2015/09/23

野球部


投打が光り 明大に先勝

◆平成27年度東京六大学野球秋季リーグ戦◆
9月19日 明大1回戦 明治神宮野球場

1回戦

1

2

3

4

5

6

7

8

9

0

0

0

0

0

0

1

0

3

4

0

1

0

0

0

0

0

0

1

2

(立)○田村、小林昌-松本、鈴木
(明)柳、●星、齊藤、島田-坂本
本塁打:田中和1号ソロ(7回表)

開幕カードの慶大戦を惜しくも落とした立大。対する明大には春は1勝もできずに勝ち点を奪われた。春の雪辱を果たすため、「優勝」のため――。絶対に負けられない戦いが始まった。

自身初となる1回戦の先発で力投した田村

先発マウンドには慶大2回戦で先発を務めた田村(コ3=報徳学園)。立ち上がり。1死二、三塁の危機を迎えるも落ち着いた投球でここを乗り切る。しかし2回、先頭打者の坂本(4年=履正社)に二塁打を許すと、その後内野安打により生還。先制点を奪われてしまう。対して1点を追う立大だが相手先発・柳から走者を出してもあと1本が出ず、6回まで無安打に抑えられる。

試合が動いたのは7回。田中和(法3=西南学院)が左翼席への本塁打を放ち同点。試合を振り出しに戻す。8回、田村が2安打を浴び1死満塁の危機に。しかし、「実力以上のものが出た」と、力投を見せ2者連続で左飛に打ち取る。

適時三塁打を放った佐藤竜
これで勢いに乗った立大は9回、田村の力投に応えるように笠松(コ2=大阪桐蔭)が渾身(こんしん)のヘッドスライディングを見せ出塁。続く田中も死球で一、二塁。この日一番の好機を迎える。ここで代打にリーグ戦初出場初打席の佐藤竜(観3=國學院久我山)が送られる。「フルスイングを意識して打席に入った」と左中間に走者一掃の適時三塁打。ついに勝ち越しに成功する。その後も鈴木(コ4=日大三)の執念の適時内野安打で1点を追加し、この回一挙3点を奪った。

迎えた9回裏、明大の攻撃。マウンドには抑えの小林昌(社4=佐久長聖)が立つ。いきなり明大打線に3安打を浴び1点を返されてしまう。しかしここは経験豊富な小林。ピンチにも動じない投球を見せ、最後は左飛に打ち取り試合を締めた。


明大からの先勝は大きいものとなった。田村が見せた8回129球の力投。打撃面でも絶好の好機で発揮された勝負強さ。監督が目指す、「投手陣は3点に抑え、野手陣は4点奪う」という理想通りの勝利だ。この勢いのまま明大から勝ち点を奪い、「優勝」に向け大きく前進してほしい。

(9月23日・板橋文惠)

◆コメント◆
9安打を浴びながらも8回1失点と力投した田村 #11
「とりあえずしんどかったです。気持ちで負けたくなかったので、それだけは自分に言い聞かせて投げていました。(勝ち越した瞬間は)本当にうれしかったです。もう「ありがとう」っていう感じでした。(プレッシャーは)もちろんありました。でもそれを考えてしまうと自分の体がうまく動かなくなると思ったので、とりあえずできることをその場その場でやっていくということを言い聞かせてやりました」

リーグ戦初打席で勝ち越し打を放った佐藤竜 ♯29
「自分はチームメイトからも三振かホームランしか打たないみたいに言われているぐらいなので、フルスイングというのを意識して打席に入りました。(今季初めてのベンチ入り)まず一つの目標がリーグ戦のメンバーに入ることだったので、まずそれは達成できたなという感じです。手首を怪我していて、半年ぐらい野球できなくて。それで春の悔しい思いを秋に出せたらいいなと思ってずっと練習していました。また代打とかでチャンスを貰えれば、思い切って振っていきたいです」

苦しみながらも今季初セーブを挙げた小林昌 ♯15
「もう仲間に感謝ですね。最後の回に3点取ってくれなかったら自分が負け投手だったので。仲間に感謝したいです。この夏のオープン戦は怪我であまり投げられなくて、9月付近でようやく投げられて、回復が早かったのでよかったです。リーグ戦の感覚も遠ざかっていましたけど、今日で良くなったかなと思います。ミーティングで、菅野とかはちょっと危ないなというのはあったので。高めにいかないように、長打にならなければ良いと思って。単打だったのでよかったです」

7回に昨秋の東大2回戦以来となる同点本塁打を放った田中和 ♯26
「2打席目に外角ストレートを2球空振りしていたので、外角ストレートから入ってくるのを予想してホームランを狙いました。大学に入って3本目だったのですが、今日打ったホームランが一番良かったです。春は打率が残せなくてスタメンを外れたので、1試合にまとめて打つのではなく、コンスタントに打てることを意識してやってきました。夏の練習でヒットの延長線上がホームランという感覚をつかめてホームランもヒットも狙える状況を作れたので、打てればいいなと思っていました。開幕まで調子が上がらずスタメンを外れましたが今はスタメンで出れているので、このシーズン全部スタメンで出て勝てればいいなと思います」


 
立大メンバー表
10 鈴木 日大三 16 熊谷 仙台育英
13 小倉 山形南 6 篠崎吾 桐光学園
15 小林昌 佐久長聖 5 笠松 大阪桐蔭
19 齋藤俊 成田 1 大城 興南
11 田村 報徳学園 12 門田 如水館
21 黒萩 遊学館 7 佐藤拓 浦和学院
20 池田 小松 9 豊村 東農大二
3 平沼 磐城 24 二角 広島新庄
27 松本 丸亀 26 田中和 西南学院
22 高田 浦和学院 28 大石 鎌倉学園
2 山﨑 所沢北 29 佐藤竜 國學院久我山
25 寺田 神戸国際大附 8 山根 浦和学院
4 酒井田 県岐阜商


Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.