2015/09/18

女子バスケットボール部


苦しいスタート

◆第65回関東大学女子バスケットボールリーグ戦◆
9月5日 対江戸川大 江戸川大駒木キャンパス
第65回関東大学女子バスケットボールリーグ戦
立大
59
10-19
16-25
78
江戸川大
15-22
18-12

8月末から始まった今年の秋季リーグ戦。立大はは2部上位を目指し、江戸川大戦に挑んだ。初戦、日大を相手に辛くも敗北したため、目標のためにも勝ちたいところだったが、結果は59-78で敗北。苦しいスタートを切ることとなった。

格上相手に果敢に攻める渡邊
第1Q、わずか30秒足らずでシュートを決められてしまうと、瞬く間に相手の流れにのまれてしまう。立大も負けじとシュートを打っていくが焦りからか、なかなかチャンスを生かせない。結果10-19と9点差をつけられてしまった。
続く第2Q、またも江戸川大に先制点を許してしまう。しかし、相手の勢いが強いなか、渡邊(済1)が学年の差を感じさせない巧みなパス回しで点数を稼ぐなど挽回。終了1分前を切ったところで、立大が一挙に7点を奪い追い上げを図るが、26-44と遅れをとった形で前半を折り返した。

少しでも勢いの良さを見せ、流れを取り戻したい立大は、第3Qに入ると牛田(法3)を中心に相手のリバウンドを奪いシュートを決めていく。しかし、相手の素早いパスやドリブルに翻弄されてしまう。41対66と点差は縮まったものの後を追う状態は変わらない。勝負は第4Qに託された。
第4Q、前半は相手の圧力に押されてしまう。ところが後半にさしかかると立大の猛攻が始まった。疲れがピークに達する最終ピリオドで素速いドリブルやパス回しで連続9得点。相手を圧倒し、ラスト20秒を切っても最後まであきらめない姿勢でシュートを決め、最後の追い上げを見せる。しかし、前半の点差が最後まで響いてしまい、惜しくも59-78で敗北。秋季リーグ2連敗と苦しい結果に終わった。

ディフェンス面で課題が見えた江戸川大戦。目標とする2部上位に食い込むためにも、もう負けられない。今回の敗北を糧に、厳しいリーグ戦を戦い抜いていってほしい。
 (9月12日・百瀬早紀)


◆コメント◆
蓼沼(たてぬま)コーチ

――今日の感想
江戸川大対策というのは、この1週間特にしてきましたし、夏の合宿や練習期間でも江戸川大というのは頭の片隅に入れながら練習してきたつもりだったんですが、結果的には想定していた通りの負けパターンになってしまったので悔しいです。
――江戸川大を意識した理由
今年は2部の上位リーグに入るということが目標としてあるので、先週の日大と江戸川大に勝つというのがベンチワークだと思っていたので、そういった理由から特に江戸川大は意識してきました。
――リーグ2戦を終えて
予定通りだなという部分がある反面、予定とはちょっと違うなとか、こんなはずじゃなかったなという部分が多いことは否めないですね。
――予想外の部分とは
うちはディフェンスで失点をもっと抑えていかないと勝てないチームなので、合宿であったり夏の練習でディフェンスの強化を図ってきたのですが、いざ試合になってしまうと練習してきたディフェンスがアウトプットできていなくて余所行きのディフェンスになってしまうようなところがあるのかなと。一番予定とは違ってしまっている部分だと思います。
――ディフェンス面は最も重視しているのか
そうですね、今の2部のリーグというのは強いチームは必ずディフェンスが強いというのが共通項なので。今日の江戸川大もそうですが決してオフェンスにうまい子がいっぱいいるチームではなくて、基本的にはディフェンスを頑張ってリズムをつかんでいるチームが多いので、うちもそんなに全国で有名な選手がいるチームではないので、やっぱりオフェンスを重視するよりはしっかりディフェンスをするチーム作りをしてきたつもりだったので。今日のような崩れ方をしてしまうと、歯車の修正が必要なのかなと思います。
――今後に向けて
基本的には戦い方とかやってきたことを変える必要はないので今言った歯車の部分というのを明日以降の試合でどれだけ修正できるかというのがカギになると思います。、そこさえしっかり機能してくれれば絶対に勝てる準備をしているつもりなので。ディフェンスの部分でもっともっとみんなが気持ち入れてもらったりとか足動かしてもらうとか4年生を中心に立て直してもらえればという風に期待しています。

#13 主将・堀田
――今日の感想
日大の時も出だしが課題だったんですけど、今回の江戸川大戦も結局出だしが悪かったっていうのがひとつの敗因かなと思っていて、1ピリオド目の点差が後々響いたっていう印象があります。
――日大戦も競っていたと思うが
最終的には競ったんですけど、1・2ピリオドの前半だけを考えると、出だしで点差が離れてしまっているので。なので今日は出だしを勢い良くして流れをこっちに持って来たかったんですけど、最初の3・4分で相手に点を決められてしまって、そこから自分たちの流れに持っていけなかったということが一番大きな敗因でした。また、練習でやってきたことがなかなか出せていなくて、相手のフィジカルやディフェンスの強さに圧倒されて終わってしまったなと思います。
――練習でやってきたこととは
ディフェンスを中心に練習をしてきていて、ダブルチームで行くタイミングやボールについている人のプレッシャーだったりを練習したのですが、相手の方が上回っていた。自分たちがオフェンスの時は圧倒され、自分たちがディフェンスの時も同じようなことが相手にできず、簡単に攻められてしまった。ディフェンスを練習してきたのに、その部分で負けたというのが一番大きいかと思います。
――今季の目標
リーグ戦の目標としては2部上位に行くことなのですが、もう連敗してしまって、明日関東学園大に勝たないとその目標を達成することが厳しくなってきますので、崖っぷちという状態ですが、明日こそ勝ちたいと思います。
――明日の関東学園大戦について
去年も結構大差で負けていて格上の相手ですが、今までやってきたディフェンスの部分が徹底できていれば勝てる可能性は十分にあると思うので、出る5人が、チームが一丸となって頑張っていきたいと思います。

#12 渡邊
――今日の感想
立ち上がりが悪かったので明日からの試合は1ピリの入りを意識してディフェンスとかプレッシャーをかけて頑張っていきたいです。
――第4Qで意識したこと
タイムアウトの時にコーチから第1戦のプレッシャーと2戦の入りを頑張るよう言われたのでその所は全員で意識しました。
――相手の印象
当たりが強く相手に押し出されて中に入れないことが多かったのでそこの所をもう一度裏とかをついて頑張りたいです。
――明日の試合に向けて
今日は自分たちのやるべきこととかできなくてディフェンスとか最後のシュートで失点してしまったので明日はそこを修正して頑張りたいです。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.