2015/10/19

野球部


エースが躍動!掴んだ勝ち点!

◆平成27年度東京六大学野球秋季リーグ戦◆
10月13日 法大3回戦 明治神宮野球場

3回戦

1

2

3

4

5

6

7

8

9

1

0

0

0

0

4

0

1

0

6

0

0

0

0

0

0

0

0

2

2

(法)●菅野、青木勇、玉熊、熊谷-森川
(立)○澤田圭-鈴木
本塁打:佐藤竜1号ソロ(8回表)

今季3カード目の3回戦に持ち込んだ立大ナインはなんとしても勝つため、エースの澤田圭が9回140球の力投を見せる。打線も土曜日は苦しめられた相手に8安打で6得点と効率の良い攻撃で得点を奪い、今季初の勝ち点を上げた。

投打にわたって活躍した澤田圭

最悪のコンディションだった。先発のマウンドには絶対的エース澤田圭。初戦先発、2戦目も中継ぎで登板しており、このカード三連投。さらに周囲には明かしていなかったが木曜日頃から体調を崩しており、この日も発熱している中で登ったマウンド。走者を毎回のように出しながら、正確なコントロールで要所を締める投球を披露。得点を与えない。

澤田圭を援護したい打線は初回、酒井田(営4=県岐阜商)が安打で出塁。その後盗塁を決め2死二塁とすると、4番に座る笠松(コ2=大阪桐蔭)が適時打を放ち4戦連続で立大が先制する。

その後なかなか点が取れず苦しむも、試合が動いたのは7回。先頭の佐藤拓(コ3=浦和学院)が右翼越えの二塁打で出ると、笠松がこの日2打点目となる適時二塁打を放つ。さらに続く5番田中和(法3=西南学院)も適時打を放ちで得点を追加。法大先発の菅野(1年=小高工)をマウンドから引きずり下ろす。

8回、立大通算500号本塁打を放つ佐藤竜
勢いが止まらない立大打線は2番手の青木勇(4年=智弁和歌山)から代打・佐藤竜(観3=國學院久我山)が四球を選び2死一、二塁とすると、打席には力投を続けてきた澤田圭。その3球目、打球は前進守備の左翼手を超える2点適時打となりこの回一挙4点。自身の打撃でさらにリードを広げる。

とどめは8回。「初球から思い切り振っていこうと思っていた」と言う佐藤竜の打球は立大野球部通算500号となるメモリアル弾。この本塁打でダメ押しの1点を追加し、6―0と試合を優位に進める。

9回裏。マウンドにはすでに120球以上投げてきた澤田圭。完封目前だったが、法大もやられたままでは終わらない。負ければ優勝の可能性が無くなる試合で最後まで必死の攻めを見せ、連打と失策絡みで2点を返す。それでも続くクリーンアップを抑えゲームセット。待望の勝ち点を獲得した立大ナインの顔には笑みがあふれた。


苦手としてきた3回戦で勝利をつかめたことは、大きな自信となるであろう。さらに今カードでは大城(コ4=興南)が立大最多安打記録に並び、澤田圭も現役最多の17勝目、佐藤竜が立大野球部通算500号本塁打を放つなど偉業づくしの3日間であった。空き週をはさみ、24日からはいよいよこのチームで臨む最後のカードとなる東大戦だ。このままの勢いで連勝し、いい形で秋季リーグを終えたいところだ。

(10月18日 入江萌乃)

◆コメント◆
溝口監督
「エースがきちんと投げて、中軸が打ってというゲームだったので、投打が噛み合った試合だったと思いますね。前半は苦しかったですけどね。このカードは最悪な1回戦で、今シーズンの中では1番ひどい負け方をしたと思うんですよね。そこから2つ勝つのは至難の業だと思ったのですが、よく気持ちを盛り返して2戦目を取って、さらに3戦目に入るとなかなか勝ててないんですけど、その壁を破ろうと話をして。よく盛り返したと思います。 (雨の影響で1日空いたが)あれは良かったですね。もう一回仕切り直すぞという時間が取れたような気もします。結果的には良かったのではないでしょうかね。 澤田は完全に押さえ込んでいるわけではないのですが、特に今日なんかはね。ほとんど毎回ヒットを打たれている中で粘り強く投げて、打たれてもランナー出ても要所を締めるという粘りは戻ってきたかなと思います。 東大は本当に力のあるチームなので、全力でやらないと、本当にやられると思います。勝ち点は上げましたけど課題はたくさん出た3戦でしたから、もう1回チームを仕上げるつもりで1週間練習して迎えたいと思います。 このチームでの最終カードなので悔いの無いように、エネルギーがあふれた良い試合ができるように準備をさせたいと思います」

主将鈴木 #10
「昨日勝った試合と似ているというか、投手も今日は澤田だったのですけど、昨日は齋藤がヒットは打たれるけど長打は打たれなかったとか、今日も澤田が要所を押さえて最後まで0に抑えていて、打たれましたけど勝てたので良かったです。澤田の投球は力があったと思います。高めに浮いた球も相手も力があるバッターが多いので打たれはしましたが、いいところでフライなどで抑えられたのが良かったです。澤田はこのシーズンスピードにこだわっているのですが、今日はコントロールを意識しようと話合って。最初の方はボールが汚いなと感じたのですが、後半になるにつれてボールのスピードののりがかわったというか、スピード以上のボールが来ていたように感じます。(次の東大に向けて)気持ち切り替えなきゃというのはあります。相手も力があるチームなので、とりあえず今日は勝ち点のことを喜んで、明日からは気持ち切り替えたいですね。次も一試合一試合を大切に、大学野球はこれで終わりなので悔いの残らないようにできればなと思います」

9回140球の力投を見せた澤田圭 ♯18
「今日のピッチングは思うより良くなかったし、毎回毎回ランナーが出ていたので苦しかったです。(風邪の影響は?)もう限界迎えました。あまり試合のことは覚えていないです。頭痛がひどかったです。とりあえず無表情で投げました。38度くらいですかね。 でも自分では投げる気でいました。1戦目の方がやばかったので、今日の方が少しはマシでした」

立大通算500号のメモリアルアーチを放った佐藤竜#29
「打ったのはスライダーです。初球から思い切り振っていこうと思っていたので、それがいい結果につながってよかったです。今回の本塁打が立教大学通算500本塁打を飾ることができ大変光栄であるとともに、とてもうれしいです」



 
選手名
学年
出身校
打数
安打
打点
(遊)
大城 滉二
コ4
興南
4
0
0
(二)
 酒井田 照人
営4
県岐阜商
5
1
0
(中)
佐藤 拓也
コ3
浦和学院
4
1
0
(三)
笠松 悠哉
コ2
大阪桐蔭
4
2
2
熊谷 敬宥コ2仙台育英000
(右)
田中 和基
コ3
西南学院
4
1
(一)
飯迫 恵士
社1
神戸国際大附
310
(左)
田中 健
営2
大垣日大
2
0
0
打左
佐藤 竜彦
観3
國學院久我山
1
1
1
(捕)鈴木 貴弘コ4日大三400
(投)澤田 圭佑コ3大阪桐蔭412
 
 
 
 
35
8
6
 


立大メンバー表
10鈴木日大三2山﨑所沢北
15小林昌佐久長聖7佐藤拓浦和学院
19齋藤俊成田4酒井田県岐阜商
11田村報徳学園6篠崎吾桐光学園
18澤田圭大阪桐蔭1大城興南
21黒萩遊学館16熊谷仙台育英
20伊藤翔桐光学園9豊村東農大二
3平沼磐城24二角広島新庄
27松本丸亀26田中和西南学院
22高田浦和学院29佐藤竜國學院久我山
25寺田神戸国際大附8山根浦和学院
5笠松大阪桐蔭28田中健大垣日大
12飯迫神戸国際大附

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.