2015/09/29

弓道部


リーグ初戦、白星発進!!!

◆平成28年度東京都学生弓道女子部リーグ戦◆
9月20日 対東京都市大 首都大東京 南大沢キャンパス弓道場
〇立大 45 ― 16 東京都市大●

立大

一立

二立

三立

四立

五立

大前
(井垣=文2)

12

二的
(増田=コ1)

10

落前
(内藤=コ3)

11


(嶋=現4)

12

10

10

10

45


東京都市大

一立

二立

三立

四立

五立

16


3部昇格を目指す立大の戦いが始まった。相手は東京都市大。リーグ初戦を45中-16中で見事勝利した。

一立目、井垣(文2)が弓を引く音が鳴る中、「しっかりいけ」と部員からの掛け声が響いた。井垣は一立、二立ともに3本の的中を出す。序盤から幸先の良いスタートを切った立大。初のリーグ戦出場となる増田(コ1)が良い流れを作る場面は多く見られた。途中雲行きが怪しくなった場面もあったが、すかさず永井(観4)が助言をし、態勢を改め的中を狙う。「何度でも中てていけ。」という掛け声の通り嶋(現4)が皆中をだし最終立へと繋げた。流れを受け継ぎ見事皆中をだした内藤(コ3)は試合後「意地で4本引いた。」と微笑みを見せながら語った。

今回勝利したもののチーム全体での目標は56中。「詰めが甘かった。」と語る嶋。これから盛り上がりをみせるリーグ戦、自分たちの納得のいく試合をし、入れ替え戦へと駒を進めてほしい。

(9月22日・仲住若奈) )

◆コメント◆
落前・内藤
「調整の時間は結構調子よくて立、試合が始まったら当てたい当てたいという気持ち強くなってしまっていつものように引けなかったかなと思います。早気で結局早気のまま突入してしまったのもあって、四本引ききらないと思ってちゃんとやることはやるようにして臨みました。私が一年生の時に4部に降格して去年昇格しようって出来なくて今年はリベンジの年なので部全体で一丸となって勝ちに行きたいと思います。」

落・嶋
「最初の付け矢の練習のときに全然当たらなくて、4本抜いてしまって。もうこれ今日ダメだと思ったんですけど、他の4年生も誰も当たっていなくて、落に出れる人が全然いないというところで、ダメだったんですけど気持ちを切り替えて絶対当てなきゃっていう強い気持ちで臨んで、調子が悪い中で粘って当てられたかなという感じです。みんなでしっかり甘い矢は出ないようにして、目標の56中を絶対出して昇格する、笑顔で引退できるように頑張ります。」
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.