FC2ブログ

--/--/--

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.

2017/02/05

陸上競技部


悲願達成ならず「来年は必ず出ます」

◆第22回関東大学女子駅伝対校選手権大会◆
9月25日 印西市千葉ニュータウン周回コース
ついに駅伝シーズンが開幕。関東大学女子駅伝は長距離女子にとって年に1度の大舞台だ。今大会は全日本大学女子駅伝の予選となる試合でもあり、今年はシード校である大東大、日体大、東農大を除いた上位5校が全日本への切符を獲得する。結果として立大は1時間44分21秒で9位。シード校の3校は立大より上の順位であったため上位8位までが全日本への切符を獲得することとなり、立大は悲願を成し遂げることができなかった。

田巻(右)に襷を繋いだ村上
立大は1区・渡邊(コ3)—2区・加藤(コ2)—3区・村上(理4)—4区・田巻(コ4)—5区・本山(コ3)—6区・出水田(コ3)というオーダーでレースに挑む。1区の渡邊はスローペースの中4キロまでは順調に先頭集団に付くも、ラスト1キロで上位の大学が怒涛のスパートをかける。渡邊はそれについて行けず、10位で襷を繋いだ。2区を務めたのは加藤。唯一の2年生にして、彼女は今日一番の快走を見せた。「きつかったけど、すごく楽しく走れた」。区間6位の走りで10位から8位に浮上。4年生の村上へと襷を繋いだ。

3区の村上は区間12位。チーム順位こそ10位まで転落してしまったが、去年の区間15位から12位まで上げる健闘であった。4区はキャプテンの田巻。4年生から4年生へと襷が繋がれた。「これまでにやってきたことをいろいろ考えて、いろいろな思いを背負いながら頑張った」。去年から20秒近くタイムを伸ばし、自分の中ではベストを尽くせたと語る彼女。区間10位の走りでチーム順位を9位に上げた。4年生リレーから次を託されたのは3年生の本山。「この日のためにという思いが強かった」。去年から30秒もタイムを上げるが、12位という区間順位でチーム順位は10位へ。2つ順位を上げなければ全日本には出場できず、かつ2つ前を走る中央大からは2分以上差をつけられた状況で、襷は最終区の出水田に渡った。

フィニッシュへ懸命に駆ける出水田
全日本に行くにはかなり厳しい状況で最終区に託された襷。「もしかしたら何かあるかもしれない」。この状況でも襷が渡ってきた瞬間は出水田は諦めの気持ちを決して持たなかった。前を1人抜いてからは最後まで独走状態が続くも、彼女は最後まで懸命に前を追い続けた。しかし結果は9位。悲願達成はならなかった。

「来年は必ず出ます」。原田昭夫監督(79年度卒)は力強くそう語った。去年と全く同じ区間配置で挑んだ今年の女子駅伝。1時間46分20秒の12位でフィニッシュした昨年からはタイムを2分以上縮め、順位を3つ上げた。チームとしての成長が非常に感じられる結果であったが、全日本大学女子駅伝を目指して1年間走り続けた彼女たちには悔いの残る終わりになってしまった。しかし今回の試合での負けを経験した彼女たちからは、今までとは違う確固たる意志が芽生えたように感じられる。出水田を中心とした3年生が来年魅せる、大いなる飛躍に期待したい。
(10月14日・小西修平)

◆コメント◆
2区・加藤美菜
―終えての感想
全国を狙っていたのですが、そんなに甘くないことを実感しました。きつかったけど、すごく楽しく走れました。結果については、満足はしてないです。

―来年の大会について
来年、強い1年生が入ってくるのですが、多分私が2区を走ると思います。今回は1・2区でいい流れを作れたなって思うのでその流れを来年も作っていきたいです。

―来年に向けての意気込み
来年は絶対に全国に行きます。後輩もできるので自分が引っ張っていきたいと思います。

原田昭夫監督
―今日の結果について
今日は全体的に去年と全く同じ区間配置で、全く同じオーダーだったんですよ。今までの練習とか見てると、上手くいくと2分縮まるんじゃないかと思っていた。だから1時間44分台ぐらいのタイムは出るだろうなと。ということはそのぐらいのタイムで出水田に、アンカーに1分ぐらいのところで繋げたらひょっとしたらひょっとするんじゃないかっていう思いがすごくあったんですよ。過去には44分台の早いところだったら全日本に行けたケースもあるので、1つが44分前後で8番、っていうのを思い描いてたんですけど、周りが思っていた以上に強かったですね、今年は。だから去年のタイムより全然上がってるので、やっぱりそういうところにも私たちは合わせていかなくちゃいけないので。8位と2分差でしたけど、それだけ縮めればいいんじゃなくてもう4分ぐらい縮めるぐらいでいかないとダメでしょうね。長距離の女子に関しては推薦とかあるけれども、今年走った4年生2人の分はカバーできそうなので、来年は部員不足で悩むということはないと思いますね。来年はさっきも言ったように、必ず出ますから。必ず出ます。もう宣言しないと出られないから、今まで「なんとか頑張ります」って言ってたけど、もう出ますから。という意気込みで。田巻が2年間チーフやってくれて、上がいなくてもすぐにチーフやらされて、もう2年間もやってくれたので、本当によく頑張ってくれたなと。ここでもタイム上がったから、今年のことは来年にね、繋がるし。でも「繋がる」っていうんじゃあまた繋がる、繋がる、だけになっちゃうから。来年は必ず出ます。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。