2015/10/10

弓道部


あと一歩届かず

◆平成28年度東京都学生弓道リーグ戦◆
9月27日 対東洋大 成蹊大弓道場
秋季リーグ戦もいよいよ佳境に入った。相手は強豪・東洋大。勝てば3部昇格の可能性が高まる大事な一戦だ。去年、4部残留が決定した因縁の地、成蹊大弓道場で立大は大一番に臨んだ。

一立目、相手が26中と高得点をたたき出すも、立大は慌てなかった。自分たちの射を貫き、安定して20中以上を出し、相手の大幅なリードを許さない。三立目、大前・中里(コ2)の皆中が流れを引き寄せ、岩瀬(文4)も見事皆中。2連続皆中を果たした岩瀬の活躍もあり、立大はなおも高い的中を出し続ける。そして1中差、立大が追う形で迎えた最終立。緊張感の中、立大は懸命に矢を射るも、相手と同数の的中。あと一歩及ばず、敗北を喫した。

わずか一中差の敗北。今年もまた涙をのむ結果となってしまった。しかし、4部残留が確定したわけではない。最後まであきらめない姿勢を貫き、立大は来る今リーグ最終戦に挑む。

(10月8日・岡村章秀)
●立大 108中―109中 東洋大○
一ノ立
一立 二立 三立 四立 五立
大前
(中里=コ2)
14
二的
(金子=現4)
15
落前
(岩瀬=文4)

16

(森田=文3)
10
二ノ立
一立 二立 三立 四立 五立
大前
(荒井=法3)
15
二的
(梁川=文2)
落前
(酒井=文3)


15

(佐藤=法4)
15
20 22 25 20 21 108

東洋大
一立 二立 三立 四立 五立
26 21 19 22 21 109


※リーグ戦は1大学から8人出場し、それを2チームに分けて戦う。勝敗は合計得点で決まる。
※皆中とは、一立で4本中4本的に当てること。

◆コメント◆
二的・金子
「最近最初のほう調子よかったり悪かったりして調子の波があったので、今日は安定して進んでいったのでよかったと思います。昨日7中を出してしまって正直焦っていたんですが、今日一番山場の試合で15中出せたのはよかったのですが、もう1、2本は当てられたのかなと思います。最初の一本を当てられなかったのが大きいのかなと思い、やっぱりそこの1本で負けてしまうのは悔しいです。今当たる後輩が多いのでその人たちを中心に一丸となって当てていってほしいなと思いながら、今いる1年生は抜けた4年生の穴を埋めなきゃいけないので超えてほしいなと思います。」

落前・岩瀬
「昨日16中出て、これで東洋に勝てたら昇格できるかもしれないと思って今年で一番やる気を出して臨みました。皆中2回連続で出せたのは良かったし、11連中出せたのもよかったのですが、二立目で羽分けを出してしまったのが心残りです。そこで3中出せてれば同中競射になっていたかもしれないので満足のいくものではなかったけど今までと比べたら成長はできたと思うのでそこは一つ自分のこと認めてあげられるかなと思います。去年も僅差で負けたしリーグ戦になると強いところもあるから1本の差を生み出すのが日々の練習だったり練習試合だったり、そういうところの積み重ねが甘かったから立教は負けたのかなと思います。そういう意味では悔しいけどできることはやりつくしたとは思うから、ある意味では満足しています。今日はすごく貴重な経験ができたと思います。まだ今年昇格できないと決まったわけではないけど、とにかく今日の経験を存分に活かしていってほしいと思います。」
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.