2016/09/27

ハンドボール部


見せた首位の意地!!

◆平成28度関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦◆
9月17日 対桐蔭大  立教大学新座キャンパス


平成28度関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦 第7戦
立大
37
18-11
23
桐蔭横浜大
19-12

強烈なシュートを放つ比嘉栄

  先週の試合から1週間。悔しさの残る青学戦から仕切り直しとなった桐蔭大戦に向かった。闘志みなぎるプレーを連発した立大は桐蔭大を圧倒し、次戦に弾みを付けた。
 
 完勝の幕開けは、下地(コ2=興南)のパスを受けた金城(コ4=興南)のサイドシュートでの得点だった。最近のゲームでは立ち上がりの試合運びが上手くいかず立大のリズムに持っていく事ができない試合が多かった。しかし、今日は違った。キャプテン金城がファーストチャンスで得点をゲット出来た事により、チームの士気が高まっていく。ここからキャプテンに続けと怒涛のゴールラッシュ。速攻攻撃から比嘉栄(コ3=興南)、「(青学戦で)出来なかったことをとにかく修正をして、取り組んだ結果が今日のようになって良かった」と試合後に振り返った昆(コ3=不来方)ら、それぞれがサイドシュートを決める。多彩な攻撃で前9半8分までに5連続得点を上げ、8-2と最高の立ち上がを見せた。その後も攻撃の手を緩めることなく、スカイプレーを磯田(営2=愛知)が決めるなど、ほとんど桐蔭大に付け入る隙を与えず、7点リードの18-11で前半を終えた。

後半も前半のペースを大きく乱すことなく試合を進めた。足を止めることなく貪欲に点を取りにいった立大。特に有効な攻撃は、サイドシュートと相手のミスからの速攻であった。サイドシュートを決めた黒島(営3=興南)。特に光ったプレーは試合終了間際、退場者を出し、1人人数が少ない中でも、小川(済1=駿台甲府)や前田(理4=大分雄城台)が決めたことだ。そしてキーパー谷(済2=法政第二)、嘉陽(社4=興南)もナイスセーブでチームを盛り立てた。このような好プレーが連発し、圧巻の37-23で勝利を収めた。

今日の勝利は立大にとって大きかったに違いない。全勝優勝、そして入れ替え戦での勝利に向けて再加速したはずである。歩みを止めることなく、立教らしさを前面に出して残り試合の勝利に期待したい。                  
 
(9月22日・槙本大将)

◆コメント◆
#20 昆
―試合を振り返って
今日ゲームが始まる前、予想では前半は結構競るような展開をイメージしてたんですけど、相手の特徴を見てて、その試合に入る前にそれをイメージしてディフェンスに入ったら、けっこう上手く守れたので、そこから速攻で点が取れて、予想とは逆で点数を話してゲームを進めることができたと思います。

―残り2試合、山場は駿河台でしょうか
そうですね。春は負けてますし、今季見てても駿河台はそこまで調子は良くないかなと思いますけど、下のチームにも接戦で戦ってますし。でも、まだ全勝でなんだかんだ勝ってるチームなので、そこは駿河台も自分たちのことよく知っているチームなので、何か秘策みたいなのもやってくると思いますし、そこはやっぱり僕らも研究して全勝優勝するためにも頑張っていきたいです。



#3 松川
―相手のキーマンに対してのディフェンスというのは
  この試合に入るずっと前からキーマンは17番、19番で、そこを徹底していこうという事もあり、前の試合(青学戦)から、この1週間ずっと練習していたので、その練習の成果を出せて良かったと思います。
 
  ―攻撃面に関して
  攻撃面も良かったのですが、シュートが入らない時間帯に、みんな点差があるからシュートを外したりしていたので、そこを変えていかないと入れ替え戦みたいに負けるかなと思うので、そこを改善していきたいと思います。
 
  ―7連勝となりましたが、チームの雰囲気は
  今日の試合はアップから皆で盛り上がって声を出していけたので、そういうのが前半の立ち上がりに生きてきたのかなと思います。
 
  中川監督
―試合を振り返って
  今日はこのシーズンの一つの大きな山だと思ってて、全勝優勝入れ替え戦を狙っていますが、ここでの勝ち方で全部分かるかなと考えていました。桐蔭大は一分けしてるけど、ここ最近の3試合が全部40点ゲームで非常にいい試合なので、気を引き締めてやりましょうと臨んだ結果、最高のスタートを切れて15分で15点取れました。負けはしないなと思ったんですけど、そのあと17点取ったあたりでパタッと止まってしまった。ノーマークシュートを3、4本打ったんだけど一番悪い癖で1人外してしまうとそれが続いてしまう。本当はじっくり攻めるというのをやってもらいたいんだけど、つい闘争心で点を取りたがるものだから、それが裏目に出るので直していかなければならない。5分くらいで修正できればいいなと。後半の最後は守れたし、まさか4人で守れて点取れると思わなかった。試合する前から立教とはやりたくないと思わせる強い立教っていうのを目指しているので、残りの試合もそういうゲーム展開をしてくれればと思います。
 
  ―残り2戦チームにやってほしいことは?
  今日が山場だったので、あと2戦は強い立教を守ってくれればありがたいけど、弱い立教を絶対見せてはいけない。立ち上がりが弱くて、最初の5分がうまくいかないとなかなか。最初の5分に先手先手で点を取ることで、やっぱり立教には勝てないなって思わせるようにしてほしいと思ってます。
 
 
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.