2014/09/23

女子バドミントン部


玉川大に惜敗 リーグ戦閉幕

◆平成26年度関東学生バドミントン秋季リーグ戦◆
9月15日 対玉川大 神奈川大横浜キャンパス体育館
秋季リーグ 第5戦
立 大
S1(堀内)2-0
玉川大
S2(宮崎)1-2
D1(上坂・中條)2-0
D2(岡本・竹井)0-2
S3(上坂)0-2


序盤から上位校との戦いが続いた立大はここまでの成績は2勝2敗。迎える最終戦の対戦相手は実力が拮抗する玉川大だ。第一シングルスの圧勝で快調な滑り出しを見せるも、随所でミスが生まれ、そこを修正できない場面が多く見られた。結果は惜しくも2-3での惜敗となってしまった。

健闘を見せた宮崎
 第1シングルスには堀内(営1)が出場。巧みなドロップショットやヘアピンでポイントを重ね、ゲームの主導権を握りストレートで勝利をおさめた。第2シングルスは宮崎(コ1)。後半にミスが目立ち第1セットを奪われたが、第2セットを粘り強いプレーでもぎ取り、第3セットまでもつれこむ。しかし、第3セットでは相手の左右前後に揺さぶる送球に翻弄され、敗北。続く第1ダブルスに出場したのは上坂(済1)・中條(済1)ペア。息のあったプレーと力強いスマッシュで相手を圧倒し、第1セットをものにする。第2セットも相手にポイントを許さず大差で勝利。そして迎えた第2ダブルス。竹井(観2)と岡本(コ3)は序盤からミスを連発し、1セット目を奪われてしまう。第2セットでも本来の実力を発揮することができずに敗れた。勝敗が決まる第3シングルスでコートに立ったのは上坂。第1セットでは前半ネットミスを繰り返し、試合は相手のペースに。巻き返しを図るも接戦の末、僅差で敗北。疲れもあったのか第2セットでも流れを引き寄せることが出来なかった。

2-0と快勝した上坂(左)・中条ペア
 


上位校がひしめき、例年以上に激戦となったリーグ戦。立大は3部Aブロック3位という結果で3日間を終えた。今秋は1年生が全員出場を果たし、さらに、全員が勝利を掴んでいる点は間違いなく、今後に向けての強みとなるだろう。

(9月19日・金澤希)


◆コメント◆
堀内優衣
ここで負けたらいけないって分かっていたので気持ちを切り替えて勝てる試合はちゃんと勝つことができてよかったと思います。今後は体力をつけることと、技術的に相手に追いついていない部分が見つかったのでもっと技術面を伸ばしていけるように日々の練習を集中して取り組みたいなと思いました。次は新人戦があるので今回の反省を生かして、次はもっと強い相手が入ってくる試合になるんですけど、一つでも多く勝てるように練習を毎日頑張っていきたいです。
宮崎亜美
順位を上げるためには勝たなければいけない試合だったんですけど、結果的に順位は上がりましたが、勝てなかったことが一番の反省点です。試合中に修正したほうが良いことをいろいろアドバイスされるんですけど、それを試合の中で改善できつつ試合をできたことがよかったと思います。目標は試合に出たら絶対勝つということで、そのために練習して、あとはみんなから信頼されるようなプレイヤーになれるように頑張ります。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.