2015/05/02

野球部


次週へ、気持ちを前に

◆平成27年度東京六大学野球春季リーグ戦◆
4月27日 対早大3回戦 明治神宮野球場

3回戦

1

2

3

4

5

6

7

8

9

0

1

0

0

4

0

2

2

0

9

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

(早)○竹内、小島―道端
(立)●澤田圭、田村、小倉、小林昌―鈴木

 今季早くも2試合目となった第3回戦。前日は終盤粘りの攻撃を見せ、土壇場で引き分けに持ち込んだ。早大から勝ち点を奪うにはここから2連勝が必要であったが、今日は打線が沈黙。投手陣も思うような投球ができずに敗戦、勝ち星は東大戦に期待となった。

100安打を視界に捉える大城
立教初回の攻撃、応援スタンドから「ハイサイ」が聞こえる。神宮の右打席に観客の視線が集まり、カメラのシャッター音が鳴り響く。それだけ立教不動の1番大城(コ4=興南)のバットに注目が集まっていた。100安打まであと1本。毎度期待が高まっている大城の打席は、遊ゴロで始まった。その後、佐藤拓(コ3=浦和学院)、今季初の4番起用となった酒井田(営4=県岐阜商)が連続で出塁し、2死ながらチャンスを作る。迎えた5番は、前日に土壇場で適時打を放ち、初スタメンを掴んだ大石(コ3=鎌倉学園)。好調ぶりを見せたいところであったが、高めの直球に空振り三振を喫し、惜しくも得点を逃した。
 立教は澤田圭(コ3=大阪桐蔭)が第1回戦に続いて先発登板した。毎回走者を出す苦しい展開が続いたものの、早大に長打は打たせない。3回には二塁・酒井田の好守備も光るなど、4回までを42球1失点にまとめる。悔やまれたのが5回。四球と際どい判定の死球で走者をためてしまうと、そこから3本の適時打で4失点。マウンドを田村(コ3=報徳学園)に譲る。その後、小倉(済4=山形南)、小林昌(社4=佐久長聖)と回を繋ぎ、野手陣の奮起を待つ。
 その打線も早大の左腕・竹内(3年=松阪)の荒れ球に対応できずにいた。大城もなんとか重苦しい流れに変革を起こそうと、バスター気味に構えて球を捉えに行く。鋭い当たりそのものは随所に見られたものの、なかなかヒットゾーンに飛んでいかない。結果この日、大城のバットから快音が出ることはなかった。チームも敗戦、勝ち星は次に持ち越しとなった。

6試合連続安打の佐藤拓
投打の軸である澤田圭と大城が今週苦しんだ中で、立大の看板を背負って躍動していたのが、背番号7・佐藤拓だ。6試合を消化し、チーム打率.211、完封負け2回と沈黙気味の打線において、ここまで全試合で安打を記録、唯一の本塁打を放っている。この日も無死一塁の場面から鮮やかに右前打に弾き返し、スタンドを大いに盛り上げた。その広い守備範囲から、中翼の守備でも外野の間を抜けて長打となりそうな当たりに素早く追いつき単打に抑えるなど、攻守に渡って存在感を感じさせた。立大の顔として、27日に発表された「侍ジャパン大学代表」にも澤田圭と共に選出された。

4月最後の試合は重苦しいままに幕を下ろした。開幕戦以降チームとして流れを掴めずに苦しい戦いとなっている。しかし、決して戦力的に劣っているわけではない。打線は開幕戦で見せたような爆発力を持っている。ビッグイニングを作らせない充実の投手陣もいる。昨秋の悔しさを知る者が揃っている。他大の躍動の陰に甘んじた4月は終わった。5月の強い日差しは、神宮のダイヤモンドの中で立大を輝かせるに違いない。
(5月1日・浅野徹)

◆コメント◆
溝口監督
――今日の試合を振り返って
完全にやられましたね。出すピッチャー全部打たれましたし、バッター陣も4安打なので、ディフェンスもオフェンスも全部完全にやられたって感じですね。
――ここまでの2カードを振り返っていただけますか
厳しいですね、スタートが非常に良かったんですけどね。波に乗っていけるかと思ったんですが。何かが歯車が違ってしまって。もちろんピッチャー陣、澤田を中心としたピッチャー陣も粘りきれないっていうのもあるんだけど、野手もちょっと空回りしているというか。守備でも完全なエラーじゃないけれども、何か噛み合っていないというかね。そういうことで流れがどうしてもこっちに来ないという、そんな試合ですね。
――立教に流れを戻すためにはどうすれば良いでしょうか
ちょっと分からないですね。正直優勝というのはなかなか難しくなりましたが、後半戦3カード3週連続であるので。大目標が失われつつある中で言うとなかなか難しいですが、そこを踏ん張って、気持ちを奮い立たせてやるしかないですし、僕が奮い立たせてもしょうがないので、選手と一緒にもう一回、東大1回戦を開幕戦のつもりでやれるようにグラウンドでどう選手と一緒にやっていくかなというそんな感じでいます。「これをやれば」っていうのは今すぐには分からないですね。
――東大戦へ向けて
1週空くといってもあと10日くらいしかないので。そんなに調整もしていられないので、しっかり次の練習までになんとか気持ちを切り替えて東大戦にフレッシュな気持ちでいくしかないなと思います。

大城滉二 #1
――このカードを終えて、率直な感想をお願いします
最悪です。チームとしてもそうですし、個人としても、3試合一番やってはいけないことをしてしまいましたし、出塁も無かったので。
――ランナー無しの状態からバスターを仕掛けるなどいろいろ試行錯誤する姿が見られましたが
そうですね。自分でどうにか、タイミングを合わせられるように、工夫してやったんですけど。
――1週空きますが、調整はどのようにされていきますか
今まで通り練習して、もう少しピッチャーの球を打席で立って、タイミングや数を見ていくようにしていきたいと思います。
――やはり“100”への意識がありますか
敢えて言ったらそうなんですけど、でも意識とかしないようにというか、1番バッターの仕事としての出塁っていうのを考えています。

 
立大メンバー表
13小倉山形南12渡邊大神戸国際大附
15小林昌佐久長聖16熊谷仙台育英
19齋藤俊成田20峯本大阪桐蔭
21黒萩遊学館1大城興南
18澤田圭大阪桐蔭14高橋信長野日大
11田村報徳学園23伊藤豪新潟明訓
10鈴木日大三28大石鎌倉学園
27松本丸亀7佐藤拓浦和学院
22高田浦和学院26田中和西南学院
6篠崎吾桐光学園9豊村東農大二
5中村圭東邦大東邦24二角広島新庄
4酒井田県岐阜商8山根浦和学院
2山崎所沢北
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【バスケットボール部】成長の糧に (5月2日) | 戦評一覧 | 【野球部】執念で食らいつく(5月2日) »