2016/11/05

ローラーホッケー部


女子 インカレ初日宿敵倒す

◆第58回全日本学生ローラースケート選手権大会◆
10月7~9 長野・千曲川リバーフロントスポーツガーデン
秋風が吹く長野の地で今年も学生日本一をかけた戦いが幕を開けた。今年は史上初の4連覇に一層期待がかかる。初戦の相手は国学院。リーグ戦でも何度も対戦してきた長年のライバルだ。ここで一戦も負けるわけにはいかない。そんなプレッシャーの中、彼女たちは素晴らしいプレーをみせた。


10/8 1日目 準決勝 対国学院大

 

全日本学生選手権・女子
立大1-0国学院大
0-1
1ー0
得点者(立大)
助川、福山(延長戦)


試合開始直後から、国学院の攻めの展開。立大は苦戦しながらもパックを奪い中村(文4)や助川(コ4)が積極的にシュートを放つが、国学院のキーパーに何度も阻まれ、得点には至らない。激しい攻防が続く。中盤も試合は相手のペースに。ここで、先制して主導権を握りたいところ。しかし、お互い一歩も譲らない。立大がタイムアウトを取り、再開した直後試合が動いた。開始と同時に素早くパックを奪うと、助川が相手キーパーの隙をつくシュートを放った。これが、決まり立大が先制点を奪った。その後、立大が何度もシュートを放つも追加点は決まらず、前半を終えた。


一点リードで迎えた後半戦。序盤から白熱した展開に。両者、強烈なシュートを放ち緊迫した状況が続く。相手の執念のシュートにも菊池(コ3)が冷静にセーブ。お互い点が入らないまま、試合はあっという間に後半に差し掛かった。激しい攻防の中、相手が立大のミスの隙を突き国学院にパックを奪われると、そのまま勢いに乗りシュートを放つと、ネットを揺らした。ここで、痛恨の失点。試合は振り出しに戻った。


ここで休憩をを挟み10分間の延長戦に突入。立大はいきなりパックを奪うと、助川がシュートを放つ。惜しくもキーパーに阻まれが、そのこぼれ球に福山(営3)が反応。ゴールに向けスティックを振る。これが、決勝点となり立大の勝利が決まった。延長戦開始直後のことだった。

先制点を決め歓喜する立大
延長戦にもつれ込む白熱した試合を見せた一戦。接戦を制し、立大は史上初4連覇に向け大きく前進。宿敵である国学院戦での勝利は大きな自信につながっただろう。しかし4連覇にはまだ大きな壁がある。史上初の偉業に向け立大の戦いはまだ続く。

(11月3日・板𣘺文惠)







◆コメント◆
#7 助川
「去年からインカレ優勝ってことでやってきたので、絶対優勝しようって気持ちで臨んでいます。もともと前半にもちゃんと点を取ってやっていこうのって話していたんですけど、うまく入らなくてその中でも焦らずに今まで大事にやってきた組織のオフェンスを大事にやっていこうって決めていて、どんどん行くんじゃなくて、一回パスを回してから相手を崩していこうってやっていました。今までやってきたことをうまく組み合わせて出来ていたかなと思います。(自身のシュートについて)正直ラッキーシュートとしか言いようがなくて、別にいいシュートってわけじゃないんですけど、本当ラッキーって思いつつでも、天が入ったっていうことでチーム全体の焦りの雰囲気がなくなったので、そういうところでは良かったと思いました。とりあえず今までやってきたことを発揮して、優勝したいと思います。」

#2 中村
今までの練習の成果を発揮することが目標で、特に最初の7分でパス回しを完成させようって、テンポ良く回せるようにしようっていうのが目標だったので、今日はそれが出来たと思います。(国学院の印象)去年の11月から勝ってなくて、負け方もぼろ負けじゃなかったから尚更悔しくて。いつも自分たちが先制点を取って流れを持って行ったはずなのに決められてばかりでした。(自分たちのプレーが)出来てはいるんだけど、いつもメンタル面で気持ちの問題で負けていました。今回は皆の声と落ち着きがあったので勝利できたと思います。「勝たなきゃ」っていうより「勝ちたい」っていう、したいっていう気持ちでした。勝たなきゃっていう気持ちはなかったというより、もう考え方を変えて、もう勝てるチームだから、練習の成果が出れば勝てるチームだから、絶対勝つから、どうやって勝とうかなって考えるようにしていました。

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.