2015/09/25

女子バスケットボール部


次につなげる一戦

◆第65回関東大学女子バスケットボールリーグ戦◆
9月12日 対日体大 江戸川大駒木キャンパス
第65回関東大学女子バスケットボールリーグ戦
立大
50
8-29
21-26
114
日体大
14-32
7-27

秋季リーグ戦も第4戦目。ここまで3連敗を喫しどうにか連敗をとめたい立大。相手は昨年度2部3位の実力を持つ日体大だ。序盤から大きくリードをつけられ、その後何度も追いつこうと食らいついていったが点差は縮まらず、50-114の大差で敗北してしまった。

試合開始直後、相手が立て続けに得点を決めるも、渡邊(済1)が安定したシュートで得点し、牛田(法3)もフリースローを確実に決め、序盤の点差は1点差にとどまっていた。しかしその後、相手の勢いのある攻撃により、立て続けに得点を積み重ねられ8-29という大差をつけられ第1Qを終えた。
少しでも点差を縮めたい第2Q、相手の素早い攻撃でなおも立大に厳しい展開が続く。しかし残り2分、福崎(コ1)が、「3Pシュートを多めに狙っていった」と語ったように2度の3Pシュートを決め、立大に流れが傾きかかったところで前半が終了した。

第3Q、開始2分の間に、早々と相手に9得点奪われ、さらに厳しい展開を突き付けられたものの、大森(コ2)の3Pシュートを皮切りに、立大はシュートチャンスを逃さず、3連続で得点を決め相手に詰め寄っていく。しかし、終盤ファウルを立て続けに取られてしまう。相手もそのチャンスを逃さず、確実にフリースローを決め、さらに得点差を広げられてしまった。
そして迎えた最終Q、永野(コ2)が少ないチャンスを生かし得点したものの、相手の攻撃力に及ばず試合は終了し、50-114で敗北を喫してしまった。

今回の試合で4連敗を喫してしまった立大。各試合の反省を活かし、「チームみんなで(やるべきことを)積み重ねていって前半戦を連勝して終えたい」と永野が語るように選手たちは前を向いている。今回の敗戦から切り替えて、残りのリーグも立大らしいプレイで勝利を積み重ねっていってほしい。
 (9月17日・上西美保子)


◆コメント◆
#30永野

――今日の感想
もともと相手のほうが格上って最初からわかってたんですけど、それだけど出だしから走られちゃったりとかターンオーバーが多くて、自分たちのミスも多くてそれが相手の得点につながることが多くてその流れをなかなか最後まで断ち切れることができないままずるずるずるずる行ってしまって、大差つけられて負けちゃったなって思います。
――相手が格上だと感じるところは
1対1の能力が高かったりとか、選手力があったりとか個人ではやりきれないっていうか、点をとったり守ったりが難しいなって思いますね。
――課題点は
チームの中での課題点としてもそうなんですけど、ディフェンスがずっとこのリーグ戦始まってから出だしが悪くてそこで離されちゃってなかなか最後追いつけなくて負けちゃうっていうケースが多くて。出だしをチーム全体で変えていくっていうのもあるんですけど、個人ではインサイドのディフェンスだったりとかファウルが混んでしまってなかなか思うようにディフェンスができなかったりとかがあったので、ファウルをケアしながら1対1守って、まず相手の点数抑えて、自分たちの得点に繋げていけたらなって思います。

#14福崎
――今日の感想
まず課題は、出だしの部分で相手に点差を離されてしまってから自分たちの気持ちのスイッチが入ったのを自分でも感じていたし、ゲーム内容も全体的によくなかったので、そこを明日の大事な試合に向けて改善していきたいなと。良かった点は、途中から悪い流れを少しいい流れにもっていけて、みんなで連携して声を出して行けたのがよかったと思います。
――明日の試合に向けて
明日は、2部の中でも試合が決まる大事な試合だと思うので、そこで自分たちの力がどれだけ出せるかが勝負のカギとなってくると思うので、1本1本集中してやっていけたらなと思います。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.