2016/10/22

野球部


熱戦演じるも、優勝への可能性潰える

◆平成28年度東京六大学野球秋季リーグ戦◆
10月22日 明大1回戦 明治神宮野球場

1回戦

1

2

3

4

5

6

7

8

9

0

0

0

0

0

0

1

0

1

2

0

2

0

0

0

1

0

0

X

3

(立)●澤田圭、田村-上野敦、髙田
(明)○柳-牛島


ドラフト会議後、初の試合ということもあり多くの観衆が詰めかけた神宮球場。試合は澤田圭-柳、両主将の投げ合いで始まった。2回に先制されるも、粘り強く守り続ける。一方打線は柳の前になかなかチャンスを作ることができない。それでもあきらめない立大ナイン。だが反撃もあと一歩及ばず惜敗。悲願34期ぶり優勝への夢も途絶えた。

この日の先発は澤田圭(コ4=大阪桐蔭)。春、東大1回戦以来となる先発のマウンドであった。2回、四球から三連打を浴び2失点。強力明大打線の狙い撃ちにあう。だがその後は澤田圭が本領発揮。毎回のようにランナーを出しながらも、要所を抑え反撃を待つ。

要所を締める投球を披露した澤田圭
一方打線は明大先発柳(4年=横浜)を打ちあぐねる。6回までわずかに1安打。反撃の糸口がつかめない。さらに1点を追加され、迎えた7回。田中和(法4=西南学院)がラッキーな内野安打で出塁すると、大東(社3=長良)、熊谷(コ3=仙台育英)も続き一死満塁の好機を作る。内野ゴロの間に1点を返し、なおも打席には代打秋山(コ4=関東一)。打球は一、二塁間を抜けるかと思われたが、相手の好守に阻まれ追加点を奪えない。

塁上で雄叫びをあげる田村
7回裏からは田村(コ4=報徳学園)がリリーフのマウンドに上がる。「澤田とずっと頑張ってきて、初めて二人でつなげた」。このチームで戦えるのもあと少し。そして優勝に向け何としても負けられない試合。4年生の意地を見せつけた。2回をわずか18球で抑え、最後の攻撃に懸ける。

先頭の大東が中前安打で出塁すると、代走で足のスペシャリスト二角(コ4=広島新庄)が登場。初球でスタートを切り、盗塁を成功させる。しかし、柳の前に2者で倒れ2死3塁。それでも立大スタンドからの応援がやむことはなかった。歓声は打席の田村にも届く。「絶対にランナーを返そう」。4球目、彼が放った打球は右翼手のはるか後方、フェンス直撃の適時三塁打となり1点差に迫る。一打出れば同点。しかし佐藤拓(コ4=浦和学院)がレフトフライに倒れ試合終了。熱戦を演じた両校の選手には大きな拍手が送られた。

初戦を落としたことで、2連勝が絶対条件とされた立大はここで優勝戦線から離脱。だが、勝ち点獲得の望みはある。4年生と戦える最後のカード、何としても笑って終わりたい。明治の借りは、かならず明治で返す。明日以降の戦いからも目が離せない。                  

(10月22日・入江萌乃)


◆コメント◆
先発の主将澤田圭#10
 「力負けということでよいんじゃないんですかね。やることは全部やったのですが、あと1点足りなかったので、もう力負けです。やることはやったので仕方ないと思います。悔いはないです。(―後輩たちに託す形となるが、期待することは?)勝てると思います。能力もあるし、良いチームになると思うので、期待しています。進路として今後も野球をやらせてもらう環境を作ってもらっているので、その環境の中で自分ができることをやりたいな、と思います。」

好リリーフ、打っては1点差に迫る適時打を放った田村#18
「4年間澤田とやってきて二人が揃うシーズンというのは無かったので、最後に2人でつなげてよかったなと思います。(―正直先発で投げたかった?)今日に関してはそういう気持ちはなくて勝ちに一番近いというのは監督が判断された結果なので、その与えられた場面でしっかり投げようというのしか無かったです。最後打席入る前に監督さんからは「行くぞ」と言われたので、春も柳から打ってますし絶対ここはランナーを返そうと思って打席に入りました。正直ほとんどあの場面は覚えていなくて、気づいたら三塁にいたという感じですね。優勝がなくなってしまった結果は受け入れるしかないと思うのですが、この一年間リーグ戦にすごい懸けてきて過ごしてきたので最後まで自分たちが積み上げてきたものをしっかり発揮できるように試合をして、まだ勝ち点のチャンスがあるので最後明治から勝ち点を挙げて春のリベンジを果たしたいです。なんとしてでも胴上げは阻止します。」

 

 

選手名

学年

出身校

打数

安打

打点

(中)

佐藤 拓也

コ4

浦和学院

(二)

  高橋 信吾

コ4

長野日大

(一)

飯迫 恵士

社2

神戸国際大附

(左)

佐藤 竜彦

観4

國學院久我山

(右)

田中 和基

法4

西南学院

(三)

大東 孝輔

社3

長良

  二角 勇大

コ4

広島新庄

(遊)

  熊谷 敬宥

コ3

仙台育英

(捕)

上野 敦大

コ4

長崎日大

  松尾 賢吾

観4

伊万里

  髙田 涼太

コ3

浦和学院

(投)

  澤田 圭佑

コ4

大阪桐蔭

  秋山 翔太

コ4

関東一

田村 伊知郎

コ4

報徳学園

 

 

 

 

34

 

 



立大メンバー表
10 澤田圭 大阪桐蔭 峯本 大阪桐蔭
11 黒萩 遊学館 笠松 大阪桐蔭
16 藤田 県岐阜商 20 大東 長良
18 田村 報徳学園 熊谷 仙台育英
19 手塚 福島 14 江藤 東海大菅生
21 田中誠 大阪桐蔭 佐藤拓 浦和学院
27 上野敦 長崎日大 二角 広島新庄
12 江波戸 成田国際 田中和 西南学院
22 髙田 浦和学院 佐藤竜 國學院久我山
富田 東農大二 28 大石 鎌倉学園
24 松尾 伊万里 29 秋山 関東一
25 飯迫 神戸国際大附 23 小野 横浜
13 高橋信 長野日大

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【ホッケー部男子】繰り広げられた接戦(10月24日) | 戦評一覧 | 【ラグビー部】ただ前を見据えて(10月22日) »