2016/09/27

野球部


二桁得点で相手を圧倒 早大から勝ち点奪う 

◆平成28年度東京六大学野球秋季リーグ戦◆
9月27日 早大3回戦 明治神宮野球場

3回戦

2

3

4

5

6

7

8

9

0

1

3

0

3

1

0

2

0

10

0

0

0

1

0

3

0

3

0

7

(立)○田村、澤田圭―上野敦
(早)●大竹、黒岩佑、北濱、柳澤、小島、吉野和―小藤 


初の黒星を喫し、一勝一敗で迎えた3回戦。なんとしても勝ちたい立大は、エース田村(コ4=報徳学園)に先発のマウンドを託す。序盤から相手の強力打線を抑え波に乗ると、打撃陣もそれに応える。2回に佐藤竜(観4=國學院久我山)のソロホームランで先制すると、その後も追加点を加え続け、先発全員安打となる14安打10得点。前日5安打に抑えられた早大投手陣を、撃破した。6回以降相手打線の反撃にあうものの、田村、澤田圭(コ4=大阪桐蔭)の四年生コンビが再三のピンチを切り抜け、見事勝利を収めた。

気迫の表情でマウンドに立つ田村
立大の先発は田村。溝口監督も「圧倒的だった」と語る通り、1回戦よりも切れの増したストレートを武器に相手打線を封じ込める。4回には味方のミスから一点を失うものの、気迫の投球で5回まで6奪三振。自身の投球でチームに良い流れをもたらす。

一方打線は2回、先頭の佐藤竜が左翼へ弾丸の本塁打を放ち先制に成功。続く3回には、一死二塁の場面で佐藤拓(コ4=浦和学院)が打席に立つ。「チームのためになんとか一点と思っていた」。スリーボールで迎えた四球目、甘めに浮いた直球をはじき返した。適時三塁打で追加点を加える。さらに打撃好調の熊谷(コ3=仙台育英)、佐藤竜のタイムリーで4点目。相手先発の大竹(3年=済々黌)を引きずり下ろす事に成功した。

適時打を放つ佐藤拓
さらに5回、6回と追加点を加え8対1と大差をつける。しかし、その裏またも味方のミスから相手に3点を献上。一気に流れが早大に傾くかと思われた8回。先頭の田中和(法4=西南学院)が実に三試合ぶりとなる二塁打で出塁すると、打席には投手の田村。自らのバットで追加点を加え、ついに得点は二桁に乗った。

またも大量得点で一気に優勢勝ちかと思われたが、早大打線も脅威の粘りを見せる。ランナーを二人置き、6番中澤(4年=静岡)が放った打球は右翼スタンドへ吸い込まれた。田村はここで無念の降板となる。

マウンドを引き継いだ澤田圭が8回を抑え、迎えた最終回。二死一、二塁とピンチを迎えたものの、最後の打者を併殺打に抑え、試合終了。乱打戦を制し、見事勝ち点をつかんだ。

 奇跡の勝利とは呼ばせない。四年生を中心に投打に渡って調子が上がってきている。本来の力を遺憾なく発揮しつかんだ勝利。これで宿敵明大と勝ち点で並び、追撃体制は整った。苦手の3回戦を勝ちきれたことは選手にとっても自信につながるであろう。優勝を必ず成し遂げるために。一つ一つの戦いに全力で望み、勝ち点を重ねていきたいところだ。
(9月27日 入江萌乃)


◆コメント◆
マウンドで気迫の投球を見せた田村#18
「感覚自体はすごく良かったです。後は勝負所での抑え方をこの一週間確認しながら次の東大戦に向かっていけたらいいと感じています。7失点しても勝てるというのは野手陣のおかげなので、後半は投手が野手を助けていけるようにして、野手と投手両方で後半に向けて勢いづけれたと思います。四年生の仲間がスタメンに並んでいて、そいつらをがっかりさせたくないなという気持ちは凄くあります。その気持ちはシーズン最後だから感じられると思います。この三年間はマウンドでの失敗が多くて、その経験を糧に今年は様々な経験ができ、成功体験もいっぱいさせていただきました。このマウンドでどうしなければ行けないのかも経験に支えられてプレーをできていると思います。今まで経験させてもらったことが少しは出るようになったのかなと感じています。 」

2回、5回と適時打を放つなど猛打賞を記録した佐藤拓#1
「調子は悪くないです。なんとかチームのために1点取る姿勢が良い結果を生んでいるのだと思います。甘い球が来たら、一球で仕留めようと狙ってました。四球でも敵失でも何の形でも塁に出れば後ろに回せて得点が入る確率も高くなるので、まずは後ろに回すことを意識したい。難しい球に手を出さずに自分の打つべき球を絞っていきたい。その結果が四球という形に出ていると思うので、それはこれからも継続していきたいです。100安打についても、周りは凄く言ってくれますが、自分はあまりその数字自体は気にしていません。この秋はずっとチームのためにという意識でやってきたので、その数字にはこだわらずに、リーグ戦が全て終了して、100安打という記録が達成できていたら本望だと思います。」


 

 

選手名

学年

出身校

打数

安打

打点

(中)

佐藤 拓也

コ4

浦和学院

(遊)

  熊谷 敬宥

コ3

仙台育英

(一)

飯迫 恵士

社2

神戸国際大附

(左)

佐藤 竜彦

観4

國學院久我山

(三)

笠松 悠哉

コ3

大阪桐蔭

(右)

田中 和基

法4

西南学院

(投)

田村 伊知郎

コ4

報徳学園

澤田圭佑

コ4

大阪桐蔭

(捕)

上野 敦大

コ4

長崎日大

(二)

高橋 信吾

コ4

長野日大

 

 

 

 

39

14

 

 



立大メンバー表
10 澤田圭 大阪桐蔭 峯本 大阪桐蔭
11 黒萩 遊学館 笠松 大阪桐蔭
16 藤田 県岐阜商 20 大東 長良
18 田村 報徳学園 熊谷 仙台育英
19 手塚 福島 15 山岸哲 日大鶴ヶ丘
21 田中誠 大阪桐蔭 佐藤拓 浦和学院
27 上野敦 長崎日大 二角 広島新庄
12 江波戸 成田国際 田中和 西南学院
22 髙田 浦和学院 佐藤竜 國學院久我山
富田 東農大二 28 大石 鎌倉学園
24 松尾 伊万里 29 秋山 関東一
25 飯迫 神戸国際大附 23 小野 横浜
13 高橋信 長野日大

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【相撲部】一歩及ばず(9月27日) | 戦評一覧 | 【野球部】藤田粘投も、終盤に逆転許す 決着は第3戦へ (9月26日) »