2014/11/26

自転車競技部


つかんだ優勝、貫禄の走り

◆第9回東京六大学対抗ロード(クリテリウム)大会◆
11月16日 埼玉県行田市・行田総合運動公園周辺特設周回コース  
団体最下位に終わった六大学ロードから1年、メンバーも入れ替わり心新たに上位を目指した今大会。前主将・高木(理3)の周囲を圧倒する走りと関谷(観1)の完走により、団体優勝。加えて個人でも高木が1位となり、六大学ロードレーサーの頂点に立った。

スプリントをかける高木
立大からは小菅(法4)、高木、油井(法3)、阿部(済2)、関谷の5名が出場。今回は2周回ごとに8位以内の選手に加算されるポイントとゴールポイントを合算する、30分+3周のポイントレース形式で順位が争われた。
開始直後から激しい争いが繰り広げられる。ポイントを狙う先頭集団とそれを追う選手たち、序盤ながら大きく集団が分離されDNFが続出する。立大も例外ではなく、小菅、阿部が3周目で、続いてメイン集団でレースを進めていた油井も6周目でDNF。残る選手は高木、関谷の2人となる。
そんな中高木は快走を見せる。先頭集団に位置取ると、明大や法大勢と競り合いながらもトップを保ち中間スプリントポイントで計3回1位を獲得。危なげなくポイントを稼ぎ、他者を引き離す。その後も先頭争いには加わらないものの、毎回ポイントを追加し、1位を望める走りでレースを終えた。また関谷は終始安定した走りを見せ、メイン集団の中から遅れることなくレースを展開し、1年生ながら完走を果たした。

表彰台に立つ高木
現在のRCS年間ランキング2位の小林(明大)、同4位の浦(東大)という実力者2人がゴールスプリントで争ったため、優勝の行方は高木を含め大混戦に。しかし、行田の地に響き渡った勝者の名は立大、そして高木であった。予想以上の結果に思わず笑みがこぼれた高木は、「作戦とは違ったが、行けるときは勝負を仕掛けた」と振り返る。経験から打ち出された鋭い判断力が功を奏し、自身だけでなく団体をも勝利へ導くこととなった。未だ成し得なかった六大学ロードの頂点に立った立大自転車競技部。団体でつかんだこの優勝は、チームの大きな自信や誇りとなるだろう。11月末に行われる六大学トラックやRCSへ気持ちを切り替え、選手たちは見つかった課題を体現すべくレースに向かう。

(11月25日・伊藤太一)
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.