2015/06/24

ホッケー部男子


大きな一歩

◆平成27年度 春季関東学生ホッケーリーグ 2部 3位4位決定戦◆
6月14日 対成城大 慶応大学日吉グラウンド 11:15~

春季リーグ 2部 3位4位決定戦

立大

1-0

成城大

2-1

得点者(立大)

中田(前半18分)、小原(後半18分)、荻野(後半32分)


前節の順位決定予選で強豪・一橋大に惨敗し、入れ替え戦への道を絶たれてしまった立大。昨年の2部4位という結果から一つでも順位を上げるため、この順位決定戦で勝利を収めたいところだ。勝っても負けても今リーグ最後の一戦。今ある力をすべて出し切る気持ちで彼らはグラウンドに立った。

試合前、円陣を組む立大選手たち
開始直後から立大は試合のペースをつかむ。武部(文3)や長澤(法3)を起点として縦への速いパスで球を運び、サークル内で次々とチャンスを作っていく。前半9分にはMF荻野(済4)の右サイドからのパスをゴール前で受けた長澤がシュート。これは惜しくも相手GKに阻まれるも、着実に立大のペースが確立されていく。その後は二度のPC(ペナルティーコーナー)のチャンスを獲得するもこれらは決めきれず。そんな中迎えた20分、中盤でパスカットに成功した武部が中田(文1)にパスを出すと、シュートを狙う。そこから相手DFに妨害されるが、PS(ペナルティーストローク)を獲得。これを中田が冷静に決め、先制点となった。25分には、中盤にいた武部からの球を小原(観4)が受けるとそのままドリブルで上がり、GKとの一騎打ちを華麗にかわしてゴール右からシュートを狙うが、惜しくも相手DFに弾かれ追加点とはならなかった。それでも、終始立大ペースを崩さず常に相手にプレスをかける良い形で前半を終える。


2点目を決めた小原
このまま勢いに乗り、追加点をものにしたい後半戦。立大は主導権を譲らずペースを掴んでいたが、後半5分、PCを獲得した相手にゴールを決められ同点に。ここから逆襲を狙う成城大の反撃が始まる。ゴールポストに直撃するシュートを放たれるなど立大ゴールが脅かされる場面もあったが、立大は冷静に立て直し攻撃を仕掛けていく。そして13分、谷村(営2)が左サイドからセンターへ出した球を小原が飛び出して拾い、そのままシュート。見事ゴールネットを揺らし、待望の追加点を挙げる。勢いに乗った立大はその後も幾度もシュートシーンを演出し、相手ゴールを脅かしていく。27分にはパスカットに成功した浅見(営1)からのパスを武部、中田と繋ぎ、ゴール前に入った荻野が巧みに浮かしたシュートでとどめを刺すと、ボールはGKの手をすり抜けゴール内へ。息の合った連携プレーでさらなる追加点を獲得し、3-1と点差を離す。その直後には成城大のPCが続きピンチを迎えたが、ここはGK高岡(社3)の好セーブに救われ、ついに試合終了のホーンが鳴り響いた。

この勝利によりホッケー部にとって約10年振りとなる2部3位が確定した。着実に実力をつけ、自分たちのホッケーを確立しつつある立大。大きな一歩を踏み出した彼らなら1部昇格ももう夢ではないだろう。さらなる高みを目指し突き進む彼らの活躍に、今後も大いに期待したい。
(6月22日・佐々倉杏佳)

◆コメント◆
#8 荻野雄資(済4)
過去何十年かで最高位になれたっていうのは良かったと思うし、序盤で先制点を取れて流れを持っていけたことが良かったと思います。いつもここで負けていたので、なんとか勝とうっていう気持ちはチームの中で統一されてあったから、気持ちで負けなかったっていうのが良かったです。前回の一橋戦が一番悔やまれて、あそこを勝っていれば入れ替え戦に行けたし。毎年毎年そこで負けてるから、戦略もそうだし技術面も全然一橋には勝てなかったので、そこは考えていかないといけないと思います。前回そうだったんだけど、試合中一回悪くなっちゃうと立ち直れないっていうのいが一番の課題だと思います。今日みたいな試合ができれば2部でも上位を狙えるし、入れ替え戦も行けると思うし、良い流れの時は良いチームになれてると思います。

#3 小原将大〈観4)
今までの試合、あんまチームとしていい雰囲気じゃなかったし、今日は慎重になってみんなが落ち着いてプレーできたからこういう結果になったのかなって思います。3位になったのが10年振りとからしいのでまあ嬉しいし、3位ってことはまた来年もそれより上に行かなきゃいけないと思うので、もっと頑張りたいなと思います。後期は自分たち今4年生で最後の代なので、来年に向けてもいい雰囲気になれるようにチーム作りからしっかり夏もやって、後期に入れ替え戦に行きたいなと思います。後輩たちには技術とかもなんですけど、気合いとかグラウンド内で見せる雰囲気とかそういう気迫とかを大事にしてほしいなと思いますね。

#19 長澤甫宥(法3)
とりあえず近年3位になれてなかったのでここ数年で最高位である3位になれて良かったです。グループリーグのプール戦で結果を残せて秋に上がれたんですけど、他と試合したときに気持ちが浮ついて負けてしまって、そこがターニングポイントだったと思います。そこで勝てなかったことで自分たちの実力を認識しました。

#2 中田光星(文1)
今日は調子が良かったので全体的にプレーも楽しくできました。個人としてはリーグ戦で2点決められたんですけど、もっとチャンスはあったと思うし、決められるところで決められなかったので、秋はもっと決められるようになりたいです。全体としては、もっと声を出すべき場面で静かになっちゃってるところが多々あったので、もっと声を出していこうと思います。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.