2016/04/09

ボート部


シーズン開幕、高まる期待!

◆第65回お花見レガッタ◆
3月26日~27日 埼玉・戸田ボートコース

    今年もお花見レガッタが開催された。この大会はシーズン最初のレースとして、高校生から社会人選手までもが参加し、勝負を繰り広げる。今回立教からは7クルーが出場し惜しくも表彰台は逃したものの、冬の間の厳しいトレーニングを乗り越え一回り大きく成長した漕手たちがパワフルなレースを見せてくれた。

ラストスパートをかける男子舵手付きフォア
【M4+ 菱伊(文4)・井口(済4)・善当(営2)・山下(済3)・安蒜(コ3)】
   男子舵手つきフォアは初日の1本目、最後までトップ争いを演じるも、社会人クルーに一歩及ばず2着。2本目は接戦を繰り広げ、3着でフィニッシュ。決勝進出を果たす。2日目の大一番、1000mを全力で漕ぎ進めるも中盤からの巻き返しを図れず6位という結果に。目標の表彰台には届かなかったが、ハイレベルな舞台で躍動した彼ら。今回の課題を克服し、同じメンバーで戦う日立明レガッタにおいて彼らが活躍することを大いに期待したい。


フィニッシュする男子エイト

【M8+  田沼(文4)・安藤(コ4)・真下(法3)・根本(観3)・勝又(法4)・渡部(理4)・森(法2)・田上(法2)・中田(コ4)】
 
    昨年のインカレ優勝クルーを乗せた男子エイト。初日の予選はスタートからトップを守りきり、見事1着。しかし準決勝では並み居る社会人クルーに苦戦し、3着での決勝進出となる。 迎えた2日目、「前半のスタートのところで少しもたついてしまった」(中田)ところで生まれた差を挽回しきれず4位。表彰台にあと一歩届かなかった悔しさを、目前の日立明で晴らしてほしい。

今年、ボート部史上初のインカレ二連覇を目指す立大ボート部。今回結果は様々だったが、目の前にはすでに日立明レガッタが迫っている。日大と明大はどちらも格上だが、「全員が『負けないぞ』という気持ちで練習に取り組めている」と主将・中田は話した。強豪相手を圧倒し、夏の立大の活躍への期待が益々高まるようなレースを見せてもらいたい。

(4月9日・岡村章秀)
◆その他の結果◆
M1X 塚本和弥(コ2) 決勝B 6位
M1X 佐藤大二郎(法3) 決勝B 1位
W2X 土方(コ1)・内山(コ1)  決勝B 4位
M2X 飯村(観3)・清水(観3) 決勝B 1位
M2X 野村(済2)・青田(現4) 決勝B 5位
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.