2015/10/30

野球部


投打の噛み合い

◆平成27年度東京六大学野球春季リーグ戦◆
10月24日 対東大1回戦 明治神宮野球場

1回戦

1

2

3

4

5

6

7

8

9

×

(立)○澤田圭 、黒萩、田村-鈴木、松本
(東)●宮台-喜入
本塁打:笠松4号2ラン(1回裏)、田中和4号3ラン(5回裏)

秋季リーグ戦最終カードの相手は東大だ。優勝戦線からは悔しくも脱落となってしまった立大だが、勝ち点1への執念はまだ消えていない。4年生のとっては学生野球最後のカード。下級生にとっては来季へつながる重要なカード。それぞれの思いを胸に、東大1回戦へと挑んだ。

112本目の安打を放った大城

1回裏、立大が先手を打つ。相手先発は、今季暫定で最優秀防御率を誇る左腕・宮台(2年=湘南)。直球のキレ、ノビはリーグトップクラスの実力だ。そんな好投手から、1番大城(コ4=興南)がその直球を捉え、立大記録更新となる通算112本目の安打でチャンスメイク。2死二塁で4番笠松(コ2=大阪桐蔭)が打席に向かう。2ボールからの3球目、内角高めの威力のある直球を強振。「正直詰まった」打球は風に乗り左翼席に突き刺さる4号2ラン。上位打線で作ったチャンスを、4番がきっちりものにする。若き4番の必殺の一撃で、試合の流れは立大がつかみ取った。

先制点を貰った先発の澤田圭(コ3=大阪桐蔭)は期待を裏切らないパフォーマンスを披露した。3回までは相手に出塁さえも許さない、完璧な投球。前週から快調な投球で相手打者を翻弄(ほんろう)してきた澤田圭。今春から今季前半までは本来の実力を発揮できずにいたエースが、神宮の舞台で輝きを完璧に取り戻していた。5回まで被安打1、無四死球と圧巻の内容。     

好リリーフの黒萩
そんな彼に打線が刺激を受け、活性化したのは5回裏。2本の安打と盗塁で作った1死一、三塁の好機で、バッターは田中和(社3=西南学院)。「まっすぐを張っていた」と初球を狙い撃ち。持ち味のフルスイングから放たれた打球は、これぞ本塁打といった放物線を描き、人もまばらの左中間席へ。同期である澤田圭の今季2勝目を決定づける見事な本塁打だった。

6回からは、黒萩(営3=遊学館)と田村(コ3=報徳学園)の継投で東大打線を抑え込む。今季立大ブルペンを支えて来た彼らの、まさに盤石の投球。3人の3年生投手の完封リレーで試合終了。最終週は最高の形での幕開けとなった。


投手陣の快投に打線が奮起してつながりを生む。打線の働きを無駄にしないために投手陣が踏んばる。これぞ投打の「噛み合い」と言える試合内容だった。勝ち点奪取まで、あと一勝。「一」にこだわる立大野球部。最後の「一」も、必ずやもぎとってくれることだろう。

(11月3日 唐澤大)

◆コメント◆
#1 大城 滉二(コ4=興南)
「(112安打目を放ち)立教野球部の歴史の中で、一番になれて名前を残せたというのは、素直に嬉しいことだと思っています。(ドラフト後迎えた最後のカード)先々週の試合よりは気持ちも楽になって試合に入ることができたので、それが初回のヒットにつながったのかな、と思います。今シーズンはドラフトまでの試合でどうにか打たないといけないというか、そういったプレッシャーがかかっていたのですが、余裕ができたというか、これまでの試合とは違った感触で打席に入ることができました。明日で最後にしたいですね。何としても勝ち点を取りたいと思います」

#5 笠松 悠哉(コ2=大阪桐蔭)
「相手ピッチャーがすごく良いので、簡単な試合にはならないだろうなというのはミーティングで話していました。最初から気を抜かずに行こうという意識が、実際に初回に先制という形で出て良かったと思います。正直詰まったので、外野を超えてくれればいいな、くらいの感覚で走っていたのですが、風に乗ってホームランになってくれたので、ラッキーだったなと思います。もうこのチームでやるのは最後ですし、最後の試合は絶対勝って勝ち点を取って終わりたいなと思います」

#26 田中 和基(社3=西南学院)
「今日は澤田が3イニングまでパーフェクトで、リズムを作れたのが結果的に完封という結果に繋がったのかな、と思います。(本塁打について)最悪外野フライで1点入るなと思って打席に入っていたので、気楽でしたね。2打席連続で変化球から入ってきていたので、3打席目は真っ直ぐを張っていました。左中間の深い所まで飛んだのですが、正直びっくりですね。明日はおそらく齋藤(=齋藤俊)さんが先発なので、ずっとエース格として投げて来た人の最後の試合をいい結果で終わらせられたらいいなと思います」

 
選手名
学年
出身校
打数
安打
打点
(遊)
大城 滉二
コ4
興南
3
1
0
(二)
 酒井田 照人
営4
県岐阜商
3
1
0
(中)
佐藤 拓也
コ3
浦和学院
4
0
0
(三)
笠松 悠哉
コ2
大阪桐蔭
3
2
2
(右)
田中 和基
コ3
西南学院
4
2
3
(左)
佐藤 竜彦
観3
國學院久我山
310
(一)
飯迫 恵士
社1
神戸国際大附
310
寺田 陽光
社4
神戸国際大附
110
走三山﨑 琢巳コ4所沢北000
(捕)鈴木 貴弘コ4日大三320
走捕松本 直樹済4丸亀000
(投)澤田 圭佑コ4大阪桐蔭100
大東 孝輔社2長良100
黒萩 幸生営3遊学館200
篠﨑 吾朗文4桐光学園100
田村 伊知郎コ3報徳学園000
 
 
 
 
31
12
5
 


立大メンバー表
10鈴木日大三16熊谷仙台育英
15小林昌佐久長聖6篠崎吾桐光学園
19齋藤俊成田5笠松大阪桐蔭
11田村報徳学園1大城興南
18澤田圭大阪桐蔭20大東長良
21黒萩遊学館7佐藤拓浦和学院
16藤田県岐阜商9豊村東農大二
27松本丸亀23西岡神戸国際大附
22高田浦和学院24二角広島新庄
2山﨑所沢北26田中和西南学院
25寺田神戸国際大附29佐藤竜國學院久我山
12飯迫神戸国際大附28田中健大垣日大
4酒井田県岐阜商

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.