2014/06/11

ラグビー部


ライバルに勝利

◆関東大学春季大会◆
6月1日 対成蹊大 立大富士見総合グラウンド
長年のライバルである成蹊大との一戦には、夏のような暑さにも関わらず大勢の応援が駆けつけた。多くの視線が注がれる中で行われた因縁の対決。ミスが目立つ部分はあったものの、立大が見事に勝ち切った。

成蹊大キックオフで始まった前半、立大はパスミスが多く自陣での時間が続いた。しかし7分、相手陣ゴール前スクラムから飛び出した8NO.8佐藤(法2)がトライ。貴重な先制点を奪うことに成功した。この後も14WTB青木(観2)の突破などでゴール前まで迫るものの、あと一歩のところでミスが続き繋がらない。そんな中、密集から3PR柳(済1)が持ち出し、パスを受けた青木が自陣10m地点から外に回り込んで独走。ゴールに飛び込み、12-0と点差を離していく。

持ち前の快足で駆け抜ける青木

さらに28分、コートを広く使ってボールを回し、最後は左サイドでパスを受けた11WTB中川(法4)がトライ。このまま無失点で前半を終えたい立大であったが、終了間際に自陣ゴール前ラインアウトからモールを形成され、FWの攻撃を受け失点。19-5で試合を折り返す。

後半、先にトライを奪ったのは成蹊大だった。セットプレーからターンオーバーされて失点し、19-12と迫られる。主導権を奪い返したいところだが、立大はラインアウトの場面で失敗が続き、なかなかペースを掴めない。

ミスが出る場面もあったラインアウト
苦しい時間が続いたが、14分に10SO御苑(観2)がタックルでターンオーバーし、相手DFを崩す。最後は青木がタックルを受けながらも豪快な突破で中央にトライ。しかし直後にトライを許し、26-19。1トライで試合をひっくり返されてしまう・・・そんな緊張感が漂っていた。点差を広げていきたい立大はラックからボールを回し、22WTB諌山(観2)が相手DFをかわしながら外から中央へ回り込んでトライ。33-19と相手を引き離していく。さらに34分、ゴール前のスクラムから20SH古屋(社4)が御苑にパス。ボールを受けた御苑は相手DFにタックルされるも果敢に突進していき、トライを決めた。終了間際は自陣ゴール前での時間帯が続いたものの凌ぎ切り、40-19で勝利を収めた。

終始リードしていたにも関わらず、セットプレーのミスなどから主導権を握り損ねた場面もあった立大。だが、決定力では成蹊大にその差を見せつけた。長年の宿敵相手に勝利を飾ったことで、残りの春シーズンの試合に向けてさらに勢いをつけていきたいところだ。
(6月6日・糸瀬裕子)


◆コメント◆
青木空斗
試合の手ごたえはありました。結果は、もうちょっとミスしなかったら点差が開いたのかなと思いました。敵陣に行っても自分たちのミスでペナルティになって蹴られて自陣に戻される、みたいな感じだったので、そこは修正していきたいなと思います。ミスの原因はブレークダウンの寄りの遅さですかね。1枚目が遅いから相手に絡まれて取られちゃうみたいな。次の試合でも、あまり考えずにトライをすることを目標にしていきたいと思います。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.