2016/10/21

アイスホッケー部


手応え掴んだ敗戦

◆平成28年関東大学アイスホッケーリーグ戦◆
10月15日 対東海大 ダイドードリンコアリーナ
チーム名
1P
2P
3P
TOTAL
立大
0(2)
1(3)
1(2)
2(7)
東海大
2(20)
2(9)
3(19)
7(48)
【得点者】大宮・野尻
※カッコ内はシュート数
1点目を奪取した大宮

秋季リーグ戦一巡目、最後の相手は東海大。ここまで勝ち星を挙げていない立大アイスホッケー部は格上の相手ではあったが、2得点を奪うなど立大にとって大きな収穫を得た試合となった。

フェイスオフ直後から東海大はパックを支配し、積極的にシュートを放っていく。立大は攻め込まれるも野尻(法3)、大宮(コ2)の体を張った守りで、何度も相手のパックを阻む。開始5分にペナルティーで立大のキルプレーとなるが、なんとかしのぎきる。しかしその後東海大の攻撃が続き、ゴールを許してしまう。終盤、野尻が相手をかわしながらロングシュートを放つもゴールには至らない。2失点で第1ピリオドを終える。

2Pに入っても、序盤から攻め込まれ、2点を失ってしまう。終盤になりようやく立大の攻撃が流れに乗る。野尻からのパスを大宮が狙いを定めシュートするが惜しくも得点にはつながらない。しかし、得点は決まらなかったものの、これを機に立大は勢いづく。そうして立大がパックの主導権を握ると、米倉(コ2)、野尻のアシストで大宮がゴールにうまく流し込み1点目を決める。その後、立大がチャンスを作り、米倉らのスピードのある攻めを見せるもシュートまでは運べなかった。第2ピリオド終盤で意地を見せつけ、観客を沸かせた。1-4で2Pを終え、最終ピリオドで逆転を狙う。

第3ピリオド始まり、直後から両校ともに攻防が続く。開始3分で東海大に得点を奪われてしまう。中盤まで東海大の攻めの展開が続き、相手の豊富なベンチワークに食らいつくことができない。しかし、立大のエース野尻が果敢にパックを奪い、攻撃の火付け役となった。そして、米倉のナイスパスから野尻が反応し、ゴール前でシュートをし得点を決め、歓声が上がった。このまま立大の流れに持っていきたかったが、終盤で失点してしまい終了のブザーを迎えた。

 試合自体は負けを喫っしてしまったが、2P、3Pで得点に結びつくなど立大の調子が上がりつつあるのがうかがえた。しかしまだ選手は納得していない。今日でリーグ戦1巡目は終わり、次からは2巡目だ。厳しい戦いが続くと思うが、立大アイスホッケー部らしく全員プレーで1勝をもぎ取ってほしい。
(10月19日・久富杏樹)

◆コメント◆
#17 木村
最終的には7-2で今までよりかは点差が開かなかったんですけど僕が最初にペナルティを開始五分ぐらいでもらって、そこから一本入れられてしまったので、展開としては僕の一番の反省で、2点目も僕のセットで入れられたというので、流れを崩したというので、最初に1点差広げちゃったというのも個人としてもチームとしても一番の反省だったと思います。 それが無かったらもう少し展開が変わってたのかなというのが正直な感想です。 次のリーグ戦、大東大戦の前にインカレ予選で大東大とやるので、しかも大東大はリーグでも調子が良いので、それに負けずというか、大東だから勝てないでしょという気持ちでいくのは、ダメだと思うので、大東だから何?という感じで火曜日練習して、まずは水曜日のインカレ予選を全力で戦って、そこから土曜日に向けて改善していきたいです。
#22 野尻
点差的にはいつもより開かずに済んだので、そこは良かったところだと思うんですけど、失点はもったいないものばかりだと思うので、そういう失点は減らすことができると思います。今日は良かったところもありましたけど、反省すべきところもあったので、そういう部分を次回までに修正していけるように練習に取り組んでいきたいと思います。東海大はリーグ2位でタレントもいるし、良いホッケーしてくるやりづらい相手だったと思います。(得点シーンについては)カウンターで3対1が作れたので、あとは大宮が打つか自分で打つかっていうところでしたけど、うまくリバウンドがきたので落ち着いて消えることができました。やっぱり守りの時間がどうしても多くなるので、しっかり我慢して、毎試合1回2回はチャンスがくるので、それを生かさないと勝機は見えてこないので、今日は守って素早く攻撃に繋げられたので良かったと思います。
#4 大宮
前回の専修大戦が結構いい感じで、終えることができたので、今回もいい調子のままその調子を保って、途中まではいい展開ができたとは思いました。得点を決めたのは去年の神奈川大戦以来だったので、単純に嬉しかったですね。今日の得点は気持ちで押し込んだって感じです。今日で一巡目おわって、今日が1番いい試合だったので、さらにいい試合ができるように次は勝ちに行くつもりで頑張ります。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【弓道部】力見せつけ、大勝利!(10月21日) | 戦評一覧 | 【ソフトテニス部男子】難敵相手に見えた光明(10月17日) »