2014/06/02

ソフトテニス部男子


新チーム始動!

◆平成25年度春季六大学戦◆
4月19日 早稲田大学所沢キャンパス テニスコート
4月に新入生を迎え、新体制となって迎えた春季六大学戦。今年は多くの1年生が入部し、それぞれが個性豊かなプレーで早くもチームに貢献する場面が多く見られた。


第1戦目は昨年春季リーグ戦で1部昇格を果たした法大。1対戦目からいきなり1年生ペアの平野(コ1)・安藤(済1)で挑むも1-5で敗れる。2対戦目は山田(文1)・松浦(コ2)が登場。はじめに立て続けて4セットを取られるが、そこから怒とうの反撃を見せる。4セットを取り返しファイナルゲームに持ち込むと、その勢いは衰えることなく5-4で接戦を制した。その後3対戦目、4対戦目は惜しくも敗北。迎えた5対戦目の高橋(現3)・田中(コ4)ペアがファイナルゲームまでもつれ込むも、粘りあるプレー勝利を決めた。続く6対戦目で再び敗北し立大の敗北が決定してしまったが7対戦目で高島(社4)・小野(勇)(現1)ペアが5-3で見事勝利。格上相手に3-4で惜敗した。

第2戦目は1部校の明大。1対戦目の平野・小野(憂)(文1)ペアから苦戦が続いた。1セット目を落とすと2セット目ではデュースまで粘る。しかしあと一歩及ばず、この対戦を2-5で落とした。その後も2対戦目、3対戦目、4対戦目と勝ちきれず、迎えた5対戦目の古川(文3)・川俣(現3)ペア。「ペアを組み続けたい」とお互いが語るように息の合ったプレーを展開する。古川がラリーを続ければ川俣もそれに応え、隙あらばボレーを炸裂させる。この対戦を5-2で勝ち取った。その後は下級生たちが奮闘するも取りきれず、明大に1-6で敗れた。

第3戦目は3部校の慶大。ここでも1年生ペアから始まり、1セット目からデュースに持ち込むなど粘りを見せる。このセットをものにすると流れを引き寄せ、5-3で勝利を収めた。これで勢いづいたのか、その後の2対戦目では山田・篠田(コ4)ペアが健闘。前衛・篠田が1年生の山田をリードし、5-3でこの対戦も手にした。3対戦目以降も取っては取られての拮抗した試合が続くが6対戦目の岡安(法2)・坂本(コ2)の2年生ペアでストレート勝ちを収め、慶大を4-3で下した。

第4戦目は昨年の王座決定戦優勝の早大。強豪相手に1対戦目から落としてしまう。しかし、2対戦目では荒井(法1)・安藤の1年生ペアが5-4で勝利すると、4戦目でもまたも古川・川俣ペアが粘りのプレーで格上ペアに5-4と大健闘。続く5対戦目、6対戦目も善戦するが力及ばず、敗戦する。そして最終対戦ではエース及川(文4)・篠田の貫録あるプレーで確実に勝利を収めるが、全対戦を終え3-4と勝利にはあと一歩及ばなかった。

最終戦は東大だ。最後の試合を勝利で終えたい立大は序盤から攻めの姿勢だった。山田・小野(憂)の1年生ペアが1セットも落とさずストレート勝ちで流れに乗る。3対戦目には及川・篠田ペアが登場。1セット目はミスが目立ち、鋭いストロークで相手のコートを攻めるも中々狙いが定まらずコート外が続いた。しかし試合中、何度も会話を重ね、問題点を修正するとそれ以降は立ち直り、圧巻の攻めで3セットを連取。1セット目以降は3ポイントしか落とさない安定した試合運びで5-1で勝利を決め、後続に繋いだ。その後の3対戦目、4対戦目を落とすも、続く古川・川俣ペアが躍動。前衛の川俣が見事なボレーを何本も見せると、古川も相手を左右に振りミスを誘い、5-0で相手を打ち破った。その後も岡安・坂本ペアが勝利。東大を4―3で下した。

2勝3敗で総合4位という悔しい結果に終わった立大。1部昇格を目標に挙げる彼らにとって、多くの課題が残った。しかし1年生の台頭によりレギュラー争いが過熱し、チームのレベルは確実に上がってきている。日々、成長し続ける彼らからますます目が離せない。
(5月28日 末藤亜弥・加藤崇兵)


◆コメント◆
次期主将・高橋
―今日を振り返って
春季リーグの前哨戦みたいな感じだったんだけど、あまりいい結果がどのペアも出せていなかったなぁという印象で、このままいくと春リーグも危ないと感じたので残り少ないけどもう少しそこを詰めて練習できたらないいかなって感じた。

―4年生は就活で試合に影響ある?
4月に入ってからは、ほとんど終わっているから4年生は大丈夫だと思うけどリーグ戦の4番目がまだ決まっていない状況だから、そこをどうカバーするのかがリーグ戦では大事になってくるかと思う。

―今年の1年生は
けっこういい選手がそろってると思うけど、まだ大事なところでもうひと押し足りないなっていう印象。そこをもう1つランクが上がってくれると助かる。

―課題
単純な話なんだけど勝ってるときはそのまま勝ちきる、逆に負けてるときは挽回して勝ちにつなげるっていう勝ちにこだわって試合をすること。

―春季リーグに向けて
今回は4年生の主なメンバーも今年で最後で来年からは抜けちゃって、今年が最後の年かなって思うので今年の春で勢いに乗って2部優勝して、そのまま入れ替えで1部にいきたいなって思います。

―チームをまとめる存在となって
上に立つのはそんなに嫌いじゃないから嫌なこととかはあんまりない。自分次第かなって思うので自分がしっかりしてチームを引っ張っていけばチームもよくなっていくと思うので頑張りたいと思います。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.