2015/11/03

野球部


4連勝締め! 4位確定させ、全日程終了

◆平成27年度東京六大学野球春季リーグ戦◆
10月25日 対東大2回戦 明治神宮野球場

1回戦

1

2

3

4

5

6

7

8

9

0

2

0

0

0

2

2

0

0

6

2

0

0

1

0

0

0

0

0

3

(立)齋藤俊、○黒萩、田村、小林昌―鈴木、松本
(東)山本俊、三木、白砂、●辰亥、柴田―喜入



前日に完封勝利を収めて迎えた東大2回戦は0-2で迎えた2回、佐藤竜(観3=國學院久我山)、飯迫(社1=神戸国際大附)の二者連続本塁打で追いつくと、1点を追う6回には主将・鈴木(コ4=日大三)と酒井田(営4=県岐阜商)の適時打で勝ち越し。各学年が得点に絡む活躍を見せ、6-3で勝利した。5回から登板した黒萩(営3=遊学館)は3回無失点の投球でリーグ戦初勝利。立大は法大2回戦から続く連勝を4に伸ばし、勝ち点2の4位という結果で秋季リーグ戦全日程を消化した。


 リズムをつかむことができなかった。立大の先発は齋藤俊(営4=成田)。先頭打者への初球と2球目を球審から反則投球とみなされ、ボールを宣告されてしまう。「3回までしかできないので」(齋藤俊)とその後はセットポジションでの投球に切り替えたが、制球が定まらず2四球で1死一、二塁。ここで4番楠田(2年=桐朋)に左中間へ2点適時三塁打を浴び、早々と先制を許してしまう。

6回、勝ち越しの適時打を放った酒井田
序盤から追いかける展開となった立大だったが、一発攻勢で反撃に出る。2回、先頭の佐藤竜が初球の直球を左翼席へ豪快に叩き込むと、続く飯迫はリーグ戦初アーチを右翼席へ運び同点。たった3球で東大先発・山本俊(3年=西春)から2点を奪い、すかさず試合を振り出しに戻す。齋藤俊も2回以降は落ち着いた投球を見せて4回3失点。「最後にふさわしくない投球」と悔やんだが、後続にマウンドを託す。

攻撃陣は毎回のように得点圏まで走者を進めるものの、あと一本が出ない。3回は2四球などで2死一、三塁とするも無得点。4回は2死二塁で大城(コ4=興南)が三ゴロ。5回は先頭の酒井田が三塁打を放ち無死三塁とするも、クリーンアップが二ゴロ、遊ゴロ、二ゴロとそれぞれ凡退し走者を迎え入れることができず、1点ビハインドのまま試合は後半戦へと突入していく。 

連日の好救援でリーグ戦初勝利を挙げた黒萩
なんとかしたい立大は6回、ついに打線がつながる。先頭・佐藤竜がフルカウントから3番手・辰亥(4年=高松)の直球を右前へはじき返すと、続く飯迫の犠打で1死二塁。本塁打を放った2人が緻密な攻撃で好機を演出すると、打席に主将・鈴木を迎える。3-2からの6球目を叩くと、打球は予め右寄りに守っていた中堅手の左横を襲い同点適時二塁打。4イニングぶりの得点で再び同点に追いつくと、その後2死一、二塁となり前の打席で三塁打を放っている酒井田。1-2から直球をしぶとく中前へと運ぶ勝ち越しの適時打で、立大がこの試合初めてリードを奪う。7回には敵失で2点を追加した。

この秋ブレイクした左腕が、反撃へのリズムを作った。5回から2番手としてマウンドへ上がった黒萩は走者こそ出すものの後続を抑える安定した投球。味方が6回に2点を奪って逆転したため、3回を2安打無失点に抑えた黒萩に、リーグ戦初白星の権利が舞い込んできた。

8回は田村(コ3=報徳学園)。明大1回戦では自身初となる1回戦での先発を経験した右腕が、145㌔を超す快速球で打者を翻弄(ほんろう)。四球で走者を1人出したものの、きっちりと1イニングを0に抑えてリードを守る。9回は小林昌(4年=佐久長聖)。今年の4年生の中で1年春から8季連続で神宮のマウンドに登り続けた唯一の投手として、きっちりと最終回を無失点に抑えて試合を締めた。9回のアウトは3つとも4年生がさばき、最終戦を勝利で飾った。

 「勝~”一”にこだわれ~」というスローガンのもとでスタートした2015年。春は5位、秋は4位という結果に終わった。来年はエース澤田圭や代表経験のある佐藤拓をはじめ、主力として活躍してきた多くの3年生が最後の一年を迎える。来春の開幕へ向けチーム力のさらなる向上を図る。リーグ優勝を悲願のままに終わらせるわけにはいかない。

(11月3日・赤津亮太)

◆コメント◆
同点打を放った主将・鈴木 #10
「(同点打について)一番はあそこで返したいなって気持ちでしたね。食らいついていってああいう結果になったので良かったと思います。最後の2カード勝ち点取れたのはすごくうれしいですね。でも、結果的に4位ということなので、手放しには喜べないですけど。(学生野球は)高校は、ある程度やらなきゃいけない環境でやるっていうのが当たり前なのですが、大学では自分たちに時間が与えられて、その縛られない時間の中で上手く考えてやらないといけないのが大学生の野球だと思います。自分はこの四年間でそれを培わせてもらったかな、と思います」

勝ち越しの適時打を放った酒井田 #4
「最後なので勝って終わろうと、特に4年生が頑張ろうという話しだったので結果が出て良かったです。自分の結果としては満足する結果ではなかったのですが、一番印象に残っていることは去年の秋の優勝逃したシーズンで、あのシーズンで優勝できなかった悔しさがあったので、結果は出ませんでしたけど、この1年も悔いを残すことなく一生懸命やれたと思います。すごく仲の良い学年で、Aにいないメンバーも手伝いをたくさんやってくれたりしていたので、優勝できなかったのは残念ですけどこれからも仲良くやっていけたら良いなと思います」

齋藤俊 #19
「今日は本当に野手とか次のピッチャーに助けてもらった試合でした。 (初回は)足が投げる時に止まっているというのを言われて、3回までしかできないので2回とられたときにセットポジションにしようと思って、そこから修正できなかったのが今日の反省です。勝てたことはいいのですが、自分自身は最後にふさわしくないピッチングをしたなと思っています。社会人で野球を続けるので、この悔しさを社会人でだしていきます」

大城 #1
「最後は僕のところに飛んでくるだろうなと思っていたので。アウトにしたるって感じですね。入学してから、今思えばあっという間という感じでした。自分は今まで1年生の時からずっと出ていて、色んな、毎年違うチームカラーというか、そういう中でやっていたので、この4年間本当に良い経験させてもらったなと。(後輩へ)結果としては全然ダメだったのですが、やっぱり色んな4年生の色んなところを見て学ぶところもあると思うので、そういうところをしっかり、見て学んできたところをまた次の代に生かして頑張ってくれたらなと思います」

小林昌 #15
「(最後を締めた)ピッチング内容は最悪なのですが、あそこでやっぱり皆が自分のためにいい場面を作ってくれたので、仲間に感謝したいです。ここまで神宮で投げられるとは思ってなくて、4年次になって神宮で1試合投げられたらいいなと思って入学したので、本当に思った以上によく投げられたと思います」

寺田 #25 (社4=神戸国際大附)
「(代打で出場)あれは監督さんがちょっと考えてくれて送り出してくれたので。感謝というか、打席に入る前に応援席も見て打席に立ちました。僕らは70人くらいの同期が最初はいたのですが、それでなかなか結果が僕は出なくても、ABCD軍が分かれていても気さくに話してくれたところが、やっぱりがんばろうっていうのと自分が頑張らなきゃだめだっていう。同期の大切さはすごく感じました」

就任2年目のシーズンを終えた溝口智成監督(90年度卒=湘南)
「昨日は割と楽な展開でしたが、今日は中盤まで厳しい展開でドキドキでしたね。リードしてからは落ち着いてできて、選手たちは浮足立ったりしていなかったので、大丈夫だとは思っていました。結果的に2つとれたので形にはなったかなと思います。他のカードよりは固くならずにできたと思います。のびのびやれていたので、他カードでもやれれば良かったなと思います。今年はすごく苦しい一年でしたね。うまく言えないですけど。一生懸命頑張っているのですが、チームとしての推進力が増して来ないことが苦しかった。4年生も何とかしようともがいていたのですが、チームとして戦う難しさを感じました。実力の足し算だけではリーグ戦は勝てないし、やはりチーム力が重要だなと痛感しましたね。これはこれから先につなげていかなきゃならない教訓なのですが、しすぎないというか、今年は今年、来年は来年という意識ですね。今年は去年優勝争いしたイメージをベースにし過ぎたというか。新たなチームには、新たな意識が必要だと思っています。(今年のベストゲームは)明治の一回戦かなと思います。チームでつないで勝ったっていう感じがした試合でしたね。田村が粘って、代打で出たやつが打ってという流れが良かったと思います。(来季に向けて)澤田や佐藤拓也には当然活躍してもらわないといけませんが、それだけでは勝てない。周りがしっかり埋めていかないといけないし、その二人も当然マークが厳しくなるので、全体が実力を伸ばしていかないといけないなと思います」



 
選手名
学年
出身校
打数
安打
打点
(遊)
大城 滉二
コ4
興南
4
0
0
(二)
 酒井田 照人
営4
県岐阜商
4
2
1
(中)
佐藤 拓也
コ3
浦和学院
3
0
0
(三)
笠松 悠哉
コ2
大阪桐蔭
4
1
0
篠﨑 吾朗文4仙台育英000
(右)
田中 和基
コ3
西南学院
5
1
0
(左)
佐藤 竜彦
観3
國學院久我山
421
寺田 陽光
社4
神戸国際大附
1
0
0
小林 昌樹
社4
佐久長聖
0
0
0
(一)
飯迫 恵士
社1
神戸国際大附
311
山﨑 琢巳コ4所沢北000
(捕)鈴木 貴弘コ4日大三421
松本 直樹済4丸亀000
(投)齋藤 俊介営4成田100
黒萩 幸生営3遊学館200
田村 伊知郎コ3報徳学園000
西岡 弘顕社3神戸国際大附000
 
 
 
 
35
9
4
 


立大メンバー表
10鈴木日大三4酒井田県岐阜商
15小林昌佐久長聖16熊谷仙台育英
19齋藤俊成田6篠崎吾桐光学園
11田村報徳学園5笠松大阪桐蔭
18澤田圭大阪桐蔭1大城興南
21黒萩遊学館20大東長良
16藤田県岐阜商7佐藤拓浦和学院
27松本丸亀9豊村東農大二
22高田浦和学院23西岡神戸国際大附
2山﨑所沢北26田中和西南学院
3中村圭東邦大東邦29佐藤竜國學院久我山
25寺田神戸国際大附28田中健大垣日大
12飯迫神戸国際大附


Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.