2015/05/16

野球部


後半戦、狙うは逆襲

◆平成27年度東京六大学野球春季リーグ戦◆
5月9日 対東大1回戦 明治神宮野球場

1回戦

1

2

3

4

5

6

7

8

9

4

0

1

0

0

0

0

0

0

5

0

0

2

0

0

0

2

0

0

4

(立)○澤田圭、小林昌―鈴木
(東)●山本俊、柴田、三木、宮台―喜入

 前半戦は厳しい試合が続き、悔しくも勝ち点をものにすることができなかった立大。1週空き、再び神宮での後半戦に臨む。後半東大の猛攻に苦しむが先取点を守り抜き、後半戦スタートを白星で飾った。

待望の100安打。笑顔でホームインする大城
立教初回の攻撃、応援スタンドから「ハイサイ」が聞こえる。神宮の右打席に観客の視線が集まり、カメラのシャッター音が 試合は開始早々動きを見せる。立大の1番は、大城(コ4=興南)。早大戦から大学通算100安打の大記録に期待がかかり続けるも、なかなかあと一本が出ず苦しんでいだ。しかし、この打席の3球目。芯をとらえた打球はそのままレフトスタンドに吸い込まれた。誰もが待ち望んでいた彼の安打にベンチ、スタンドから一斉に歓声が飛ぶ。「打った瞬間入ったと思いました」本人も満足の本塁打は記念すべき100安打目となった。そして続く三者連続四死球で出塁し、無死満塁の好機を迎える。これを生かしたい立大は、5番酒井田(営4=県岐阜商)、6番中村圭(コ4=東邦大東邦)の左前適時打で追加点。その後、鈴木(コ4=日大三)が犠飛で三塁走者を生還させ、この回一挙4得点と力の差を見せつける。

再び試合が動いたのは3回。この回先頭、中村圭が中前に速い打球を放つとそれを熊谷(コ2=仙台育英)が繋ぐ。そのままホームベースを狙うも東大の好守に阻まれ惜しくも追加点とはいかず。しかし、澤田圭が左越二塁適時打とバットでも見せ5-0と相手を突き放した。その裏、ここまで抑えられていた東大打線が弾ける。先頭打者に出塁を許すと後続も続き、主将・飯田(東大)の中前安打で一気に2点を返され、距離を詰められてしまう。 

好守ともにチームに貢献した中村圭
4回以降、両者の打線は沈黙。しかし、それを破ったのは東大だった。後半7回裏、東大の猛攻が始まる。安加多(東大)の左前安打で口火を切ると1番・長藤(東大)が右線を破る好打で得点圏に走者を進める。二死満塁、このピンチをどう凌ぐかという場面で4番楠田(東大)に中前に運ばれ5-4と一気に追い上げられてしまった。

小林昌(社4=佐久長聖)が澤田圭からマウンドを託され、迎える9回裏。何としても先頭打者出塁を防ぎたい場面で一塁にライナーが飛ぶ。東大サヨナラか、と思われたが一塁手・中村圭の見事な守備でアウトに。そこからは小林昌のリズムの良い投球で三振に取り、試合終了。

1点差まで迫られるが前半の得点をしっかりと守りきり、勝利を収めた。勝ち点をまだ挙げていない立大に焦りが見えないわけではない。しかし、選手たちは目の前の一試合一試合で勝つしかないことは分かっている。少しでも多くの勝利を掴むため確実に一勝を積み重ねていく。そのためにもまずは東大から勝ち点を奪取し、後半戦に弾みをつけてほしい。
(5月14日・荒木地真奈)

◆コメント◆
犠飛で得点に絡んだ#10主将・鈴木
「今まで負け続いてたのでとりあえず勝てたということはすごいチームにとっては大きな収穫というか、流れ的には良かったかなと思います。点数を取ってから点数取られた時になかなかうちのバッターがその後ヒットとか四球とか塁になかなか出られなくて、リズムを持っていかれてしまったので、そこがやっぱり今回の反省点です。(澤田投手について)ボールは全然悪くなかったですよ。最後タイムリー打たれたのもちょっと自分が安全に行き過ぎたかなっていう感じなので。(大城選手について)僕たち的にもやっぱりホッとしますね。やっと出てくれたのでここから多分普通に打ってくれるんじゃないかなと思います。相手がどこであろうと勝ちは勝ちなので、ミスしても最終的にスコアボードを見て1点勝っていればいいので、そういった野球を仕掛けていきたいと思います」

見事100安打を本塁打で決めた#1大城滉二
「1週空き良い調整が出来て練習でもスイング自体は悪くなかったので、ストライクが来たら思いっきり振っていこうと思っていました。考えると打てなくなるので特に考えていませんでした。去年の秋とこの間の早大戦をビデオで見比べて、良かった時のものを研究しながら直していきました。早大戦ではボールを迎えに行っているというか、早く打ちたがっているというのがあったのでそのせいで打てなかったんだと思います。(高山選手について)あまり考えず、自分はもう打つだけなので最終的に追い付ければいいかなって感じですね」

安打を狙うも本日はノーヒットに倒れた#7佐藤拓(コ3=浦和学院)
「守りからミスが出てちょっと流れが悪かったので、そこを修正してまた明日頑張りたいと思います。とりあえず出来ることをやろうと思って次のワンプレーワンプレーを集中して、特に何も考えず守ってました。相手も勢いのあるチームだとは感じるので、(みんな)勢いに飲まれないように自分たちのプレーをしっかりして守っていました。とりあえず甘い球は積極的に打とうと思っていたんですけど、今日は変化球とかも打たされてしまって、あまりいい結果を出せませんでした。だから切り替えてまた明日頑張っていきたいと思います。1球1球食らいついて、頑張りたいと思います」

リリーフとしての役割をきっちり果たした#15小林昌
「大城のホームランの記録を生で見れて嬉しかったです。自分の投球内容というよりはチームが勝てたことで、チームがこれから波に乗っていけたらという試合でした。今まで勝っている場面で点を取られたことがないので強気でいきました。(東大打線について)去年より打ってくるなぁという印象です。(9回中村選手の好守について)大きかったです。あのプレーのおかげでツーアウト、スリーアウトと簡単にとれて良かったと思います。今日も接戦で、明日も接戦になると思うので1人1人丁寧に投げていきたいと思います」

 
立大メンバー表
10鈴木日大三12渡邊大神戸国際大附
13小倉山形南3笠松大阪桐蔭
15小林昌佐久長聖16熊谷仙台育英
19齋藤俊成田20峯本大阪桐蔭
18澤田圭大阪桐蔭大城興南
11田村報徳学園14高橋信長野日大
21伊藤翔桐光学園23伊藤豪新潟明訓
27松本丸亀28大石鎌倉学園
22高田浦和学院佐藤拓浦和学院
篠崎吾桐光学園26田中和西南学院
5中村圭東邦大東邦豊村東農大二
山崎所沢北24二角広島新庄
酒井田県岐阜商
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.