2014/12/06

女子ラクロス部


4年生、集大成を見せる

◆第5回学生ラクロス準リーグ◆
11月16日 対青学大 立教大学新座キャンパスグラウンド

◆第5回学生ラクロス準リーグ交流戦◆

立大

5-1

青学大

1-3

【得点者】望月4、白城、嵯峨山


 FINAL4から2週間。最上級生たちの引退を前に、最後に交流戦が開かれる運びとなった。相手は青学大。4年生選手全員が出場するこの試合は、まさに立大女子ラクロス部ファンにとって“そそる”試合であった。

試合前、皆でクロスを掲げる4年生
#5今井(現4)のドローで試合はスタート。すぐさま#39望月(コ4)がシュートを放つも得点ならず、反対に逆撃を被り先制点を奪われてしまう。しかしこれに闘争心を刺激された立大は総攻撃を開始する。#23嵯峨山(済4)が左方向から初得点をあげると、あとに望月らが続き得点は5-1に。リーグ戦で中心となって活躍したエース級の選手が活路を開くと、全員で確実に攻撃の機会をものにしていく。防御面においても立大自慢の“圧倒ディフェンス”をみせ、追加点を許さない。まさにオールスターゲーム。立大が流れをつかんだまま、前半終了のホイッスルが鳴る。

迎えた後半戦、前半戦に大きくリードを残し余裕を持ったことで、より4年生選手の個性溢れるプレーが展開される。普段見ることのできない選手同士の息のあったプレーにスタンドは沸く。途中、突如活気づいてきた青山大のオフェンスに手痛い失点をするも、決してリードは渡さない。新たに望月が得点を決め、6-4で試合は終了を迎える。

「4年生全員の姿を見せられて良かった」。恒例の試合後の挨拶で主将・三澤(社4)はこう語った。これで彼女たちのプレーする姿を見られるのは最後だが、彼女たちの勇姿と笑顔は忘れないだろう。
(11月22日・吉田健人)

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.