2016/11/18

ハンドボール部


伝統の一戦、完全勝利!!

◆平成28度大66回同立定期戦◆
11月5日 対同大  立教大学新座キャンパス


平成28度第66回同立定期戦
立大
31
15-12
24
同大
16-12

OB戦に出場した中川監督

  66回目を迎えた伝統の一戦。立大はまずOB戦で1つ白星をあげ、続く現役戦も終始リードを保ち勝利した。現役戦での2年連続勝利は45年ぶりの快挙であった。

  「前真剣にやって怪我したので今はボールが来ないことを祈ってるくらい」と笑いながら語ったのは中川監督。先立って行われたOB戦にプレーヤーとして出場し、勝利に貢献した。その言葉とは反対にコートでの表情は真剣そのもので、走り回る指揮官の一挙手一投足に会場が沸いた。
 
  そして現役戦。相手もインカレ出場予定のチームである。大舞台を目前に、同等の実力を持つチームと試合が出来る最後の機会。是が非でも勝利して流れに乗りたい。
 
 この試合、立大は主導権を握り続けた。金城(コ4=興南)のゴールで幕が開けると、さらに下地(コ2=興南)を中心に相手を攻め立て、立ち上がり一挙4点のリードを奪う。その後ミスを拾われ立て続けに4失点。早々と同点に追いつかれてしまう。しかし、5、6点目を連続で比嘉信(コ1=浦添)が決め、立大は突き放しにかかる。18分には、ゴール前中央から下地が比嘉信へショートパスを出すと比嘉信はボールを背中へ持っていき、お洒落なトリッキーパスで左へ。受けた金城はそれを冷静に決める。さらに24分、敵陣ゴール前の小川(済1=駿台甲府)が華麗なフットワークで相手守備陣を翻弄。まるでバスケットボールをしているかのようなプレーで相手をかわし、ゴールへ突き刺す。取り取られつの様相を見せながらも、優位に進めた前半を15対12で終えた。
ジャンプしシュートを放つ比嘉信

 後半も試合展開は変わらない。エース下地は得点のほとんどに絡み、攻撃の要として存在感を発揮。守備ではキーパー嘉陽(社4=興南)、谷(済2=法政第二)がいつものように神セーブを続ける活躍で失点を防いでいった。そして試合も終盤、1年生が続々とコートに立っていく中、25分、前田(理4=大分雄城台)が左サイドの角度が無いところからゴールを決める。その後も得点やアシストを記録し、最高学年としての意地を見せつけた。
 
  立大は愛知遠征と定期戦で善戦を見せ、「インカレに向けて弾みをつけさせてもらった」と監督。さらに「手応えは十分だ」と大一番への自信をのぞかせた。インカレまであと2週間(ちなみに取材時で残りの全体練習は8日)。4年生の最後を飾るため、「一日一日を大切に」最終調整の段階へ進む。
 目的地はもう見えている。もはや立ち止まっている時間は無い。
 
(11月14日・浅野光青)

◆コメント◆
中川監督
―OB戦はどうでしたか
体に悪いので、前真剣にやって怪我したので今回はボールが来ないことを祈っているくらいでした。

―現役戦は
実はビデオとか撮っていてもらっていて、研究していたと思うんですけど、ウチ的にはいいゲームをしたのかなと思っています。前半からのリードをずっと保って、後半の終わりに突き放したので理想的な勝ち方かなと。ただちょっと決定的なシュートを外しすぎなので、欲を言えばあと5点10点は入っていてもおかしくないゲーム展開をしていたいと思います。外した分は逆速攻で入られたりしてあの点差なので、本当は35点くらい。

―リードできた要因
先週愛知遠征に行っていて豊田合成さんとやっているんですよ。調子のいいチームとやらせてもらったのですが、そんなに悪くなくて。20分を3回やってA戦は引き分け。関西系の大学は関東系の大学と攻めとかも違うので、どうかなと思ったんだけど結構頑張った。

―愛知遠征で手応えを?
うん、それとこの定期戦。ずっと勝ち続けてインカレをサクサクと行きたいなと。インカレに向けて弾みをつけさせてもらった感じですね。

―インカレの展望
1個は絶対勝って2つ目大勝負で。春の入れ替え戦で負けたあと彼らが負けたのは見てないので、だからそれが非常に気になってて、そのままいかないかなと。2戦目は筑波だと思うんですけど秋のリーグ戦で、僕らが勝った順天に負けてるんです。で、1年前の春も勝ってて、やってみなきゃ分からないけど今日みたいな試合で決めるべきところをちゃんと決めれば。

―筑波とは相性がいい?
立教は1部の中で特異的に背が小さいので、それを嫌がるチームがあってその1つが筑波。小さいのがすばしっこく動くのを嫌がる。そこを上手く出せて、後半勝負ができればチャンスがあるかもしれない。そこまで頑張れれば勝てるかもしれないと思っています。



#17 下地
―試合を振り返って
自分たちのやりたいことを一つ一つやろうと話していたので、そのプレーを確認しながらできたので良かったです。

―今日は久しぶりの試合?
そうですね。愛知遠征では練習試合をして、それぶりですね。

―インカレまであと8回の練習となるが
残り4年生とできるのも少なくて、一日一日を大切にしっかり相手の研究もしながら自分たちのプレーを出せたらなと思います。

―山場は筑波大?
一回戦、地元・沖縄の大学の名桜大にしっかり勝って、次の筑波か去年負けた因縁の中京のどっちかだと思うんですけど、どっちが来ても対応できるようなチーム作りをしていきたいです。

―インカレへ向けて
一試合一試合立教らしく楽しく出来たら良い試合ができると思うので最後まであきらめずに全員で戦っていきたいです。

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.