2014/05/15

剣道部


男子個人、全日本出場ならず

◆第60回関東学生剣道選手権大会◆
5月11日 日本武道館

 今年度初の公式戦となった今大会。全国への道を切り開くため、立大剣道部男子6名が個人戦に挑んだ。全日本出場を賭けた正々堂々、一歩も譲れない真剣勝負。それでも56名という全日本出場枠は狭く、立大の前に高い壁として立ちはだかった。

相手の出方を伺う飯田
 先陣を切った副主将・渡部(コ4)は延長戦で相手の出鼻に小手を打ち込み一本。西槇(済3)も相面を危なげなく制し、続く飯田(理4)も二本勝ち。良いペースで勝ち上がる。しかし白石(文3)、唯一の一年生である松下(法1)は延長の末惜しくも敗れ、諸石(法3)も無念の一回戦敗退に終わった。勝ち残ったのは3名。二回戦、仲間の雪辱を果たすために刀を抜いたが、渡部は相手の強烈な相面の前に倒れる。西槇は幸先よく面で一本を決めるが試合終了間際に取り返され、1-1。勝負の延長戦、小手を狙った打ちに合わせた相手の面が決まり、二回戦敗退を喫した。
 立大の悲願を託された飯田。一手踏み込んだだけでは終わらない攻撃的な攻めから放った面が決まり、さらに駒を進めた。三回戦も互いに引かない熱戦を繰り広げる。延長戦に狙っていた面で一本を先取し、一本勝ちを決めた。四回戦、ベスト32まであと一勝。しかし武器の引き面が光ったのは相手だった。つばぜり合いから不意に打ち込まれた引き面。大きく残心をとる相手を前に崩れた飯田は、全日本学生出場の望みを賭け、敗者復活戦に回った。勝てば出場決定の試合、勝負は決まらず延長戦へ。延長戦の初太刀、互いの竹刀がぶつかり合う相面勝負。しかし無念にも上がった旗は相手のものだった。次こそが正真正銘、全国への切符を手にする最後のチャンス。初太刀に強い飯田は遠間からの伸びのある面で一本を先取し、良い出だしを切る。しかし、飯田が得意の面に徐々に出小手のタイミングを合わせてくる相手。試合終了寸前、ついに小手を奪われた。そして延長戦、勝負を決する一本を奪ったのは、惜しくも飯田とはならなかった。

 「まだまだやれる。」個人として、そして立大剣道部という一つのチームとして、今大会を振り返った飯田。残念ながら晴れ舞台への参戦は叶わなかったが、確かな手ごたえを実感した立大。男子としての次の目標は団体での「全国入賞」。あっという間にやってくる秋に向けて、自慢の剣技にさらなる磨きをかけていく。

(5月14日・大塚夢)

◆コメント◆
飯田
――オフシーズンの練習
「まずは出稽古で警察だったり、実業団にアポをとって練習に行ってきました。それと、ジムでの肉体改造は行ってきました。具体的には、去年に比べて体脂肪率が去年は14%くらいだったんですけど、今は8%くらいになりました。」
――今日の試合にその練習は生かされたのか
「以前より安定した試合ができたと思うんですけど、最後全日本に行けなかったということで、やってきたことは間違いないと思うんですけれども、やはり足りないな、というのは実感しています。」
――立大としての目標
「今日は新体制になって、2014年になって初めての公式戦だったので、男子は誰かしら全日本に行けたらいいなというのもありましたし、行けなくてもプレーで立教は勢いのあるチームだなというのを見せられたらいいな、というのはありました。」
――本選を振り返って
「三回戦までは正直実力は高くない相手だったので、それ以降全日本に向けてさすがに強い相手に勝たないと全日本に行けないというのがあったので、そこで勝ちきれないというのは実力不足かな、と思います。」
――見つかった課題
「まずは攻めてからの瞬発力が足りなかったな、というのと、ダッシュ力で前に出たり後ろに出たりスピードも大事になってくると思うのでそういう肉体的な面も足りないですし、あとはもっと経験が必要だなというのを感じました。常に勝つことを意識できるような練習をしていけば試合でもそんなに緊張せずにできると思うので、勝つことの経験が足りなかったかなというのはあります。」
―――立大として全体を振り返って
「まだまだやれるな、というのは実際ありますし、実力は皆高校ではすごい選手ばかりなので、それを試合で出せないという弱さが立教にあると思うので、普通にやって自然に出るような練習だったり練習試合とかもこれからやっていけたらいいなと思っています。」
――これからの稽古への意気込み
「目標に向かって、ぶれることなく、自分が先頭に立って練習姿だったり練習している背中で後輩たちや同期を引っ張って行って、秋に自然に結果がついてくればいいなと思っています。」
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.