2014/10/22

ローラーホッケー部


男子 インカレ制覇に前進

◆第56回全日本学生ローラースケート選手権大会◆
10月11日 長野・千曲川リバーフロントスポーツガーデン
澄み渡る長野の空の下、幕を開けた今年の今大会。今年1年間チームを引っ張ってきた4年生にとっては、最後の舞台となる。立大男子チームは昨年まででインカレ4連覇中。5連覇という栄冠を手にするべく、彼らは持てる限りの力を尽くして試合に臨んだ。準決勝、対日大戦では激しい接戦を繰り広げ、延長戦までもつれ込みながらも3-2で勝利。優勝へ一歩前進した。


10/11 1日目 準決勝 対日大
全日本学生選手権・男子
立大1-0日大
1-2
1(延長)0
得点者(立大)
小林②、高木

決勝点へのアシストをした高木
1回戦シード校として臨んだ初戦の相手は、この日の午前に近畿大を破り準決勝へと勝ち進んできた日大。女子は一足先に決勝進出を決めており、男子も勢いに乗って続きたい一戦だ。「決勝まで勝ち進める想定で大会に臨んでいるんですけど、今日はギリギリの勝利でした」(高木=営4)と語るように、試合は息もつかせぬシーソーゲームとなった。

試合開始から、立大はパックをキープし続け、小林(済3)を中心に日大ゴールを狙う。しかし相手キーパーの好セーブに阻まれ、決めきることはできずに開始6分でタイムアウトを取る。タイムアウト後は日大がオフェンスに力を入れ始める。守りが手薄になった隙を上手く突かれ、立大ゴールがピンチに陥る場面も度々見られたが、結束したディフェンスが光り、得点までは許さない。3度目のピンチをしのぎ切った直後、小林が相手コートに走り込んだ。そこで放ったシュートは見事に日大のゴールネットを揺らし、先制点を生んだ。立大としては前半のうちに得点を重ねて点差を広げておきたいところだったが、追加点は叶わず後半を迎えることとなる。

後半開始、日大の勢いはさらに増していく。立大もそれに応えて幾度もシュートを放つも、得点を奪うことはできないまま。そして4分、素早いクリアからの日大シュートが決まり、同点になってしまう。再びのリードを目指し、立大は果敢な攻めを見せる。高速でパスを回し、相手を惑わせつつシュートを打ち続ける。そこで決めたのは高木。味方のシュートがキーパーに弾かれたこぼれ球を押し込み、2度目のリードを得る。ここで逃げ切り、勝利をつかみたい立大だが、日大もさらなる猛追を見せる。度重なる強烈なシュートをギリギリのところで弾き返すも、タイムアウト明けの17分、残り時間実に3分にして日大シュートが決まり、またしても追いつかれてしまう。ここから互いの猛烈な攻め合いとなるも、そのままタイムアップで後半戦は終了。勝敗は延長戦までもつれ込む。

始まった延長戦。先に得点を挙げた方が即勝利が決まるゴールデンゴール方式だ。立大、日大両者一歩も引かずに、気迫のこもったシュートの打ち合いとなる。息もつかせぬ展開の中、試合を決めたのはまたしても小林。日大ゴール前でパックを持った高木が日大ディフェンスを引きつける。そこで小林は逆サイドに回り込み、高木からのパスを受け、ディフェンスの隙間を突いて一気にシュートを打ち込む。このシュートは華麗に日大ゴールの中に吸い込まれ、立大はサヨナラ勝利を収めた。

こうして日大との激戦を制した男子チーム。女子チームに続き、決勝戦進出を決めた。

(10月17日・松本明日実)


◆コメント◆
高木
「日大のディフェンスはもっと思ったよりも結構後ろで引いていて。こっちが攻めて戻れない状況になってからカウンターを仕掛けてきました。それに対して修正するのではなく、立教のやり方を続けていたんですけど、結果的に接戦になっちゃいました。回復できないまま、体力を使い続けてしまった感はありますね。そこを狙っていた日大に隙を突かれました。でも今日は作戦面でやられたなとか研究されていたなとすごく思ったので、ちょっと自信なくなっちゃいましたね。でもマジで勝ってよかったです。(明日の決勝について?)明日が怖いです。明日になってほしくないですよ」

小林
「シュートは結構打てていて、点は入ると思っていたんですけど1点しか入らなくて、後半も最後追いつかれちゃって。でもやっていて負ける気がしなかったので最後は本当に勝てると思っていました。(自身の2得点について?)1点目は味方が壁作ってくれてそれでシュート打てて、最後もいいパスが来てそれを決めるだけだったので。まだまだ次があるんでここで満足しないようにしたいです。勝っても負けても明日で最後なので、形にこだわらず本当に泥臭く最後までパック追いかけて勝つってことだけを考えていきたいですね」
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.