2015/11/26

アイスホッケー部


氷上での接戦

◆平成27年関東大学アイスホッケーリーグ戦◆
11月14日 対神奈川大 ダイドードリンコアイスアリーナ
チーム名
1P
2P
3P
TOTAL
立大
1(16)
0(5)
2(14)
3(35)
神奈川大
0(12)
1(9)
5(19)
6(40)
【得点者】木村、蓮沼、米倉  ※カッコ内はシュート数

リーグ戦も残りわずかとなり、そろそろ勝ち星を挙げたい立大アイスホッケー部。何としても勝ち点を奪いたいた神奈川大相手に惜しくも敗れてしまったが、全員が“勝つ”という気持ちを持ち、チームが一つに戦った試合であった。


立大に先制点をもたらした木村
第1ピリオドのフェイスオフ直後から野尻(法2)が積極的にゴールを狙う。惜しいシュートもあったが、GKに弾かれ得点にならない。ここで相手も素早い連携プレーでパックを支配するが、大宮(コ1)のパスカットやGK中里(法2)の正確な守りで相手の得点を許さない。さらに立大が攻め続ける。野尻のパスを米倉(コ2)がもらうとすぐさまシュートを打つ。続けて松本(営4)がゴール前に放ったパックに野尻が反応しシュートを打つなど果敢に攻めるものの、パックはゴールの上を飛んでいく。攻守の入れ替わりが激しい展開が続く。相手も鋭いシュートを打ち、立大のゴールを割ろうとする。それでもDFを中心に集中した守りを見せ、失点を阻止する。立大ゴール前からのフェイスオフ直後、野尻がパックを持ちゴールへ向かって走る。ゴール前で思いっきりシュートを打つがGKに当たり入らない。その後も、何度も冷静にゴールを狙って打つがなかなか入らない。しかしこの膠着状態の中、ついにこの瞬間が訪れる。最初にゴールネットを揺らしたのは立大だった。松本がストレートのパスを放ち、それを受けた木村(営3)がGKの位置を確認し、左隅を狙ってシュート。見事ゴールの枠を捉え、先制点をもたらした。

 先制点を取り、良い流れで第2を迎えた。しかし両者一歩も譲らず均衡が続くかに思われた中盤、ここで相手が反撃に出る。素早くパックをゴール前に持っていき、連続シュート。立大は相手の猛攻を必死に押さえようとするも、勢いに飲まれ得点を決められてしまい、1-1で第2ピリオドを終えた。


秋季リーグ戦初得点の蓮沼
勝負の行方が決まる第3ピリオド。これ以上の失点を防ぎたい立大であったが疲れの影響もあり、相手の勢いを止めることができない。ここぞとばかりにシュートを打ってくる相手に圧倒され、2失点目。それでも今日の立大は違った。リードを許されても、負けじと攻撃に移る。すると大宮のパスに反応した蓮沼(現4)がシュートを放ちすぐさま相手に追いつく。この得点は蓮沼の秋季リーグ戦初の得点となった。しかし同点ゴールに喜んだのもつかの間、その直後再び相手にゴールを許してしまう。その後は自分たちの流れをつかめず、相手にパックを完全に支配されると立て続けに4失点。一気に引き離されてしまった。残り3分には米倉が意地の1点を入れるもすでに勝負は決まっていた。最後まで追いつくことができず、結果3-6での敗北となった。

試合は負けてしまったものの、1Pまで無失点に抑えその後も人数の少なさも関係なく、シュートを打ち続けるなどの見事な接戦を見せた。このままチーム全員の気持ちを一つに、残りのリーグ戦に臨んでいってほしい。

(11月20日・長谷川莉子)

◆コメント◆
#15 蓮沼
「今日は2ピリまではいい感じでしたが、3ピリで立て続けに入れられて体力面や気持ちが切れてしまった部分があって。勝てるような試合を落としもったいないなという感想ですね。(得点について)とりあえず叩いてキーパーが取って、このセットで終わってから次に続けようという気持ちの方が強かったので、まさか入るとは思わなかったです。公式戦初得点というよりもとりあえず同点に追いつけたという気持ちの方が大きいですね。(チームの雰囲気)今日はアップのときからみんな活発に喋っていて、雰囲気はすごいいい感じで、今日はいけるなという感覚でした。結果的には負けてしまいましたが、1、2ピリはよかったと思います。(青学大戦に向けて)最初の5分と終わりの5分、各ピリオドがうちのチームの得点されてしまうところなので、まずは1ピリの最初の5分集中していければなと思います」

#17 木村
「今日はいつも以上にアップのときから気合があって、気持ちが1つになっていた気がして。実際1、2ピリでもみんなよく足が動いていて、パックも一人が持っているのではなくてちゃんと回して、最終的には先制点が取れたので、いつもの試合と比べ良い試合だなと思いました。(得点について)主将が奥からパックを持って行って後ろから綺麗なパスが来たので、ワンクッション置いて空いていた左側を狙って打ちました。(負けた要因)やはり疲れもあるし、気持ち的な面も大きかったのかなと思いました。(残りのリーグ戦の目標)今日のプレーを見ていて思ったんですけど、パスもよく繋がってみんな周りが見えていて気持ちも一つになれていますし、あとはもう勝つだけなので次の青学戦も勝ちにこだわって頑張ってやっていきたいと思います」

#19 米倉
「今日の試合は今までと比べてチーム、出ている人もそうですけど、ベンチの出ていない1年生とかも含めて雰囲気良く試合に入れたかなと思います。最初の5分で失点しなかったというのは大きかったですね。あとは、1点リードした後にすぐ点入れられないようにみんなで体張って守ったことが良かったです。(神奈川大について)一番勝機がある試合ではありましたね。落としてまいましたが、内容が良かったのでこれから、勝ちにどうやって繋げていくかというのが大事になるかなと思います。(勝つために必要なこと)チャンスが少ないのでそこでいかに決められるかというのと、あとは今日みたいに流れをつかむためには先制点が必要だなと思います。(青学大戦に向けて)入れ替え戦決まっているからと言ってリーグ戦捨てるというのは、入れ替え戦に向けていい準備で入れないと思います。なので残り2試合、いい試合をして入れ替え戦勝って終わりたいと思います」

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.