2015/05/13

軟式野球部


悔しい引き分け

◆平成27年度東京六大学軟式野球春季リーグ戦◆
4月3日 対早大 戸田市営球場

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

立大

早大




 春季リーグ第5戦目の相手は早大。現在4連勝中の立大はここで勝利し、目標の東日本出場へ弾みを付けたいところだ。強風が吹き荒れる中、試合が開始された。

9回を1失点に抑えた大野

 試合が動き出したのは4回表。清水(営3)が投手失策で出塁し、東川(コ2)の犠打により塁を進める。さらに、続く浅井(営2)や六笠(コ2)が暴投や四球で進塁。1死満塁のチャンスを迎え、梅原(営3)が適時打を放つ。その間に清水が生還。貴重な先制点にベンチは歓声に包まれた。しかし、守備が乱れたのは6回裏。相手が中前安打を放ち塁に出る。さらに投手の暴投により進塁し、右前適時打で早大に追いつかれ試合は振出しに。7回裏では内野安打やバントを打たれ1死2、3塁のピンチ。大野(法2)が粘り強い投球で切り抜けたが苦しい状況が続き、試合は延長戦へ。ここで投手が先発の大野から羽切(営3)に交代。10回、11回と打者3人で抑え好投をみせるが立大はあと1点を取ることが出来ず、1-1の引き分けで試合終了を迎えた。

 惜しくも5連勝とはならなかったものの、立大が今季リーグ優勝に有利な状況は変わらない。しかし、「いつも通りやっていれば勝てていた試合だった。」と新主将・大山(営3)は悔しさをにじませた。「全試合開幕戦のつもりで」試合に臨む彼らは今回の結果を受け止め、次の法大戦に向かう。

(4月21日・金澤希)

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.