2014/05/10

洋弓部


王座まで、あと一勝

◆平成26年度春季リーグ戦第2戦振り替え戦◆
5月4日 対早大 東洋大学Bレンジ
立大50M30MTotal
金田260314574
高嶋222271493
後神250300550
寺木260276476
265287552
三浦263324587
上野204311515
船戸236310546
上位4名総計2263
早大上位4名総計2407


競技中の船戸
 2年ぶりの王座進出を射程圏内に見据え迎えたリーグ最終戦。前回の上智大戦では長年チームが目標としていた2400点を超え、立大はここ3試合連続でチーム新記録を更新している。勢いそのままに王座進出を決めたいところだったが、ここまで全勝の強豪・早大に黒星を付けることはできなかった。

 雨風や手元のブレは的へ向かう矢に大きな影響を与える。そのため、射手には気候の変化を考慮しつつ普段通りの精神状態でプレーすることが求められる。「多少風もあってあまり打ちやすいところではなかった」と濱(済1)が語ったように、この日は多くの選手が自然環境に苦しめられた。また対戦校である早大からは多くの人が応援に駆け付け、物理的に狭い環境が選手たちにストレスを与えた。度々赤字得点(30㍍では45点以上・50㍍では55点以上)をマークする者もいたが、良い流れを掴めず敗北。「気持ちの面で負けてしまった」と主将・金田(法4)は振り返った。

 全ての対戦を終え、立大は1部Bブロック3位。次週には1部Aブロック3位の慶大と、王座進出をかけた5位決定戦を控えている。「絶対自分のできることをやりきって、みんなで勝てたらなと思います」(濱)。気持ちを一つに、是非とも次のステージへ進んでほしい。
(5月8日 末藤亜弥)
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【バドミントン部】格上相手と激突(5月10日) | 戦評一覧 | 【ホッケー部男子】開幕2連勝はならず(5月10日) »