2014/09/27

バドミントン部


秋季リーグ初戦、勝利ならず

◆平成26年度関東学生バドミントン秋季リーグ戦◆
9月13日 日体大健志台体育館
秋季リーグ 第1戦
立 大2S1(具志堅)0-0 棄権3神奈川大
S2(大島)0-2
D1(本間・天野)0-2
D2(具志堅・大島)0-0 棄権
S3(天野)0-2

 新チームとなって初めて臨む公式戦。初戦を取って勢いをつけたい立大は、新たな門出を白星で彩るべく試合へ臨んだ。秋季リーグ最初の相手は春季リーグ2位の神奈川大。春の敗北からリベンジを果たすべくチーム一丸となって挑む。

第1シングルスには具志堅(コ2)が出場。第1セットを21-9という大差でものにし、力をみせるも相手選手がアクシデントにより棄権。思わぬ形だが一勝を収めた。続く第2シングルスではルーキー・大島(コ1)が闘志あふれるプレーを見せる。感情を前面に出し相手を攻めたてる。一時は3対11まで離された点差を怒涛の6連続ポイントなどで1点差まで追い上げる猛攻を見せるも惜しくも敗北。続く第2セットも落としてしまい、勝利することができなかった。
迎えた第3シングルス。立大は天野がコートに立つ。第1セットは試合の中ごろまで両者譲らず競り合いを繰り広げる。ところが15-15から戦況は一変。相手の猛攻に耐えきれず第1セットを奪われた。後がない第2セット、最後まであきらめない姿勢を見せ戦うも一歩及ばず。2対3で試合を終え、秋季リーグの初勝利はお預けとなった。

敗北は喫したが、まだリーグ戦は始まったばかりだ。「今日の反省を踏まえて残り4日頑張っていきたい」と天野が語るようにチームは前を向いている。今回の敗北を糧としてこれからのリーグ戦を戦い抜いていくだろう。その先にある栄冠を目指して。

(9月20日・山嵜滉介)


◆コメント◆
天野
―今日の感想
初戦という事で良いスタートを切るために大事な試合だった。残念ながら負けてしまったので良いスタートダッシュを切ったとは言い難いが、今日の反省を踏まえて残り4日あるので頑張っていきたい。
―自身の課題
4年生が引退して、それまではリーグ戦というものを経験したことがなく、この秋リーグが始めてのリーグ戦だった。しかし、2部の球はいつも受けている球よりも精度が高かったりスピードが速かったり、相手もレシーブがすごく堅かったりなどで緊張もあり、体が固くなり自分からミスをしてしまうという展開が多くなってしまった。明日からもう少し冷静にラリーしていきたい。
―良かった点
シングルスでは最後、点差がついて負けてしまったが、出だしから体が動いていたことは良かった。 それでも、課題は多かったので今回生かした経験を次の試合に生かしていきたい。
―今大会に向けて
いつのリーグ戦でも負けが決まったり、点差が開いたりするとベンチのムードが落ちてしまうことが多い。そういう場面でもやっている選手とベンチ共にしっかり声出して盛り上げていきたい。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.