2015/10/19

ローラーホッケー部


男子 悔しさ残る準優勝

◆第57回全日本学生ローラースケート選手権大会◆
10月10日、11日 長野・千曲川リバーフロントスポーツガーデン
10/10 1日目 準決勝 対東洋大

 

全日本学生選手権・男子
立大1-0東洋大
0-1
2(FS)0
得点者(立大)
盛井、相馬(FS戦)、小林(FS戦)


果敢に攻め込む亀井
全日本学生男子、準決勝の対戦相手は東洋大。女子が勝利を収めた準決勝が終わってすぐの試合。「簡単に負けるわけにはいかない、相当気合が入った。」と、気合十分な姿勢で試合に臨み勝利を手にした。

前半開始、出だしから両チーム譲らない激しい展開が続く。同8分、先制点を手にしたのは立大。盛井(コ3)がゴール前で出したパスがキーパーの足元をかいくぐり、そのままゴールネットへ。勢いに乗って得点を取っていきたい立大であったが、相手GKやゴール前での強固な守りに阻まれ、追加点は奪えないまま後半へ。

前半と同じく攻防の切り替えが激しい試合展開。ほぼ互角の状況の中、後半開始10分、東洋大に一点を奪い返され試合は振り出しに戻る。その後何度かゴールの機会をつくるものの、得点には繋がらないまま後半戦は終了し延長戦を迎えた。「フリーシュート戦までいけば勝てると思ったから、延長戦はとにかく必死に凌ごうという感じだった(盛井)」。危ない場面は何度もあったが、キーパー太田(済3)の安定したディフェンスで東洋大を無得点に抑え込み、フリーシュート戦まで持ち込んだ。立大は後攻。緊張感の漂う中、立大の一番手を受け持った相馬(法3)が鋭いショットを放ち一点を決めた。続いて小林(済4)がもう一点を奪い、フリーシュート戦は2-0と東洋大を圧倒。立大は勝利を手にし、翌日の決勝戦への出場を決めた。

10/11 2日目 決勝 対国学院大

全日本学生選手権・男子

立大

0-2

国学院大

2-2

得点者(立大)

小林、亀井



こぼれ球に素早く反応する小林
翌日行われた決勝。相手は強豪・国学院大。白熱した戦いを見せたが一歩及ばず、立大は今大会準優勝となった。

立ち上がりは両者譲らぬ攻防が続いたが、開始5分、先制点を奪ったのは国学院大。その後流れを変えようと何度も攻撃を仕掛けるも、相手の戻りの速さについていけず苦しい展開が続く。前半終了間近、国学院大に追加点を決められ2点のリードを許したまま後半戦へ。

開始9分、相手の反則でフリーシュートのチャンスを得る。張りつめた空気の中、小林が勢いよく放ったパックは綺麗にゴールへと収まった。立大の初得点に声援も増す。流れに乗って点差を縮めるべく攻め込む立大であったが、なかなか得点へ繋がらない。コート全体を使ってパスを回しゴールを狙うも、相手GKに阻まれる。試合終了一分前、亀井(理4)がゴール前へ飛び出し二点目を決めるもタイムアップ。

今大会、立大男子は惜しくも準優勝。連覇は途絶えてしまったが、立大のロラホは終わらない。今大会を通して見つけた課題に、新しいチームが応えてくれるはずだ。

(10月15日・岸本優花)
◆個人賞◆
小林 敢闘賞

◆スピード部門◆
個人1500m 相馬 優勝
リレー1600m2位
スピード総合2位

◆コメント◆
小林
「単純に相手が強かったかなと思います。やるべきことを決めてやってたんですけどそれをさせてくれなかったですね。立教は一人一人の個の強さとかディフェンスで対応できたりシュート打てたりってところが国学に比べて弱かったです。合宿では上からシュート打つとか、そういうことをやりつつほかのこともできたので、ちょっとは成長したのかなと思います。キャプテンとしてはこんなに多くの人を率いたことがなかったので、とにかくみんなの考えていることを少しでも理解しようとするところが、難しいなと思いました。」

鈴木(済4)
「正直な感想を言うと、強かったと感じました。こちらの攻めも、自分たちの攻めは作れたとは思うんですけど、相手には一歩及ばず、という結果に終わってしまいました。でも、自分は走るところは走りきることができて、最後までやり遂げることができたと思うので、後悔はしていないです。4年間、苦しいことも多かったですが、仲間の支えでここまで続けてこられたかなという感じです。後輩には、普段の練習から一生懸命に取り組んでほしいと伝えたいです。 同じスポーツをする仲間として支えあってこれた同期には本当にありがとうという気持ちでいっぱいです。」

亀井
「やっと終わった。という感じです。連覇へのプレッシャーを感じることもありましたが、会場へ来てからは、「そういうことは考えずに、今できることをしっかり出そう」と思えました。結果に悔いは残るし、自分の取り組み方にも悔いが残りますが。後輩には、チームとしてそれぞれがあわせていくことも大事だけど、譲れないものがあるのだったらそれを追い続けてほしいと言いたいです。」
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【ローラーホッケー部】女子 インカレ制覇へ王手(10月19日) | 戦評一覧 | 【バスケットボール部】力の差埋められず(10月16日) »