンスどうこうではなく、自分がファールをしてしまったことを反省しなければならないと思います。
──次戦に向けて
がんばります。

竹石
――今日の試合を振り返って
今までの六大戦では一番いい試合ができたかなと思います。
――自身の得点の場面を振り返って
相手が日本代表の一番うまいゴーリーで、普通に打ったら入らないっていう状況だったので、バウンシュートを打たないといけないと思い、打ちましたら入りました。

羽村
――自身の得点の場面を振り返って
相手にはうまいディフェンスが3人いて、(マークされたディフェンスが)その中では一番力のないディフェンスだったので、いけるかなと思っていったら、いけました。
――次戦に向けて
六大戦全敗はしょっぱいので、最後勝ってリーグ戦につなげたいと思います。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【ヨット部】見えた課題を足がかりに(4月25日) | 戦評一覧 | 【女子ラクロス部】集大成を見せられず敗北(4月24日) »