2015/05/22

バレーボール部


ラリー戦制し、3位に

◆2015年度春季関東大学バレーボールリーグ戦◆
5月17日 対東大 立正大学品川キャンパス体育館
春季リーグ 順位決定戦
立 大
25-14
東大
25-18
23-25
25-20


高さを生かすプレーを見せた三浦
  1か月続いたリーグ戦も終わり、順位決定戦に臨んだ立大。今季はAブロック2位に終わり入れ替え戦進出は果たせなかった。しかしここで3部3位に入り秋への弾みをつけたいところだ。

相手はここ数年対戦のない東大。突出した選手こそいないがスパイカー、レシーバーともにそろっており、ラリー戦になることが予想された。しかし第1セット序盤相手のミスが重なると、立大は東郷(法4)を中心とした攻撃で得点を重ね主導権を握る。後半には佐藤(済3)のクイック、三浦(済3)のバックアタックで点差をつけると、終盤は東郷、井祐(営3)の両エースの活躍で25―14と圧倒した。続く第2セットは抜きつ抜かれつの展開となる。それでもセットカウント10―11から武部(社1)のスパイクで同点に追いつけば、佐藤も相手のクイック攻撃をシャットアウト。流れを一気に引き寄せ連続得点を決める。途中東大は2回のタイムアウトで反撃を図るも、見事相手を寄せ付けずこのセットも奪った。

安定したバレーを見せる立大だが、3セット目で思わぬ苦戦を強いられる。序盤相手エースに連続得点を許し3点差をつけられると、立大の攻撃が拾われることが多くなり点差を埋められない。終盤追い上げを見せるが、序盤の点差が響きこのセットを落としてしまう。次の第4セットもラリー戦となり苦しい展開に。一時はセットカウント13―16と離されタイムアウトを余儀なくされる。だがそこから井祐のスパイク、内藤(文2)のツーアタックで追いつくと、東郷が相手エースを1枚で止め逆転。「いいプレーにみんなが乗っかっていくことができた」(内藤)。その後は三浦がクイックを立て続けに決めると、相手ブロッカーはセンターを警戒。そこで内藤はライトの武部に積極的にトスを上げる。時間差、オープントスともに相手ブロックを分散させることに成功し連続得点。最後は井祐のスパイクで25点目を奪い、3部3位を勝ち取った。

多くの勝利を収めたが1敗に泣き、入れ替え戦進出は果たせなかった立大。新戦力も活躍し新たなチームの形を示しつつあっただけに、悔しさの残る結果となっただろう。しかしこの苦い経験があったからこそ「1つにまとまらないと上のチームには勝てないことが分かった」(東郷)と学ぶことも多かっただろう。「まだまだ伸びしろはある」。彼らの2部復帰に向けた戦いはこれからが勝負だ。

(5月19日・岡林健太)

◆コメント◆
#1 東郷
―試合を振り返って
1、2セットは理想の形でできたのですが、3セット目から相手が研究してきて自分たちの対策をしてきた時に、自分たちでどう打破できるか、どう頭を使って相手の弱点をつけるか、頭を使うことの大切さを考えさせられました。今後の課題もたくさん見えた試合だと思います。
―リーグ戦全体を振り返って
個人的にはやっぱり2部で戦ってみたくて、それができなかったのは悔しいですね。チームとしてもやっと戦力がそろってきて、いざ行くぞって時に意外と時間が足りなかったこと、自分たちである程度努力しないとチームはまとまらないということ、そういうことを痛烈に感じましたね。
―今後について
チームは始まったばっかりでまだ伸びしろもあるし、ここから伸びるのだろうなというところはあるので。しっかり長所を伸ばしていき、弱点を克服することができれば、もっと上のチームとも戦えるし、ゆくゆくは2部に上がれると思います。リーグが終わって一休みなのですが、東日本インカレとかに向けて頑張っていきたいと思います。

#6 内藤
―4セット目で途中抜かれた後はどのような声掛けをされましたか?
中盤でリードを取られるのは厳しいのですが、1つきっかけをつかみたいと思って。その中で東郷さんのブロックだったりがうまく機能して盛り上がって、とにかく声出してという感じでした。逆転するために何かしたというより、いいプレーにみんなが乗っかっていったという感じです。
―春季リーグを終えて良くなったと思うことは
序盤はチームのまとまりがなくて、負けているときにそのまま取られるということが多かったのですが、劣勢の部分から粘りの部分が出るようになったので、そういうところは収穫かなと思います。
―逆に課題点などは見つかりましたか
安定した強さがないなと思います。どこを相手にも1セット落としてしまう。例えば前回は3-0で勝ったのですが、千葉大や上智大を相手には1セット落としているので。そういった部分は2部昇格を目指していく中で取りこぼしじゃないですけど、そういうのが出てしまうと思うので、堅いバレーというかミスの少ないバレーを目指していきたいと思います。

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.