2014/06/18

サッカー部


4試合ぶりの勝利

◆平成26年度 第47回東京都大学サッカーリーグ戦【2部】◆
6月15日 対武蔵大 立教大富士見グラウンド
平成26年度 第47回東京都大学サッカーリーグ2部【前期】
立大
2-0
武蔵大
2-1
得点者(立大)
野上(1分)、大木(45分、85分)、山中(83分)

開幕3連勝を飾り、これ以上ないスタートを切った立大。しかしその後は3戦勝ち星なしと流れに乗り切れない試合が続いた。迎えた第7節の相手は、現在リーグ戦8位の武蔵大。昇格へ向けてもう一度いい流れを引き戻すためにも、「絶対に負けられない戦い」がそこにあった。

鋭い飛び出しで決定機にからんだ菅本
試合は開始早々に動く。1分、後方からのロングフィードに抜け出した西嶋(営3=桃山学院)の折り返しに反応したのはこの日左サイドに入った主将・野上(文4=西武台)。スプリントで相手マークを振り切り、豪快にネットを揺らした。このまま勢いに乗るかと思われたが、相手の球際での激しいプレスもあり、これ以降はなかなか攻撃の突破口を見つけられない。ゲームは主導権の激しく入れ替わる消耗戦となる。そんな中立大は中盤でのパス回しから最前線にボールを収め、裏へ飛び出すプレーで徐々に相手ゴールに迫り始める。そして迎えた45分、疲労の見え始めた相手守備陣のもたつきを見逃さず、ゴール前の混戦から最後は大木(コ3=北海)がシュートを叩き込む。絶好の時間帯での得点でリードを2点に広げ、前半を折り返した。

この日2ゴールを挙げた大木
後半も、前線からの落としを中盤が展開するという形で攻撃を組み立てる立大。しかし、50分、相手左サイドからのクロスにボレーで合わせられ失点。つかみかけていた試合の流れを完全に手にすることができない。互いに主導権を握りきれないまま試合が70分を経過 すると、この日の暑さも手伝ってか選手たちの足が止まり始める。ここで動いたのは立大ベンチだった。中盤に山中(営4=市立船橋)、最前線に森田(社2=市立千葉)を投入。するとこの交代を機に、攻撃陣が再び息を吹き返す。83分には、カウンターから4対4をつくると、菅本(済2=桐光学園)のクロスから最後は山中が相手と1対1に。冷静に相手をかわして打ったシュートはゴール左隅を射抜き、これで3-1。流れを大きく引き寄せる貴重な1点となった。続く85分にも中央でのつなぎから大野が右サイドへのロングパス。そこに大木が走り込み、相手GKが一歩も動けないほどの強烈なシュートを突き刺す。試合を決定づける4点目を奪った立大はその後も引き締まったプレーを見せ、試合終了。欲しかった勝点3を見事手にした。

ここ3試合、思うような結果をつかめずにいた中での久しぶりの勝利。試合後、喜びと安堵(あんど)の入り混じった表情とともに「ワールドカップ以上にわくわくできるサッカーができたら」と語ったのは主将・野上。リーグ前半戦は残すところ2試合となったが、立大らしいサッカーで観る人をわくわくさせてくれることを期待したい。

(6月17日・鈴木育太)

◆コメント◆
#8 野上健雄(文4=西武台)
先週は退場者が2人出た中での戦いで追い付けず、チームとしても雰囲気が悪くなるのかなと思ったのですが、この1節に向けて練習ができたのでそこが勝利につながったのかなと思います。自分たちで考えながらやっていくことがこの1週間かけてやってきたことかなと。1点取られた後で蹴り始めてしまって、あれは自分たちがやりたいサッカーではなくて、つないでいくのが自分たちのサッカーなので、自分が働きながらリズムを作れたらいいなと思っていました。残り2試合、全部勝ちます。(ワールドカップの優勝国予想は?)日本を応援しているのですが…オランダとかですかね。

#10 大野友輝(営4=三菱養和SCY)
前からくる相手で、ディフェンスまでプレスをかけられていたんですけど、間に入ってスペースを見つけて。パスを通せて点が取れたので、落ち着いてできたのかなと。後半の頭1点取られたんですけど、前半(相手を)動かせたから(後半はスペースが)空いてきて最後は楽に試合ができたと思います。流れの悪いときはやっぱりボランチで前を向いてボール受けれていないなっていうのがあって、そこで自分が潤滑油のような役割ができたらいいなと思ってプレーしました。昇格のためには前半戦あと2勝しないといけないと思っているので、また暑くなりますけど全力で走り切って気持ち良く終わりたいですね。(ワールドカップ優勝国予想は?)大金星を狙ってコスタリカで!

#48 大木健太郎(コ3=北海)
勝って良かったです。前節まで流れが良くなかったので、今日の勝ちは大きいですね。狙ってはいたんですけど、1点目は(横山)恭嗣郎さんが頑張ってくれたのでそれを拾って、2点目も(大野)友輝さんがいいところに出してくれたので、決めるだけでした。攻撃は結構好きなので、チャンスがあれば点取りたいなと思ってます。ここ3試合くらいは流れがよくなかったんですけど、今勝って徐々にみんな(調子が)上がってきてるんじゃないかなと思います。あと2個勝って、しっかり後期につなげたいなと思います。(ワールドカップ優勝国予想は?)ブラジルだと思います!

#66 西嶋一(営3=桃山学院)
早い時間帯で点を取れて、立ち上がりからいい雰囲気でやれたのでよかったと思います。 2点入ったことで少し気が緩んでしまって、球際に強く行くことができなくて相手にやられてしまった部分もあったのかなと。早い段階で点を取ることを意識しながら、残り2試合で勝ち点6を取るのは絶対で、それプラス後期に繋がるいい内容の試合ができたらいいなと思います。次の試合は絶対に点を取ります!(ワールドカップ優勝国予想は?)ブラジルです!

#2 菅本岳(済2=桐光学園)
前節負けて、その中で勝ち点3をとったのはチームとしてすごくよかったと思います。 チームのコンセプトで、つなぎながらっていうのがあって。自分はサイドなんですけど中に入ってつなぎに参加して、その中で前向いてチャンスを作れたなと思って、中からうまく飛び出してくれたので合わせることができました。自分たちのサッカーを次節も続けて、勝ち点3を取れるように頑張ります。(ワールドカップ優勝国予想は?)オランダかイタリアだと思うんですが…イタリアで!

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.