2014/09/24

ホッケー部女子


互角の相手に惜敗

◆平成26年度関東学生秋季ホッケーリーグ2回戦◆
9月21日 対成城大 法政大学多摩キャンパスグラウンド
◆平成26年度関東学生秋季ホッケーリーグ 2回戦◆
立大
0-1
成城大
0-0

  秋季リーグ戦第二回戦。立大は先週全日本学生ホッケー選手権大会への出場権をかけて戦った成城大と再び対戦することとなった。
ナイスプレーを見せる家石

前半開始直後、立大は相手のサークル内にまで攻め込むなど、勢いのあるプレーをみせた。しかし得点を決めたいと思う気持ちは相手も同じ。互いに激しくボールを奪い合い、良好とも相手サークル内へ大きく攻め込む。そして前半27分、立大がPC(ペナルティ・コーナー)を獲得。しかし主将伊藤(済4)のシュートは惜しくもゴールとはならなかった。代わりに相手が猛攻をみせ、前半29分、立大は1点を奪われてしまう。その後、家石(観4)やDF陣が良いパスカットをするものの、立大は得点を上げることができないまま前半を折り返した。

続く後半戦。開始5分で立大は相手にPCを取られ、ピンチに陥る。だが、ここは安定した守備をみせ、相手に追加点を許さない。この状態から家石が見事なステップで攻め入り、立大もPCを獲得。点を決めることはできなかったが、ここから試合の流れは立大側に大きく傾いた。相手にプレッシャーをかけられながらも伊藤を中心に攻めの姿勢を崩さない立大。そんな中後半31分、立大が念願のゴールを決めたかに見えた。しかしこれはバックスティック(スティックの裏でボールに触れること。グランドホッケーでは反則とされるプレー)と判定され、得点とはならなかった。それでも最後まで諦めない立大は終了間際まで相手サークル内へ攻め込み、ラスト1分にPCを獲得する。惜しくも得点にならなかったものの、さらにそこからもう一度PCを獲得。しかし、ゴールを決め切ることができず、どちらのPCも得点には繋げられないという悔しい結果となった。

 ほぼ互角の相手のリベンジに屈してしまった今回。次に対戦する駿河台大は強敵であるが、この悔しさを胸に果敢に挑む立大ホッケー部女子の勇姿を見せてほしい。

(9月23日・鈴木里香)

◆コメント◆
家石

―今日の試合の感想
全体的に攻める場面も多くてチャンスも何回もあったのにそれを決めきれなかったところが負けた原因なのかなと。
―今日後半は特に攻めた場面多くて
負けている立場だったので、守りに入らずおもいっきりみんなで上がって点絶対決めようってことだったんで、自分たちのペースに出来ていたのは良かったんですけど、最後決めきれなかったっていうのが悔しいです。
―ハーフタイムについて
前半も結構チャンスのある場面も多かったんで引き続き上がって絶対点取ろうって話をしました。
―先週も成城と戦っていて、前回と比べて今日の成城の印象は
前回は前半に一点、後半は守る形だったんですが、今回は先に点とられたことによって、どうしても一点とらなきゃ勝てないってことで、この前よりはいい攻めの形は出来ていたと思うんですけど、やっぱり点が入らないと試合には勝てないので、前回と比べて攻めの形は良くできていたかなっておもいます。
―駿河台に向けての意気込み
先週インカレをきめて、今回も成城ということで、どっかで勝てるんじゃないかって気の緩みがあったと思うので、つぎは駿河台戦に向けて、相手は格上ですが、自分たちのできることをこの一週間頑張っていきたいとおもいます。

棚橋
―今日の試合を振り返って
この間の試合であたった相手ということで、その時も相手は最後の勢いがすごかったので、やはり勝たなければいけない試合でした。チームとして負けてはいなかったし、勢いも負けてはいなかったけど、最後に決めきれない、点数を入れられないのが勝てないことにつながってしまったと思います。あと、点数を入れられたときに全員が笛が鳴ると思って気を抜いてしまったところが失点の原因にもなってしまったので、ちょっとしたところがこの結果になってしまったのかなと思います。
―成城大は先週立大に負けてリベンジに来たと思うが、その相手と戦う上で戦いにくいところはあったのか
勢いはあるなと感じて、その勢いにどれくらい負けないかということと、やっぱり1回あたっている相手なので分析されているのかなと考えるとやりやすい試合ではなかったです。
―今日見つかった課題
得点へどうつなげていくかをチーム全体でもっと明確にしていかないと決めるところで最後まで決めきれないことがあると思うので、点数を決めるということとチームで戦うということをもっと意識すべきだと思います。 次は格上の相手なので点数を取ることはなかなか難しいと思うんですけど、10月にある試合に向けてもっとチームとして戦っていけるようにしたいと思います。
―駿河台戦に向けて
駿河台戦は守ることになると思うんですけど、 その中でいかに立大らしく守って速攻して相手のコートにもっていってあわよくば得点をとれるかということを全員で統一してやっていけたらいいなと思います。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.