2014/10/17

アイスホッケー部


主将の分まで

◆平成26年関東大学アイスホッケーリーグ戦◆
10月6日 対神大 ダイドードリンコアリーナ
チーム名1P2P3PTOTAL
立大0(11)2(15)2(12)4(38)
神大2(11)1(9)0(7)3(27)
【得点者】金野、山田、松本、野尻
※カッコ内はシュート数

1ゴール1アシストでチームに貢献する野尻
今大会を一勝一敗で迎えた第三戦は、主将高橋(文4)不在の中行われた。「主将のために勝つ」と意気込み、チーム全員で抜けた大黒柱の穴をカバー。その結果、二点差をひっくり返す逆転劇に繋げ立大は貴重な勝ち点3を挙げた。

フェイスオフ直後、いきなり松本(営3)がパックを持ち出してシュートを放つが得点にはつながらない。その後も立大ペースで試合が進むが、開始7分にカウンターから失点。すかさず反撃したい立大だったが、シュートは打つもののゴールネットを揺らすことができなかった。逆にピンチを迎える展開となるも、土永(法4)のファインセーブにより相手の得点を許さない。ここで、神大にペナルティーがあり立教は数的有利な状態からプレー再開となるが突破口が開けずに、このまま第1ピリオドも終わろうかとしていた17分に一瞬の隙を突かれ追加点を許す。そのあとすぐに金野(コ4)がフリーで相手ゴールに打ちこむも、キーパーに阻まれ第1ピリオドを2-0で終える。
第2ピリオドが始まり、多くのシュートを打つがゴールが遠い。そんな重苦しい空気を野尻(法1)のパスを受けた金野が相手ディフェンスの間を巧みに抜けゴールに結びつけ、一転させた。その後も大下(済4)のパスを野尻がシュートにつなげる形で攻め立てる。しかし、カウンターから失点してしまいさらに、野尻が反則を取られて一人少ない状態に。相手に流れが傾きかけるが、そこは立大の全員ディフェンスで最少失点に抑えた。「取り返そうと思った」(野尻)。この言葉通り、松本、金野のパスに野尻が反応しゴールを決めた。これで息を吹き返した立大は立て続けにゴールを狙い、シュート数で相手を上回り2-3で最終ピリオドを迎える。

堅い守りから速攻の起点となる松本
第3ピリオドは激浪の攻めを相手に見せつけた。開始6分に松本が相手陣内に切り込むとスピードで相手ディフェンダーを寄せつけず、ゴールキーパーとの一対一を冷静に決めて同点に追いつく。さらに、その2分後には山田(コ4)が相手のシュートをカットすると相手を抜き去りオフェンシブラインからシュートを打つとパックはそのまま、ゴールに吸い込まれ逆転に成功。その後は相手に攻め込まれるシーンも何度かあったが、ゴールキーパーをはじめとするディフェンス陣の奮闘により神奈川大の得点を防ぎ、勝利をもぎ取った。

次の試合の東海大戦はこのリーグでも強豪の相手。各選手が言う、先制点を取ること。これが勝つための鍵になるのは間違いないだろう。守りからのリズムを攻撃に生かす立大アイスホッケー部の奮闘を期待したい。
(10月11日・富田豪紀)



◆コメント◆
#9金野
1ピリの立ち上がりがちょっと悪かったんですけど、しっかり持ち直して練習してきたことが出来たんじゃないかと思います。(主将の)高橋もいなかったんですけで、みんな普段通りのプレーができたのではないかと思います。(得点シーンについては)やっぱり4年なのでしっかり盛り上げていこうとは思っていたのですが、その中で流れの中で自分にチャンスが来たのでしっかり叩いて決められたので良かったです。(次戦は)立ち上がりをしっかりやるっていうのを心掛けるのはもちろんですけど、最初に先制点取りたいなと思います。勝ち点取りたいと思います。

#21山田
リーグ戦初戦の青学戦で逆転勝利できたので、やっぱりそういう力が僕らにはあるんだなと思ったので、最後まで諦めないでゴールに向かって勝つと信じて頑張って戦いました。得点については、なんかコースが空いていたので打ちました(笑)今暫定2位なので、このままどんどん勝っていって上入れ換え戦に進めればいいかなと思います。

#3 松本
最初負けてたんですけど勝たないといけない中で、みんなが最後まで普段通りのプレーをしていたことが勝ちにつながったのだと思います。(自身の得点については)少ないチャンスだったので、絶対に決めてやろうと思いました。(リーグ戦については)これで2勝目ですけど、まだ勝ち数は意識せず、これからも一戦一戦大事に戦っていきたいですね。(次の東海大戦は)立ち上がりを特に意識していきたいと思います。普段のプレーができれば勝てない相手ではないので、勝てるように頑張ります。


#18 野尻
今日は主将が諸事情でいないという中での試合だったんですけど、まず主将のためにも勝つっていうのが第一にあって。さらに、今日の試合勝てれば暫定二位になれるというのも分かっていたんですけど、侮れない相手なのでまず勝ち点を挙げるというのを目標に貪欲にゴールを狙おうと思いました。自分のアシストについてはラッキーって言ったらラッキーなんですけど、後ろに金野先輩を呼んでいて、そして横にも木下さんがいたのであとはパス出せば何か起こるんじゃないかという気持ちで出しました。(自身の得点については)ペナルティーでチームに迷惑を掛けてしまって、その分を自分が取り返そうという気持ちでゴールに貪欲に行った結果があのような形で点が入ったので。僕の点というよりはみんなが作ってくれたチャンスを僕が結果的に決めたという感じですね。(次戦について)このリーグでも個々のスキルが高く強い東海大なので自分たちとしては守りから入って流れをつくって、点を取ってチームに貢献したいと思います。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.