2015/05/02

野球部


執念で食らいつく

◆平成27年度東京六大学野球春季リーグ戦◆
4月26日 対早大2回戦 明治神宮野球場

2回戦

1

2

3

4

5

6

7

8

9

0

0

0

3

0

0

1

0

2

6

1

0

0

5

0

0

0

0

0

6

(立)齊藤俊、田村、小倉、小林昌―鈴木
(早)吉永、吉野和、内田、小島―道端

 春季リーグ戦2カード目。前日惜しくも一点差で敗れた立大は、優勝の為に何が何でも負けられない試合に臨んだ。中盤以降追いかける苦しい展開となるも、執念で追いすがり引き分けで試合終了。勝ち点の行方は翌日以降の結果次第となった。

最終回のピンチを攻守で救った鈴木
1回裏、立大先発の齊藤俊(営4=成田)がいきなりピンチを背負う。1死から二連打を浴びると、2死一、三塁から早大・石井に左前に適時打を放たれ1点先制されてしまう。 立大打撃陣は、相手先発の吉永(4年=日大三)に3回を1安打に抑えられ、なかなか攻撃の足がかりをつかめない。しかし4回、今季スタメン定着の2番二角(コ3=広島新庄)がカウント3-2からしぶとく左前に運ぶと、続く3番佐藤拓(コ3=浦和学院)が中越の適時三塁打を放ち同点とする。続く田中和(法3=西南学院)の二失、酒井田(コ4=県岐阜商)のスクイズで更に2点を追加した。
 しかし、いいリズムの攻撃から波に乗るかと思われた矢先、その裏に齊藤俊が早大打線につかまってしまう。先頭打者に安打を許すと、バントや連打を絡められ1点を献上。なんとか2死までこぎつけるものの、相手2番河原(4年=早稲田実業)に甘く入った直球を右翼席に満塁弾を叩きこまれてしまう。ここで齊藤俊は無念の降板となった。
 今後の試合を考えると、早大戦は何としても負けられない試合。試合終盤、その執念を見せた。7回、先頭の熊谷(コ2=仙台育英)が快足を活かし二塁打でチャンスメイク。鈴木(コ4=日大三)も安打で繋ぎ、絶好の好機で豊村(社3=東農第二)の犠飛で1点を返す。
 さらに最終回、2つの四死球と犠打を足がかりに最後の好機を作ると、打席には大石(コ3=)。「自分が打つしかない」と覚悟を決めて放った打球は三遊間に。結果、悪送球を呼び、2点を追加。幸運と執念が見せた同点劇だった。最終回のマウンドには小林昌(コ4=佐久長聖)。ピンチを背負うものの、鈴木が走者を2回刺殺。なんとかピンチを乗り切り、引き分けとした。

リーグ制覇を現実のものとする為には、もう後がない立大。2連勝以外、このカードの勝ち星は無い。昨秋の屈辱を晴らすためにも、この試合で見せた執念を次の試合でも見せたいところだ。
(5月1日・唐澤大)

◆コメント◆
鈴木貴弘 #10
――今日を振り返って
大量得点を取られた後に、ミーティングで監督さんが「4年生意地見せろ」って言うふうに喝をいただいて。そこからなんとか粘れて4年生に引っ張られてああいう結果になったんだと思うので、明日もそういう感じでやっていきたいなと思います。
――齋藤さんについて
ボールは結構良いボールが来ていたんですけどね。やっぱり相手のバッターが良いバッター多いので、その部分で。そこが一番のポイントなんですけどね。
――9回の2つのプレーについて
自分ができる仕事はそれしかないので。苦しい場面でもピッチャーいかに助けられるかが自分の仕事だと思っているので。正直あのプレーで自分の中でもとても嬉しいですけど、あれができたのは凄く良かったです。
――明日に向けて
明日負けたらもう終わりなので。引き分けでもなんでも、とりあえず勝ちにいかないといけないので。とりあえず明日の試合にこだわっていきたいと思います。

佐藤拓也 #7
――今日の試合を振り返って
相手に押される場面が多かったので、終盤ああいうふうに粘れて、総力戦で引き分けですけど負けなかったことは大きいと思います。
――4回チャンスで回ってきて、打席に入った時の気持ちは
特に何も考えず平常心でいつも通り打とうと思いました。
――相手先発の吉永投手について
やっぱり良いピッチャーなので、どんどん早いカウントから見ていたら打てないと思ったので積極的に振っていこうと思いながら打席に入りました。
――今日引き分けへ持ちこめたことについて
昨日負けて、今日負けたら勝ち点を落とす試合だったんですけど、今日引き分けで首の皮一枚つながったので。また明日明後日と試合して、2連勝できるように頑張ります。
――早大に勝ち点を取るための鍵は何でしょうか
チーム一丸となって総力戦で戦えばチャンスはあると思うので、しっかり全員で束になって戦っていきたいと思います。
――明日に向けて意気込みをお願いします
1戦1戦集中して、頑張りたいと思います。

 
立大メンバー表
13小倉山形南12渡邊大神戸国際大附
15小林昌佐久長聖16熊谷仙台育英
19齋藤俊成田20峯本大阪桐蔭
21黒萩遊学館1大城興南
18澤田圭大阪桐蔭14高橋信長野日大
11田村報徳学園23伊藤豪新潟明訓
10鈴木日大三28大石鎌倉学園
27松本丸亀7佐藤拓浦和学院
22高田浦和学院26田中和西南学院
6篠崎吾桐光学園9豊村東農大二
5中村圭東邦大東邦24二角広島新庄
4酒井田県岐阜商8山根浦和学院
2山崎所沢北
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【野球部】次週へ、気持ちを前に(5月2日) | 戦評一覧 | 【女子バドミントン部】連勝スタート(5月2日) »