2014/11/13

野球部


リーグ制覇への大一番

◆平成26年度東京六大学野球秋季リーグ戦◆
10月25日 対明大一回戦 明治神宮野球場

1回戦

1

2

3

4

5

6

7

8

9

0

2

0

0

1

0

0

0

0

3

0

1

0

0

0

0

0

0

0

1

(立)○澤田圭-鈴木
(明)●山崎、齊藤-坂本、高橋隼

ついに最終週を迎えた秋季リーグ戦。30季ぶりのリーグ制覇に向けて最終関門、現在2位の明大戦に臨んだ。ベンチ総動員で向かってくる明大に対し、立大は苦戦を強いられるも優勝への執着心を見せ、再三のチャンスをしのぎ切り見事勝利。大一番の初戦を見事勝利で飾った。

立大の先発はエース・澤田圭(コ2=大阪桐蔭)。しかし、今季抜群の安定感を見せてきた絶対的エースが、思わぬ立ち上がりを見せる。ここまでの澤田圭は一試合平均出した四死球は一つ以下。しかし先頭打者をいきなり歩かせてしまう。鈴木(コ3=日大三)が走者を刺殺しピンチを脱するも、3番・高山(3年)に安打を浴び、更に2つ目の四球を許してしまう。続く5番・植田(4年=関西)のあわや中前に抜けるかと思われた打球を酒井田(営3=県岐阜商)が好守で阻止し得点は許さない。二死満塁とピンチは続くが、ここでエースの意地を見せた。初球を右飛に打たせて取り、何とか初回を無失点でしのいだ。

追加点の原動力となった佐藤拓
明大の先発は、今秋ドラフト1位指名を受けたエース・山崎(4年=日大三)。立大は好投手をいきなり攻め立てた。2回表、岡部(コ4=帝京)が相手の送球ミスで出塁すると、我如古(営4=興南)が手堅く犠打を決める。そして内野安打と四球で好機を広げ、一死満塁の絶好の場面でバッターは鈴木(コ3=日大三)。初球、絶妙なスクイズを一塁側に決め、見事先制点を挙げる。さらに相手バッテリー間のミスで1点を追加し、2点のリードを奪うことに成功した。しかしその裏、内野安打と四球で二死1,2塁のピンチを背負うと、守備の名手大城(コ3=興南)がまさかの送球ミス。すぐに1点を返されてしまう。

澤田圭は、明らかに調子を崩していた。持ち味の緻密な制球力が影を潜める。しかし、そんなエースを打線が援護する。迎えた5回表、先頭の大城が出塁すると、犠打を決めて1死2塁。続く佐藤拓(コ2=浦和学院)が外角の変化球をうまく左前にはじき返すと、2塁走者大城が俊足を飛ばして一気に本塁へ。前半戦不調にあえいだ彼が、エースをバットで後押し。再び点差を2点に広げ、試合は終盤へ。
毎回走者を背負う今季一苦しい投球。しかし、再三のピンチもバックの助けもあり本塁を死守した。8回、一死1,2塁のピンチも4番糸原(4年)を中飛、5番菅野を直球で三振に仕留める。本来の澤田圭の投球で切り抜けた。そして2点リードのまま迎えた最終回。1死から安打を許すも後続を切り、最後は140km/h の渾身の直球。三振で抑え試合終了。渾身のガッツポーズと雄叫びを見せた。
最終週の明大戦の初戦を苦しみながらも勝利した立大。エース澤田圭は175球の熱投で今季5勝目を挙げた。打撃陣もチャンスをものにする勝負強さ、相手の隙を逃さない高い集中力を見せている。優勝までついにあと一勝のところまできた立大。最後の一勝を強敵から全員野球でもぎ取り、30季ぶりのリーグ制覇を成し遂げてくれることに期待したい。
(10月25日・唐澤大)


◆コメント◆
#3 岡部通織
―今日の試合を振り返って
本当に澤田に助けられた試合でしたね。珍しく四球も6,7か出して、ヒットも含めると20近く相手に塁与えてて。それでも1点に抑えてくれたのは大きかったですね、辛抱強く澤田が投げてくれたおかげでしまった試合になったのでよかったです。 ―明日勝てば優勝という場面。明日にかける思いは
とにかく、最後明治とできるっていうのは本当に幸せなことで、今まで僕らは新人戦とかで明治戦を落として優勝逃してきたりしたので、明日明治に勝って優勝するっていうのは皆が意識してきたことです。明日全部蹴りつけて気持ち良く優勝したいなと思います。
♯7 佐藤拓也
―今日の試合
澤田があまり調子が良くない中で毎回ランナー出してしまって、ピンチの場面が本当に多かったと思うんですけど、そこを粘って抑えることができたのでよかったですね。逆にうちは少ないチャンスをものにして得点できて勝てたっていうのは大きいなと思います。
―自身の調子について
今シーズンはそんなに調子いいってわけじゃないんですけど、今日は澤田が頑張ってたので、楽にしてあげたいと思って打ちました。
―明日の抱負
あと一勝したら優勝っていう試合なんですけど、いつも通り皆を信じてあまり優勝を意識せずに頑張っていけたらいいなと思います。
#1 大城滉二
―今日の試合を振り返って
試合する前から緊張しないようにしていたんですけど、硬くなってエラーもしてしまいました。思ったよりも緊張して、試合に入る形になりましたね。
―安打も出たが
そうですね。打つ方は調子も上がってきているので、どうにか打ちたいと思ってました。
―6回の牽制プレーについて
ランナーのリードを見て、行けると思ったので勝負に行きました。
―ついにあと一勝となったが
いつも通りやりたいんですが、まあそれでうまくいくかは分からないので、とりあえず明日優勝できるように頑張ります。

 
立大メンバー表
10我如古興南20酒井田県岐阜商
11井上横須賀6小尾大垣日大
15小林昌佐久長聖1大城興南
18澤田圭大阪桐蔭14熊谷仙台育英
13田村報徳学園4伊地知輝東海大相模
16藤田県岐阜商8岩月中京大中京
2浅田報徳学園3岡部帝京
12鈴木日大三28秋山関東一
27松本丸亀7佐藤拓浦和学院
21川端沼田26田中和西南学院
25寺田神戸国際大付9豊村東農大二
29中村圭東邦大東邦23山根浦和学院
5安田桐蔭学園
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【野球部】あと一勝(11月13日) | 戦評一覧 | 【野球部】15年ぶり優勝ならず(11月13日) »