2016/10/22

ラグビー部


ただ前を見据えて
◆平成28年度秋季関東大学対抗戦◆
10月16日 対武蔵大 立教大学富士見グラウンド
先週の東大戦、「自分たちのラグビー」を見せて相手を圧倒した立大。この日迎え撃つ武蔵大はアタックに定評のあるチームだ。立大は相手の猛攻を止め、それを超えるアタックをできるかが鍵となる。

ここまで対抗戦では天候に恵まれていなかったが、この日は秋らしい晴天の下で試合開始を告げるホイッスルが鳴った。試合は序盤から両チームの強力なアタックでぶつかり合う展開となる。6分、インターセプトしたボールをSH文(コ2)から左サイドに展開し、東大戦でもめざましい活躍を見せたWTB青木(観4)が敵陣ゴール前まで迫るが、ここは相手のディフェンスに阻まれる。その後も好守が目まぐるしく交代する展開が続くが、得点板は0‐0から動かない。しかし22分、相手のディフェンスをFB床田(観1)が突破すると最後はWTB青木が左サイドに待望の初トライをもぎ取り、その後のコンバージョンキックをCTB平間(観1)が難しい位置からのキックを決めて7‐0となる。この得点を機に立大のアタッキングが火を噴く。25分には敵陣10mライン付近でパスを受けたSO御苑(観4)がディフェンスを上手くかわしゴール中央にトライ。「自分はあまりトライする役割ではない」と言うSO御苑。しかし、31分にもラインアウトから敵ディフェンスを突破したCTB諫山(観4)からボールが渡り、再びSO御苑がゴール中央にトライを決めた。さらに35分、FB床田がキックで敵ディフェンスを抜くと自分でそれに追いつき、パスを受け取ったCTB平間がそのままゴール中央にトライを決める。そして前半終了間際、CTB諫山がディフェンスを突破するとそのまま走り抜けて左サイドに仕上げのトライ。33‐0として前半を終えた。相手を圧倒するアタッキングで立大が大幅なリードをつかみ取った。

力強い走りで相手を圧倒する諌山(観4)
 後半になっても流れは立教にあった。5分、WTB山田(営3)が自陣10m付近でインターセプトするとそのスピードでディフェンスを寄せ付けず、そのままゴール中央にトライ。さらに15分、SO御苑の好判断で出したキックをWTB青木がゴール内で抑えてトライを決める。これで45‐0となり、立大の勝利は決定的に見えた。しかし、ここから武蔵の猛反撃が始まる。18分、この試合初めてとなるトライを許すと21分にもディフェンスの隙を突かれて左サイドにトライを決められてしまう。その後しばらく立大がなんとか粘りのディフェンスを見せるも38分にもトライを許し45‐19となる。ほとんど勝利の見えている立大。しかし、このままやられっぱなしで終わるわけにはいかなかった。後半終了間際、WTB山田がコート中盤からキックを出し、自分でそれを拾い上げるとそのまま快足を飛ばしこの日2度目のトライを決める。キックも決まり52‐19となった直後、ノーサイドの笛が鳴った。

後半、連続してトライを決められてしまうなど課題も生まれてしまったが、点数を見れば立大は相手を圧倒したと言えるだろう。この試合で対抗戦は折り返した。立大フィフティーンに後ろを向いている暇は無い。これからどんどん強敵と当たり、対抗戦は熾烈を極めていく。アタッキングラグビーを貫き、強敵たちを越えた先にある目標─昇格に向かって立大はただひたすら突き進む。
(10月20日 伊藤康平)
◆コメント◆
主将・御苑(観4)
―今日の試合を振り返って
前半はいい形で自分たちのラグビーが出来て、得点も付いてきて33-0で折り返して後半だったんですけど前半から飛ばしてきたというのもあって、疲れてきたというのと状況判断のミスがあってそこから相手の流れになってしまいましたが勝てたので良かったです。
―次戦に向けて
目標は「昇格」なのでそれに向けて一つ一つ勝っていくだけです。
LO高橋(営4)
―FWの調子は
DF面は前半無失点で抑えて、粘り強くタックルしてはすぐ立ち上がるリバイブを意識して、DFの穴開けないようにできたので良かったです。FWが我慢してBKが連続攻撃を継続できたので、今まで練習でやってきたことを出せたのが良かったです。
CTB諌山(観4)
―今日で折り返したが、ここまでの対抗戦を振り返って
始まってからずっと雨でグラウンドの状態も悪い環境が続いたんですけど、今日は晴れて、ようやく自分たちの形のラグビーが見えてきたかなと思っていて、ここからどんどん強い相手が来るので、気を引き締めてやりたいと思います。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.