2016/12/08

ローラーホッケー部


男子 インカレ決勝戦、わずかに及ばず

◆第58回全日本学生ローラースケート選手権大会◆
10月7日~9日 長野・千曲川リバーフロントスポーツガーデン
4年生にとっては最後の大会となるインカレ。前日、立大ローラーホッケー部男子は準決勝で延長戦の末に見事勝利をものにし、決勝へと駒を進めた。たどりついた最後の舞台は最大のライバル・国学院大を下すための絶好の機会。「やれることはやってきた」。立大は万全の態勢で決勝戦を迎える。


10/9 2日目 決勝 対国学院大

全日本学生選手権・男子

立大

0-2

国学院大

0-0

得点者(立大)

なし



前半が始まり、お互い積極的にシュートを狙いに行く展開。立原(社4)と深澤(観3)が放ったシュートは相手ゴールキーパーに阻まれ、得点にはならない。そんな中、国学院大も素早いカットインからシュートを打ってくる。キーパー太田(済4)がなんとかセーブを繰り返し、危機を免れる。そこで前半中盤に立大にチャンスが訪れた。相手のファールでフリーシュートを手に入れる。放つのは宮城(理3)。しかし、これを惜しくも決められずタイムアウトに入る。

素早く駆け出す立原
タイムアウトが終わると、再びフリーシュートのチャンス。今回こそ得点を手に入れたいところだが、これも枠を捉えられずリードを奪えない。なかなか流れをつかめない立大であるが、国学院大より多くシュートを狙いにいく。すると、再び相手のファールでフリーシュートの機会が巡ってきた。三度目の正直、絶対に入れたい宮城だが、キーパーのセーブでまたもやチャンスを逃してしまう。お互い無得点のまま前半を終えるかと思われたが、前半終了間際、波乱が待ち受ける。長くシュートのなかった国学院大が、立大の一瞬の隙をついたパスワークからシュートを決めた。先制点を奪われ、後がなくなった立大。なんとか追いつきたいところだが、勢いをつけた国学院大はパスカットで再びシュートを決め連続得点を決めてくる。短時間で2得点を取られた立大は反撃かなわず、そのまま前半を終えた。

後半に入り、なんとしても得点を手に入れたい立大は意地の守りで相手の攻めを潰すものの、立原や宮城のシュートは惜しくも枠を捉えられない。その後もシュートを狙っていくが、得点のない時間が過ぎていく。最後まで徹底した守りを見せたものの、決定打がないまま試合終了。今年のインカレが遂に幕を閉じた。

ちょうど1年前、新体制に入ってからずっと国学院大を意識し続け、このチームに勝つことを目標に1年間を過ごしてきた。意識し過ぎるあまり、空回りすることもあったほど。インカレ決勝でのこの対戦は、チームの誰もが思い描いていたものだった。打倒ライバルに向けた準備ができていた中での敗北。結果、インカレ王者の座を奪還することはできなかった。それでも、「やりたいことはできた。悔いはない」(盛井=コ4)。最終決戦を戦い抜いた4年生の顔には満足げな笑顔が広がっていた。対して、改めて悔しい思いを抱いた3年生。宮城や深澤をはじめ、中川(済3)やGK並木(コ3)も今季4年生の傍らで実戦を積んできた。彼らを中心に、来年こそは立大が頂点をものにする。
(12月2日・三平敬太)

◆個人賞◆
盛井 敢闘賞

◆スピード部門◆
個人500m 星(済2) 3位
リレー1600m 2位
スラローム 相馬(法4) 優勝
スピード総合2位

◆コメント◆
スピード部門 相馬
「いろんな種目をやっていてスピードというのがその中の一つで、毎年出ていて今年も出ました。スラロームは今年からインカレの種目になった競技で、初めてだから何やればいいか全然わからなくて。スティックとパックを使ってやるものだから、今までやってきたことの集大成っていう意味ではすごく良かったです。本当に緊張した中で優勝できて良かったです。今年までホッケーの選手で、出たかった気持ちはあったけど他にもいろいろやりすぎて、就活もあって忙しかったから出られなかった。でもホッケー好きだし、またやるから!ホッケーやってて一番うれしいことは同じスポーツをやり続けるって中で、みんな同じ目標を持って目指せるっていうこと。辞めたりした人もいたんだけど同じ人たちの中で一生懸命ずっと続けてきて、喧嘩したりもしたんだけど、自分が先輩になって後輩に教えたりして仲良くなったりする部分で自分が成長するだけじゃなくて仲間と一緒にできてよかったなって。やっぱり勝ち負けってあるんだけど同じ目標を持ってやるってことと一緒のスポーツをこんなに一緒にできるのはなかなかないかなって思う。そういう意味ではすごく良い部活かなって思います。」

#4 豊田(法4)
「準優勝というのは悔しいけど良かったと思います。昨日の試合は気持ちで勝ったね、大切なのは気持ちだと思う。とりあえず負けられなかった部分もあるし、これまでのチームに貢献できてなかったところもあるからチームのために勝ちたかった。先輩方の思いのおかげで頑張れたのかなって思います。自分の武器は行くところで行く突撃力!突進力!それだけは絶対負けない。1番うれしかったことは先輩に上手かったといわれた時だね。3か月かかった。あの時期はつらかった。でも、今日は楽しい。4年目じゃないとたどりつけない今がある。4年やり続けたからある今っていうのが何よりも大事だし、今日悔し涙を流した時に青春だったんだなっていうのが分かって。途中辞めたいと思った時期もたくさんあったし、インカレ前も辞めたいと思ってたけどやっぱ終わってみるとやって良かったなって思えるよね。だから、後輩にはインカレ優勝の目標に向かってチーム一丸となって頑張れと言いたい。4年間を振り返ってみると挫折であったり、辛い思いはたくさんあった。辛い思いしかなかった。ようやく解放された感じもあるし仲間だなと思える人たちもいる代で良かったなって思います。」

#6 深澤
「負けてしまってまず、悔しいですね。去年も決勝が国学院大だったんだけど出られなくて、自分としては今年勝ちたいっていう気持ちももちろんあったんだけどやっとここまで来れたなみたいな気持ちが大きくて。そんなに気負うこともなくできたかな。楽しくできたと思う。来年にまたつながるプレーができたんじゃないかなって思います。インカレ全体を振り返ってみるとチームとして良いところはずっと出てて。決めたことはけっこうできたと思うし、練習の成果も出たし。全部出し切れたと思う。去年自分が出られなくてチームが負けたから、4年生に向けては最初は悔しさが強くて。4年生超えて出るんだって思ってた。最後の最後はそれでも4年生に頼ってる部分がすごく多くて、やっぱり感謝してるし、だけど勝たせられなかったというよりはチームとして勝てなくて。自分は勝たせるとかそこまで実力ないのかなって思ったから、4年生よりもっともっと上手くなりたいですし、とりあえずここまで来れたというか選んでくれたことがすごいうれしかったですね。これから3年が主体のチームになるけど、3年だけじゃなくて後輩としっかりコミュニケーションとか取って、全員が上手くなればいいなって思ってる。今後の目標はインカレでしっかり勝つこと。だけど、毎回試合があるから、そこでちゃんと結果を残す。個人でもっと上手くなって、今年は勝たせるって思ってたけどダメだったから、もっと自分の力をつけてチームに役立てるように。チームに欠かせない存在になりたい。もっと練習して今より上手くなっていきたい。それでチームが最終的に勝てればいいなって。」

#5 盛井
「大会直前はチームの調子も良くて、勝ちに行くっていうよりはガチガチにならずに今までやってきたことを出せれば勝てると思っていたので、そういう気持ちで試合に臨みました。自分達の良いところはパスを回して相手の隙をついていくところだと思うんですけど、この2試合はけっこうそれができたと思っていて。結果的に国学院大には負けてしまったんですけど、自分達のやりたいことはできたかなって思うので、ホッケーに関しての悔いはないです。ずっとローラーホッケーをやってきて本当に楽しいことよりも辛いことの方が多くて、辞めたくなったこともあったんですけど、やりきれた4年間だったかなと思います。チームメイトとは最初どうなるかなって思ったんですけど、同期も後輩も一丸となって、本当に良いチームになったと思うので本当に皆には感謝しかなくて。僕は副キャプテンとしてやってたんですけど、周りに支えられてばっかだったので、良いチームメイトに恵まれたなって思います。これから新チームになって辛いことの方が多いと思うけど、上手くいかなくてもしっかり諦めずに続けていけば最後良いチームになるっていうのは僕らの経験でわかっていることなので、しっかり諦めないで良いチーム作りに励んでほしいですね。」

#9 宮城
「決勝、悔しいですね。新体制入ってからずっと国学しか意識してなくて、そのせいで専大に負けたりもしてたし、それでもやっぱり最後の決勝は国学っていうのはずっとあって。だからみんな緊張はあったかな。インカレでホッケーに携わるのは今回が初めてで。やっぱり異様な空気だった。想像より何倍も緊張した。意識しないようにはしてたんだけど、試合入ったらやっぱりガチガチだった。合計3本のフリーシュートは全部外してしまい…。1本目外した時点で2本目のときに修正はできるって思ったから、あえて同じ方向のまったく同じところを狙ってみたら見当違いなところに行ってしまい、それで3本目もおかしくなっちゃって。あれ1本決めてたら違ったかななんて。プレーを全体的に振り返ってみると、3年が先輩に文句言えるようなフランクなチーム作りをしてたから、けっこう押せ押せに行こうと思っていて。だからその中で空回ってる部分があったのかな。4年生は引退で、残念ですよ。明るい人たちだったし。メンバー入ってない人とかもちゃんとこうやって来てくれるし、最後の練習とかでも一緒に練習したりマッチ出たりしてて、それもAとの紅白戦で、敵として出てくれたりしたから。3年のメンバーは明るい系で、あの人たちわりとメンヘラ気質があって、だから勝って泣かせて慰めてやろうみたいな感じの話もしてたんだけど失敗しちゃって。慰められちゃったよね、最後に。大丈夫だよ、みたいな。言われちゃってもう、そんなんじゃなかったなって。悲しいですね。今後目指すチーム像は国学院大みたいな楽しそうなチーム。俺とか他の3年生はわりとそっちタイプだから、明るくいきたい。だからメリハリのあるチームを目指してる。3年生主体になってもインカレ優勝を目標に、勝つチームにはしていきたいです。」

#1 太田
「今日は国学院ってことで、入りにオフェンスがちょっと緊張してたとことかあったけど、ディフェンスは個人個人しっかりちゃんとできてたと思う。だけど前半それができなくなった時に失点しちゃって、本当は前半0-0で後半勝負したかったんだけどそれでプランが狂ったのかなって。後半は相手がもっとぐいぐい来ると思っていて来た時にカウンターとかできるかなって思ってたんだけど意外と相手が引いてきてなかなか取り切れなかったかなって印象です。正直キーパーだからどういうところから口出せばいいかわからなくて、ディフェンスは口出せるけどオフェンスは何もわからなくて。キーパーキャプテンだから下も積極的に関わってくれるようになって自分の荷物を減らしてくれて、他の代と比べるとこれはすごく助かったんじゃないかと思います。自分の武器は2個あって。1つ目は練習量は誰にも負けなかった。下手な分超練習しなきゃって。あともう一個は反応が悪かった分技術はだれにも負けなかったってとこかな。弾く技術もそうだしパスを出す技術も。止める構え方も使える数は人より全然多かったと思うし、そういう技術の数は日本の中でも負けないと思ってます。うれしかったことは、まずチームなんだけど、昨日かな!今年1年間後輩とやってきて、最初この代始まった時ってうちの代と1個下の代はそんな関わりがなくて仲良くなくて。でもこの1年で仲良くなって良い雰囲気になって、その後輩と一緒に出て一緒に喜べたのはうれしかったし、その上で同期が2点入れて勝てたっていうのはうれしかったです。個人としては練習量が負けなかったっていう自信があったから代表に選ばれてマカオに行ったときはうれしかったし、センスがなくて最初だめでも頑張ったら成功できるんだってすごく自信になりました。後輩にはやっぱり勝つのが一番楽しいと思うし、勝つことで楽しい思い出も増えてくと思うんで勝つことが一番大事って伝えたいです。選択肢が出た時には自分にとって良い悪いとか雰囲気が良い悪いよりもチームが勝つためにどっちが良いかっていうのを考えなきゃいけないと思います。4年間振り返ってみると正直全然実感湧いてないんですけど、やっぱりこういう規模の小さいスポーツだからこそ日本一のプレッシャーとか、代表に挑戦できるとか、高校では想像できなかったところに挑戦できたからすごく成長させてくれたって思うし、本当に有意義な4年間だったし、ローラーホッケーやっててよかったって思います。」

#2 下田(済4)
「今回の試合は最後だったので、勝ちたかったんですけど…。自分としては悔いはないっていうと嘘になるんですけど、チームとしては良い試合出来たかなって思います。だから、良い最後だったのかなと思います。4年間ローラーホッケーをやってきて、まぁ終わっちゃったな、ていうのはありますね。4年間大学生活で一番時間かけてきたことが、やっぱりローラーホッケーなので。振り返るといろいろ思い出があったり辛いことがあったり…。本当は同期みんなでやりたかったんですけど、途中で辞めちゃった人とかもいて。そういうことがあっての4年間だと思うので、残ったみんなとここまでやれて良かったと思います。後輩には、悔いのないようにっていうのは無理だと思うので、残る後悔を出来るだけ小さくする努力はいくらでも出来るはずなので、残りの1年間2年間3年間それぞれ違うと思うんですけど、頑張ってほしいです。」

#7 立原
「負けてしまいましたがやることはやってきたんで、悔いはないです!4年間ロラホをやってきて、結構先を見据えてたつもりなんですけど、その場その場でしのぎ続けてたっていう印象ですね。毎年、プレースタイルを変えたりしてて…。まあ怒涛の4年間がようやく終わったなという感じです。社会人で続けられたりとかはしないですけど、たまに後輩のを見に来たりしたいですね。後輩に向けて言い残したいことは、いっぱいあるんですけど…。思い切ってやってほしいというのと、仲間とのコミュケーションを大切にしてほしいことですかね。あとは悔いが残らないようにやってくれれば、結果がどうであれその過程はすごく良いものだと思うので、そこを大切にしていってほしいです。ローラーホッケーをやってきてまあ同期と会えたっていうのは一番ですし、やってなかったらチームワークとか学ぶところもなかったので、すごく人生の糧になったなと思います。」

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.