2015/09/23

ハンドボール部


悔しい敗戦

◆平成27年度関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦◆
9月5日 対日体大  日本大学八幡山総合体育館アリーナ

平成27年度関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦

第3戦

立大

32

18-20

39

日体大

14-19



春季リーグ戦で一部昇格を果たし、一部での試合も第三戦目。相手はスピードが持ち味の日体大だ。第二戦目では国士大を破り、勢いに弾みをつけた立大だったが、相手の速攻などで押され、終始リードを奪えず32-39で惜しくも敗北した。

サイドから強烈なシュートを放つ長澤
開始直後、比嘉(コ2=興南)の二連続シュートも決まり、良い流れでゲームはスタートした。その後は相手がリードする展開が続くが点差も大きく開かず試合は進んでいった。前半26分、日体大陣に退場者が出たのを皮切りに、比嘉から長澤(コ4=不来方)へのコンビネーションシュートも決まり、相手を2点差まで追いつめ、前半を18-20で終える。

後半、相手の速攻などで連続得点を重ねられ一挙7点差まで開かれる。「あっちが後半のスタートに気持ちを入れなおしてきたが、逆にこっちはフワフワした感じで行ってしまった。」と田畑(コ4=法政第二)が語るように、立大もパスミスやキャッチミスが続いてしまう。しかし、交代者の昆(コ2=不来方)や前田(理3=大分雄城台)などが立て続けに鋭いシュートを決め、反撃の糸口を掴んだかのように思えたが、及ばず32-39で試合が終了した。

ここまで1勝1敗で進みリーグ三戦目で惜しくも敗北してしまったが、下地利(コ1=興南)が「体格の差があっても自分たちの通用するところがいっぱいあるので、そこを肌で感じることができて楽しい。」と語るように、これからもまだまだ活躍が期待できる。立大の気持ちを前面に出したプレーで次の対戦者に挑んでいってほしい。

(9月10日・上西美保子)

◆コメント◆
#17 下地利
―今日の試合の感想は?
前半はミスが少なかった分、点数も2点差で折り返せたんですけど、後半の出だしに自分をはじめ全体的にミスが多くなってきたときにすぐに切り替えられなかったことが敗因に繋がったかなって思います。
―後半の終盤、点数が追いついてきたときチームの雰囲気どうでしたか?
中間地点で雰囲気悪くなって、メンバーも入れ替えながらその変わったメンバーが速攻走ったり、点決めて盛り上げてくれたのでそこが立教のいいとこであって、そこでまたチームが盛り上がってみんながいい形で追われたと思います。
―秋季リーグ3戦目ですが1部の印象はどうですか?
身長もあってその分スピードもパワーもあって全然桁が違うんでそこらへんは自分たちと比べたら相手が上なんですけど、小っちゃくても通用するところもいっぱいあるんで、そこを肌で感じることができてやっぱり楽しいです。
#13 前田
―今日の試合を振り返って
去年とか一昨年とか日体と試合をした時に、20点差とか10点差とか圧倒的な試合を見せつけられたんですけど、今回前半2点差で折り返すことができたし、まあ勝てる試合だったかな一つ良かった点ではあるんで、練習はしっかりやってきた分ついてくるんだなと思いました
―後半試合に出てすごい動きが良かったように見えたが
高校の時の同期が相手チームにいて試合前からやる気が入ってて、その時からしっかり体を動かしてたらいいプレーをすることができました
―相手チームについて
やっぱりフィジカルとかが全然違うんで、少し当たっただけじゃ倒れないし逆にこっち側があたられたら倒されてしまうんでそこが来年とかを見据えた時に課題になってくるのかなと思いました
#14長澤
―日体大の印象は
スピードとか速攻とかがすごく早いチームで、こっちがミスをしてしまうとすぐ速攻に持ってかれて点をとられてしまう。特に後半はそういう展開に持っていかれましたね。
―リーグ戦が始まったということでチーム全体の調子は
1戦目東海大とやって全然自分たちの力を出せなくて、2戦目国士舘大とやってすごくいいゲームができて勝利できたっていうことで、すごい自信がついたし、自分たちのスタイルっていうものを見つけてできることができたのかなって思うんですけど、今日みたいにまた、自分たちのスタイルを出さないとこういうことになるかなぁって。チーム全体でこれから自分たちの戦い方っていうのを見つけていかなきゃいけないなっていう状況です。
―今後の課題としてはチームのプレースタイルを確立していくこと?
僕たちは身長もすごく小さいし、ずば抜けてすごい選手がいるわけでもないので、やっぱりチームのスタイルをできるだけ崩さないで、一つになって戦うかっていうところが一番の大事なところだと思うので、もっと確立して来週も試合に向けて頑張っていきたいです。
―次の試合に向けて一言
明日は筑波大なんで、日本代表とかに選ばれてる選手とかがレギュラーの中にゴロゴロいるので、能力で言ったらどう考えてもうちが劣っているので、少しでも食らいついていい試合ができればなと思います。
#6 田畑
―今日の試合振り返って
前半が2点差だったので、この前の国士舘戦も接戦で持ってって最後勝つことが出来たので、逆転して勝てるんじゃないかという思いはあったんですけど、後半のスタートの時に話されてしまって集中力が切れてしままったのが、ああいう結果になってしまったのかなと思います。
―リーグ戦のここまでの出来はどうか
1年生の時と1年生の時に1部を経験したんですけど、その時より確実に1部で戦えるようにはなっているなっていうのはあるので、今まで1部にいて今回の1勝を除くとそれまで1勝しかしてないんですよね。けど1勝2勝3勝という風に今季のリーグは勝てるなという気持ちはあるので、1個ずつ勝っていきたいなと思います。
―具体的にどういったところが通用している?
今のチームは的確に守って速攻する、粘ってカットイン、サイドで攻めるという自分たちのやりたいことを60分続けられているっていうのが、いいかなと思います。
―明日以降に向けて
どこのチームも粘っていけば勝てないチームではないと思うので、60分間集中力を切らさないように頑張っていきたいと思います。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.