2014/10/22

ローラーホッケー部


男子 決めた、インカレ5連覇!!!!!

◆第56回全日本学生ローラースケート選手権大会◆
10月12日 長野・千曲川リバーフロントスポーツガーデン
男子の大会2日目。前日の日大戦で勝利をつかんだ立大はいよいよ決勝の舞台へ。対戦相手は今大会優勝候補に挙げられている国学院大で、カウンター攻撃を得意とする強力なライバルだ。今シーズン立大は2度土をつけられており、下馬評では国学院大に分がある。直前に立大女子が優勝を決めて盛り上がったムードの中、プレッシャーも抱える選手たちは優勝をかけた大一番に挑んだ。


10/12 2日目 決勝 対国学院大
全日本学生選手権・男子
立大1-0国学院大
1-0
得点者(立大)
亀井、高木

試合開始直後から両者ともに積極的な動きでパックを追い、一進一退の攻防が始まった。ゴール手前やセンターライン付近の遠い位置など多彩な角度から小林(済3)がシュートを放つが、得点にはつながらない。相手から浴びたシュートも多かったものの、ディフェンスを2枚以上つけることにより敵を外へ追いやってゴールの角度を狭くするという作戦が功を奏し、ゴールが脅かされるシーンもほとんど見られなかった。立大にチャンスが訪れた場面もあったが、パスをうまく運べず、前半中盤は国学院大のペースに。その流れの中でも亀井(理3)や小林の献身的なディフェンスが立大のゴールを守る。

そして18分、試合が動く。亀井が相手からパックを奪い攻撃の起点をつくると、冷静なパス回しから、坂本(コ3)のパスに亀井が合わせ、立大は1点目をものにした。ゴール付近に固まっていたディフェンス陣の不意を突き、遠くから一直線に決まった鮮やかなゴールだった。こうして1-0で前半が終了。立大はリードを保つが、1点差ではまだ気は抜けない。

後半も積極的にゴールを狙っていく。激しく攻守が入れ替わり、立大も好機をつくるが決めきれない状況が続いた。そんな中13分、立大ゴールに攻め入る相手から高木がパックを奪い、逆サイドのゴールまで一気に突っ走る。国学院大の選手が両サイドから寄せるが構わずそのままシュートを放った。パックは見事ゴールに吸い込まれる。点差がついたことで、残り時間は国学院大の猛攻を仕掛けてきた。危ないシーンもあったが、GK小川(観4)のセーブも光り、立大は無失点。2-0で白星を挙げ、優勝を飾った。

インカレ5連覇。今大会で引退する4年生は、この大会での優勝を最終目標に掲げてこれまで取り組んできたという。主将の高木が「戦力がない中でも連覇を続けられ、勝って引退できてすごくうれしい」と話したように、選手たちはプレッシャーからの解放、優勝できた喜びを口々に語った。今後は今回活躍が目立った3年生を中心とした、新体制のチームが始動する。頼りになる4年生2人が抜ける穴は大きいが、5連覇の誇りを胸に彼らはこれからも躍進し続けることだろう。
(10月20日・添田美月)


◆コメント◆
高木
「国学の売りであるカウンターで点をとってくる形をつくらせないように、あらかじめ引いて相手にゆっくり回させてる守り方をしていました。(追加点を決めたときは)わりと冷静に計算してプレーできました。2点差になった時点で勝てると思ったので、だいぶ楽になりましたね。1点差だと昨日の試合がフラッシュバックして、追いつかれて逆転されるかみたいな展開もありえたので」

小川
「準決勝の国学院の試合を見て、チーム力も、個人のレベルも、立教とは格が違うなと思ったんですけど、研究すればどこかに穴があるのではないかと思って、前日ビデオを何回も見て、ミーティングもしっかりしました。僕のスーパーセーブとかは一度もなく、ディフェンスがしっかり流してくれて、コースのないところに打たせるというのを徹底してくれました。王者として優勝を死守するというよりは、チャレンジャーとして優勝に向かって行くという気持ちでできたのかなと」

小林
「連覇がかかっていたので優勝できて良かったなって言うのが今の一番の感想ですね。相手がどんどん攻めてきたので、中に出されてシュートをかなり打たれたんですけど、最終的にそれで点が入らなかったのは最後の締めとかそういう部分でできていたからこそかなと思います。(次は)自分が一番上になるので、これからたくさんやることや、指導していかなくちゃいけないところもあるし、後輩たちの力を借りていかなくちゃいけないところがあるのでそこはしっかり指導して、また来年のインカレに向けて連覇を続けていけるように頑張っていきたいと思います」

亀井
「国学院と決勝やるって決まって本当にみんなが100%の力を出さないと勝てない雰囲気だったから実際勝てたのは言葉にならないくらいうれしいです。決勝ではまずは先制点が欲しいから、試合の主導権を握れるような展開にしたかったですね。後半とかずっと攻められてる時間帯が長く続いちゃってそこはよく耐えられたなと思います。(4年生は)チームのことをよく考えていて次の世代のこともちゃんと考えてくれてる人たちで、そういう人たちがいなくなるのは寂しいですね。来年俺らが引退しても長く連覇を途絶えさせないように後輩を育てながら来年また優勝を目指してやっていきたいです」
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【ローラーホッケー部】女子 前人未到の四冠達成!!!!(10 月22日) | 戦評一覧 | 【ローラーホッケー部】男子 インカレ制覇に前進 (10月22日) »