2015/10/09

ホッケー部男子


実力を見せつけ完勝

◆平成27年度 秋季関東学生ホッケーリーグ 第1節◆
9月26日 対防大 東大駒場グラウンド 9:30~

秋季リーグ 2部 第1節

立大

2-1

防大

3-1

得点者(立大)

武部(前半26分、後半24分)、中田(前半34分)、安倍(後半25分)、藤田(後半34分)


立大男子ホッケー部の勝負の秋が遂に幕を開けた。春季リーグでは2部3位と入れ替え戦まであと一歩にまで迫る躍進、さらに1週前に行われたBインカレでは準優勝を果たし、全日本インカレの切符を掴み取った。波に乗る立大の相手は防大。勢いそのままにゴールを量産し、実力の高さを証明した。

先制のゴールを挙げた武部
課題の立ち上がり。開幕戦の緊張からか、パスがつながらない。お互いに好機をつくれず、もどかしい時間帯が続く。前半12分、パスミスから主導権を奪われると自陣内に持ち込まれ、PC(ペナルティーコーナー)を献上してしまう。ピンチとなるものの、DF陣がゴールを死守し、失点を防ぐ。ボールを奪取した立大は、尻上がりに調子を上げ、反撃。今度は立大がPCを獲得し、先制のチャンスを迎える。「自信を持って打った」と#18武部(文3)。打球は見事に枠を捉え、価値ある1点目をもぎ取った。波に乗った立大は、#8のドリブルからPS(ペナルティーストローク)を獲得。#2中田(文1)が冷静にゴールを決め、追加点を奪う。しかし、得点直後の一瞬の隙を突かれ失点、2-1のスコアで前半を折り返した。


PSを決めた中田
後半、立大はパス回しから、幾度とチャンスを演出するも決定機までは持ち込めない。すると後半15分、相手のパスカットからPSにつなげられ、失点。ゲームを振り出しに戻されてしまう。しかし、「焦らないでパスをつなぎなおせた」と#8荻野(済4)。動揺せず、冷静なパス回しで相手ゴールを脅かす。後半24分にはPCを獲得。パスを受け取った武部は今日2点目となる勝ち越しゴールを決め、勝負強さを見せつけた。このゴールを契機にOF陣は一気に攻勢に出る。#25安倍(観2)、#9藤田(営3)らが相次いで得点し防大を突き放す。最終スコアは5-2。ミスからの失点はあったものの、終始立大が攻め続け開幕戦勝利を手繰り寄せた。

秋季リーグに入っても好調を維持している立大。次なる相手は、苦手としている東大だ。しかし「今のチーム状況と実力からみて負ける相手ではない」と主将・荻野。この難敵を打ち破ることができれば、入れ替え戦に向け大きな前進となる。真価を発揮し、その手で壁を打ち破ってもらいたい。
(10月8日・柏本晴也)

◆コメント◆
#8 荻野
―今日を振り返って
立ち上がりがあんまりよくなかったのが、前からの課題だったのにそこを修正できなかったっていうのが、夏練やってきたのにもかかわらず課題となってしまった感じです。(前半序盤パスがつながってなかったですよね?)そうですね、焦りすぎていたのかわかんないですけど、そこの精度がよくなかったです。

―2-2に追いつかれたシーンについて
あの時はまたいつもの悪い雰囲気になってしまっていて、でも0-0で行こうっていう気持ちにはなれたので、そこで焦らないでパスをつなぎなおせたっていうのは、夏練の成果ではないかなと思います。

―秋リーグ始まってチームの状態は?
夏で一部とかの強いチームとかと試合をして、速いスピードとかにも慣れたので、負けないチームにはなってきたのかなと思います。Bインカレでも準優勝して本当に調子はいいかなと思います。

―次の相手は東大ですが?
相性がよくないというのは確かにあるとは思うんですけど、今のチーム状況と実力からみて負ける相手ではないと思うんで、あと三週間あるんでそこに向けてミーティング、練習を重ねて、今日の勝利に満足せずにやっていきたいですね。

#3 武部
―試合を振り返って
あっちは初戦だったんですけどこっちはインカレがあって試合の入りがいつもと比べるとスムーズに入れたっていうのがあって、前半にいい流れで2点決められたんですけど結局5点入ったっていうのが流れとしては良かったんですけど2失点というのはチームとして改善していくポイントかなと思いました。

―失点は2点とも隙を突かれたものだった?
点数決めて浮き足立っているときにマークのミスでずれて点数決められたとか、SC取られたとかそういうのもあると思うので、点数を決めた後の持ち直し方っていうのを練習試合とかで練習して、そういう状況を設定してやっていった方がいいのかなと思いました。

―1点目の場面振り返って
結構最近自分のパターンになってきて、今までは五分五分くらいの確率だったんですけど、制度が高まってきていて結構自信を持って打ちました。

―SCの成功率は上がっている?
最近は結構成功率も上がってきていて、練習の後の自主練とかでSCメンバーが練習してたかいがあったのかなと思います。

―同点に追いつかれた場面
春やった時、防衛も2-1から2-2に追いつかれて、やっぱり1回経験した状況だけにもう1回行けるかなという気持ちがあっていつもほど焦らずに、むしろ失点してからの方がいつも通りのプレーができたかなと思います。(直後に3点目を決めたが)結構事故狙いでシュートを狙いに行ったんですけど、それがちょうど枠に行って結果としてゴールになったので結果オーライかなと思います。

―インカレも決まったがチームの雰囲気は?
今年こそはリーグ戦全勝で1部に昇格っていうのをずっと見据えているので、やっぱり1部昇格ですね。

―東大戦に向けて
1年の時からずっと東大とはやってきていて、今まで大差で負けていたんですけど、春で0-1まで来て、ようやく手が届きそうなところで今はチームの流れもいいと思うので一つ勝っておいて、必勝で行きたいと思います。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.