2016/05/12

野球部


試練の東大戦幕開け

◆平成28年度東京六大学野球春季リーグ戦◆
5月7日 対東大1回戦 明治神宮野球場

2回戦

2

3

4

5

6

7

8

9

0

×

(東)○宮台―喜入
(立)●澤田圭、田中誠、黒萩-高田

勝ち点1で迎えた春季リーグ第三節。迎え撃つ相手は今季明治から1勝を挙げるなど好調を維持している東大だ。東大の先発は今季抜群の安定感でチームを牽引しているエース宮台(3年=湘南)。一方立大の先発は前回早大を9回一失点で完投した澤田圭(コ4=大阪桐蔭)。立大打線は宮台に5安打に抑え込まれ、また澤田圭も東大打線に捕まってしまい投打がかみ合わず敗北してしまった。


ブロックし走者突入を阻止する高田
立大は初回から三回まで毎回立て続けて得点圏にランナーを進めるが、後続が続かず先制点を奪うことができない。試合が動いたのは四回。三回までテンポの良いピッチングで好投を続けていた澤田圭が山田(3年=桐朋)に三塁打を打たれ、続く田口(西大和学園=3年)に犠飛を放たれ先制点を奪われてしまう。その後も粘り強く投げていた澤田圭だったが七回に再び東大打線に捕まってしまい、七回途中四失点で降板する。八回から黒萩(営4=遊学館)がマウンドにあがり緩急を自在に操った投球で八回、九回と無失点に抑え味方の援護を待った。黒萩の好投に応えたい立大打線は、九回裏二死から大東(社3=長良)が内野ゴロのあたりを執念のヘッドスライディングで内野安打とし出塁。続く高田(コ3=浦和学院)もこの試合二本目となる安打で好機を演出したが次の一本が出ず最後まで宮台を攻略することができなかった。
 1点を取るのが非常に遠かった試合。佐藤拓(コ4=浦和学院)の本塁捕殺、黒萩の好投など随所にいいプレイは見られた。勝ち点獲得その先の優勝に向けてしっかりと気持ちを切り替え、闘志を燃やし明日の試合に挑んでほしいところだ。



(5月9日・桧山潤一郎)







 

 

選手名

学年

出身校

打数

安打

打点

(中)

佐藤 拓也

コ4

浦和学院

(遊)

 熊谷 敬宥

コ3

仙台育英

(左)

佐藤 竜彦

観4

國學院久我山

(三)

笠松 悠哉

コ3

大阪桐蔭

(右)

田中 和基

法4

西南学院

(一)

大東 孝輔

社3

長良

(捕)

髙田 涼太

コ3

浦和学院

種田 真大

営2

大垣日大

(投)

 澤田 圭佑

コ4

大阪桐蔭

田中 誠也

コ1

大阪桐蔭

 大石 恭平

コ4

鎌倉学園

 

 黒萩 幸生

営4

遊学館

   

 山根 佑太

営3

浦和学院

   (二)

 高橋 信吾

コ4

長野日大

   

 上野 敦大

コ4

長野日大

   

 松崎 健造

文2

横浜

 

 

 

 

31

 

 



立大メンバー表
10澤田圭大阪桐蔭26松﨑横浜
11黒萩遊学館笠松大阪桐蔭
15細谷佐久長聖20大東長良
18田村報徳学園熊谷仙台育英
16藤田県岐阜商14種田大垣日大
21田中誠大阪桐蔭佐藤拓浦和学院
27上野敦長崎日大二角広島新庄
12江波戸成田国際田中和西南学院
22髙田浦和学院佐藤竜國學院久我山
17大須賀富岡豊村東農大二
24松尾伊万里28大石鎌倉学園
25飯迫神戸国際大附19山根浦和学院
高橋信長野日大

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【野球部】黒萩が4年目初先発、見せた気迫の快速球(5月12日) | 戦評一覧 | 【ハンドボール部】1点の重み(5月6日) »