2015/06/27

バスケットボール部


土壇場の大逆転

◆平成27年夏季バスケットボール選手権大会◆
6月13日 対A’nknown 武蔵野総合体育館

平成27年度東京都バスケットボール夏季選手権大会

立大

85

18 -21
17-28

83

A’nknown

21-16
29-18


毎年立大バスケットボール部、Bチームが活躍する都民大会。昨年の大会で、立大チームは数々の社会人チームを下して優勝を勝ち取った。今大会も、もちろん狙うは優勝。初戦の今回は、日体大を制して勝ち上がってきた社会人チーム、A’nknown相手に、終始苦しい戦いを強いられたが、ギリギリのところで勝利し、2回戦へと駒を進めた。

諦めずに走り続けた脇坂
#5脇坂(営4)が「前半は自分たちのペースに持って行けなかった。できていればもっと楽な試合展開ができたと思う。」と振り返るように、立ち上がりは決して良くはなかった。開始早々、立て続けに相手にゴールを許し、わずか3分で10点もの差をつけられてしまう。早いうちにこの差を詰めておきたい立大だが、相手チームのディフェンスは強固で粘り強い。放つシュートは次々と弾かれてしまう。#10石川(営3)得点を重ね、5点差までの追い上げを見せたところで第1Qが終わる。第2Qに入り、初めは流れが立大に代わったかのように見えた。ディフェンスの厳しいゴール下を避け、3Pシュートを中心に攻めていき、第2Qの中盤には5点あった差をなくし、同点までに追い上げる。しかしここからA’nknownのシュートラッシュ。立大は3本のゴールファウルからのフリーシュートや3Pシュートを決められ、再び点差は開いていく。この間、立大は得点を決めることができず、第2Qが終了時には、35-49と、15点差まで大きく引き離されてしまった。第3Q。両チーム共に疲れが見え始める。立大にはミスとファウルが増えていき、もどかしい展開となる。だが、相手チームもシュートの成功率は下がっていき、点差は徐々に縮んでいく。
9点ビハインドで迎えた勝負の第4Q。そんなピンチの中でも、彼らは諦めない。決して足を止めることなく果敢にシュートを放ち続け、リバウンドを狙って跳び続ける。精度の下がってきた相手チームに反比例するように、立大の調子は上がっていく。#9宮(社3)が2本の3Pシュートを決めるなど着々と得点を重ねると、残り時間4分には72-73、やっとA’nknownの背中が見えてきた。あと1ゴールで逆転だ。そして遂に#17松野(文1)のシュートで逆転。立大サイドの応援席は歓喜に沸く。ここから相手チームのプレーは崩れ始めた。ファウルを連発する相手に、確実にフリーシュートを決めていき、点差をキープし、ゲームセット。ドラマチックな試合で、初戦を見事突破した。

一時は主導権を完全に奪われ、初戦敗退も危ぶまれた今試合だが、立大の見せた粘りは見事なものだった。まだ都民大会は始まったばかり、次からの試合でも、立大チームは熱い試合を見せてくれるに違いない。狙うは優勝。彼らが笑顔で大会を終えることを期待する。
(6月26日・松本明日実)
◆コメント◆
♯5・脇坂
―今日の試合を振り返っていかがでしたか。
前半やっぱり相手のインサイドに思うようにやられてしまって、自分たちのペース…堅守速攻っていうペースに持っていけませんでした。後半になって相手もちょっと疲れてきたのかはわからないんですけど、それで自分たちが走り勝ちしたって印象ですね。

―タイムアウトなどで、どんな話をしてそこから盛り返していきましたか。
やっぱり、自分たちのペースに持っていこう。その中でやっぱりリバウンドとディフェンス…前から当たってミスを誘って、それでどんどん自分たちの流れを作っていこう、ということは言っていました。

―ご自身は3Pシュートとかをたくさん決められていたと思うんですけど、今日は調子は良かったですか。
自分的にはあんまり感じなかったんですけど、空いたら打とうっていうのはちゃんと決めていたので。いいタイミングでボールも来たので、あとは打つだけでした。


#9・宮
―接戦を見事制しましたが、お気持ちはどうですか。
とにかく本当に嬉しいです。というのも、トーナメント戦と新人戦と1回戦で負けていて、その中での勝ちだったのですごく嬉しかったです。

―第4Q残り2分のところで並びましたが、その時どういう気持ちでプレーしましたか。
同点に追いついたら、そのままみんなで勝とうっていう気持ちで一体になったんで、勝つ雰囲気も作れていたし、たぶんいけるなと思ってました。

―相手チームの印象っていうのはどうでしたか。
最初の印象としては、自分たちも若いチームなので勝てるとは思っていたんですけど、前半に負ける展開になってしまって。そういうなかで強いっていう印象はありました。

―次の27日に向けての意気込みをお願いします。
去年はこの都民大会優勝してるので、このまま今日の勢いを優勝に持っていけたらいいなと思っています。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.