2014/11/08

ボクシング部


課題見つかる敗戦

◆平成26年度秋季オープン戦◆
9月21日 東京都立府中東高校
当初は5人の選手が出場する予定であったが、事情により立大からは一人のみの出場となった伊藤(文2)。皆の期待を背負ってライト級のリングに上がった。


ライト級
●伊藤(文2) VS 森(エイチズスタイル)○
2ラウンド TKO負け

厳しい表情で相手に立ち向かう伊藤

この日の試合は夏休みが終わってからの初めての試合。相手はエイチズスタイルボクシングジムの森にあたった。
第1ラウンド、積極的な姿勢で距離を詰める。小柄な身長を生かし、相手のボディに攻撃を繰り出した。相手は安定したガードでこれを冷静に対処。伊藤は相手のパンチに機敏に反応し、自らの勢いを崩すことはしなかったが、やや焦りに任せている場面も見受けられた。
第2ラウンド、表情に疲れが見えてきた。「相手のジャブがうまかったんで全部もらっちゃってた。合宿で練習したことが全然生かし切れてなかった」と伊藤。必死に抵抗するものの、1分31秒、相手の左ストレートが的確に伊藤の顔面をとらえ、TKO負けとなった。「全然ダメダメでした」と悔しさをにじませる敗戦となった。
(11月5日・西村南海子)
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.