2016/10/01

ハンドボール部


昇格へ、あと一勝

◆平成28度関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦◆
9月25日 対駿河台大  立教大学新座キャンパス


平成28度関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦 第9戦
立大
32
17-15
30
駿河台大
15-15

得点を決めた谷(済2)と喜ぶ選手たち

  秋季リーグもついに最終戦。ここまでリーグ戦無敗と圧倒的強さを誇ってきた立大が全勝優勝に向け、最後の戦いに挑む。駿河台大をホームに迎え入れての一戦。春季リーグでは接戦の末、敗北を喫しているだけになんとしても勝ちたい相手。この試合も春季リーグ同様に接戦になったものの、点差以上の内容で勝利を飾った。見事、完全優勝を成し遂げ、入れ替え戦への出場を決めた。

  試合は序盤、相手に先制を許すも、#19磯田(営2=愛知)、#17下地(コ2=興南)が得点し、すぐさま逆転する。その後、立大は速攻やサイドシュートなどから着実に得点を重ね、前半17分には12-7と5点差をつける。このまま立大ペースで試合が進むかと思われたが、オフェンス時にミスが出る。ここから相手に3連続得点を奪われ、2点差に詰め寄られる。その後は一進一退の攻防に。終了間際に得点を許し1点差となるも、直後に#3松川(コ2=興南)がパスカットからそのまま速攻を決め、再び2点差とし、17-15で前半を終える。
 
  後半に入っても一進一退の攻防は続く。そんな中、立大は相手にチャンスをつくられ、ピンチを迎える。しかし、ここはキーパー#16嘉陽(社4=興南)が見事な2本連続セーブでチームを救う。その後、下地を中心に多彩な攻撃から得点を重ね、相手を引き離しにかかる。相手も負けじと得点を奪いにくるが、キーパー#12谷(済2=法政第二)が好セーブをみせ得点を許さない。その直後、相手が得点を奪おうと、キーパーに代えてコートプレーヤーを投入し、7人でオフェンスをする。そのシュートを谷がセーブし、そのまま無人のゴールに投げ込み得点。スーパーゴールが生まれる。その後は下地が徹底したマークにあい、相手に詰め寄られるものの、嘉陽の気迫の顔面セーブや集中したディフェンスでしのぎ切り、一度もリードを許すことなく試合終了。9連勝で全勝優勝を果たした。
 
  「最終目標は1部昇格。」この主将・#14金城(コ4=興南)の言葉通り、彼らにとって2部優勝は単なる通過点。次週、1部との入れ替え戦という最後の試練が待ち受ける。あと1勝。昇格へ前進あるのみ。
 
(9月28日・加悦佑真)

◆コメント◆
#14 金城
―最終戦を振り返って
出てるメンバーがそれぞれ自分の役割を果たせたので、入れ替え戦まであと1週間ですけど、また収穫があったかなと思います。

―2部優勝となったが感想は
9戦終わって目標にしていた全勝優勝ができたので素直に嬉しくて、ほっとしているというか、でも最終目標は1部昇格なので今日までは喜んで、明日からは1部昇格に向けて頑張りたいと思います。

―入れ替え戦に向けて意気込み
今年、目標だったのは1部で中位だったんですけど、先輩が残してくれた1部にもう一度後輩たちを連れていって、最後に引退したいと思っているので、最後は4年生がしっかりやれば絶対に1部に上がれると思うので、しっかり頑張りますのでよろしくお願いします。

#16 嘉陽
―今日の試合振り返って
最初、俺がちょっと合ってない感じが出てたので、キーパー代わったりしていて、それが上手くはまってディフェンスとの連携も良かったので、守備に関してはそこまで悪い感じはなかったんですけど、まあオフェンスのミスからのつながりでやられたちゃったんですけど、とりあえず全勝優勝で2部通過で入れ替え戦につなげたので良かったです。

―顔面セーブもあり、そこから流れに乗れたかと
あのときはまあ、顔面に来るなと思いました。でも、最後は少しバタバタしたところもあったんですけど、時間を見ながらって感じで、うまく終われたかなと思います。

―入れ替え戦の相手は順天堂ですが
リベンジですね。春対戦した時、個人的には当たっていたんですけど、点獲れないと勝てないので、まああの時は4年生含め、上級生が不甲斐ない結果だったので、今度は4年生が引っ張って勝てるように頑張りたいと思います。

#17 下地
―試合前に監督が言ったことは
最終戦だったので、楽しくやることと自分たちがやってきたことをしっかり出していけば、お前らは勝てるっていうのを言ってもらえて、しっかりそれをチームでも出すことができたので、そこは監督の声掛けもあってチームが一丸となれたのかなって思います。

―得点ランキング上位について
チームが苦しい時に、ラスト1点とかを決めることができて、本当にそういう面で、最後にチームで一番点数を撮れないと厳しい試合になってしまうと思うので、今回全試合を通して、得点を獲れたことはチームにとっても自分にとっても良かったなと思います。

―来週の入れ替え戦に向けて意気込みを
自分が入学して1勝1敗で五分の相手なので、春負けた悔しさを今でも皆覚えていて、絶対来季上がるっていう気持ちでこの何か月やってきました。立教らしく、見ている人も楽しくできるようにこの一戦だけはチームの皆、保護者、OBさんと一緒に戦っていきたいと思います。

#18 中村(済4)
―今日の試合振り返って
リーグ最終戦ってことで、この前の試合でもう入れ替え戦に行けるってわかっていたんですけど、最後の入れ替え戦に向けていいスタートを切るために、今日も皆でディフェンスとオフェンスをしっかりやって、いい流れでやろうっていうのを徹底してやりました。

―リーグ全勝して
すごい楽しくやれたかなっていうのがあります。この前1部でやって、そこで一勝しかできなくて、悔しい思いが残って2部で勝ってやろうという気持ちで落ちて、逆にどんな点差になっても楽しもうっていうのを意識してやったので、総括するとすごく楽しかったリーグ戦だと思います。

―入れ替え戦に向けて意気込み
もうやることをやって全力で楽しみたいと思います。

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.